4月になり、街には新入社員と思しきフレッシュな方をそこここで見かけるようになりました。まだ着慣れていないのか、借り物のようなスーツ姿の方も目立ちますが、足元は是非しっかりとした良い靴をお履きになる事をおすすめします。それは、ご自分の足にぴったりの靴を履くことで見映えだけでなく、足の疲れも違うからです。

そんな中、最初に揃える靴として必ず紹介されるのが「ストレートチップ」です。社会人としての1足目をお考えの方もいらっしゃるでしょうから、今回は、「REGAL TOKYO」で扱っているものの中から、幾つか紹介してまいりましょう。

 

w516,3048SF.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず始めにデザイン№「W516」です。これは、いかにも真面目そうに見えるラウンドトウ木型に質実剛健な腰のある国産キップを載せ、底には実用性を考えてダイナイトソールを配したものです。急な出張で、出先で雨に降られても、少しくらいなら底から水が入って来ることもありませんので、これから忙しくなる方には打ってつけの1足といえるでしょう。

次に、「シェットランドフォックス」のデザイン№「3048」です。こちらは、最近の若い方に多い「ほっそりとした足型なのでなかなか既製品で合うものがない」という方に、おすすめです。チゼルトウのやや長めの木型に小振りのかかとと押さえの利いた甲周りで、華奢な足の方にも良好なフィッティングを感じていただけることと思います。甲革もイタリア製のカーフですから足に馴染むのにさほど時間を必要としないと思います。

 W21T,B904.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、サイズの小さい方や大きい方向けに「Built to Order System」でパターンオーダーシューズをお作りになるというご提案です。既製品ではあまり設定がない23.0cmや28.0cmといったサイズで、幅も標準的な2Eを中心として細め、広めの3種類からお選びいただけます。出来上がりまで、約2ヶ月ほど時間がかかりますが、甲革や底材等も色々と選べますので、出来上がりまでの時間が楽しい一時になるのではないでしょうか。

ところで、ご自分のサイズはスニーカーサイズで29.0cmだから合う靴がないと諦めている方はいらっしゃいませんか?実は革靴とスニーカーでは、規格が違うせいかサイズがかなり異なったものになる事が多い様です。そんな方も、試し履き用のサンプルがありますので、一度お試しになってみて下さい。

最後に、こだわりのある方や靴好きな方に「工房職人の九分仕立て」は如何でしょうか。「九分仕立て」とは、底を縫う以外は職人が手づくりで仕上げていく「9割方手づくり」の靴のことです。何と言っても、ハンドラスティングならではのフィット感は他に変えがたいものがあります。丁度、4月20日(金)から30日(月)までの11日間でパターンオーダー会が開催されますので、銀座にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。こちらの納期は約3ヶ月です。

以上、社会人1足目としておすすめのストレートチップを4点ご紹介してまいりましたが、「REGAL TOKYO」にはストレートチップだけでも他にも色々とございますので、一度覘いてみて頂けると幸いです。

 

W516 価格:¥31,500(税込)

3048 価格:¥39,900(税込)

Built to Order System 価格:¥44,100(税込)~

工房職人の九分仕立て 価格:¥105,000(税込)~(※シューツリーは別売¥18,900(税込))


3月25日(日)まで開催していた「Built to Order System」のパターンオーダー会も無事終了し、こちらも多くのお客様にご注文をいただくことができました。本当にいつもありがとうございます。この場を借りて、御礼申し上げます。

今回は、やはり「サイドエラスティック」が大人気でした。オーダーされた皆様、6月のお渡しまで是非楽しみにお待ちくださいませ。


ここで福岡エリアの方に朗報です。4月4日(水)から「シェットランドフォックス」のパターンオーダー会が、岩田屋本店紳士靴売り場で開催されることになりました。楽しみが広がるパターンオーダー会を、お近くの方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 


さて、今週は、「REGAL TOKYO」オリジナル春の新作で、レザースニーカー「マルコ」が入荷しましたのでご紹介いたしましょう。
春夏のカジュアルな装いにピッタリのレザースニーカー「マルコ」は、デザイン自体はオーソドックスなレースアップですが、軽快な印象を甲革のライトグレーが感じさせてくれますね。
この素材なのですが、まるでウールのような見映えで、見るからに柔らかそうです。実は、これは、ベロアの表面にひと加工を施したことでこの風合いが出てきているのです。
一方、トウやレースステイ、踵部などはしっかり感が欲しかったので、素材にソフトガラスを使って足をホールドするようにしました。
製法はセミマッケイ式ですから返りも良く、柔らかな甲革と相まってなかなか快適な履き心地です。チノやカラーコットンのパンツなどと合わせてお履きになってみてはいかがでしょうか。

REGAL TOKYO ORIGINAL「MARCO」
色:ブラック、ネイビー、ワイン 
製法:セミマッケイ製法  サイズ:23.5~27.0cm
価格:¥25,200(税込)

2月の「シェットランドフォックス」に続き、3月16日(金)より始まった「Built to Order System」パターンオーダー会にも、たくさんのお客様のご来店をいただきありがとうございます。
この場を借りて、御礼申し上げます。このオーダー会は、3月25日(日)までとなりますので、期間限定デザインの「サイドエラスティック」、「サドルシューズ」、「ゴルフシューズ」をオーダーしようかと迷われている方は、お早めにご来店・お問い合わせの程お願い致します。

 


さて、今週は、「REGAL TOKYO」オリジナル春の新作第3弾「ポルトフィーノ」が入荷しましたのでご紹介いたします。

 

W964.jpg

 

 この数年、紐靴ばかりであまりスリッポンのご要望が無かったのですが、昨年辺りからちらほらとお客様からお問い合わせをいただくようになって来ました。ジャージーやコットンなどの軽いイメージのジャケットスタイルが取り上げられてきたことも関係しているのでしょう。


そこで、デザイナーにお願いして出来上がったのがこの「ポルトフィーノ」です。「つくり」は春夏らしく軽快な見え方で、返りの良いマッケイ製法でしつらえました。素材はイタリアらしい雰囲気のあるシャラダ社の足当たりの柔らかいスエードですし、木型はスリッポン用のものを新たに作り込み、踵の収まりもなかなか良好です。


海や砂をイメージさせるスエードのカラーと白の革やステッチでアクセントをつけた爽やかなスリッポンに仕上がったと思いますので、遊び心のある大人の方に履いていただければ幸いです。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL「PORTOFINO」
甲革:スエード(シャラダ社(伊))
色:ベージュ、グレイ、ネイビー 
製法:マッケイ製法 (伏せ溝仕様)  サイズ:23.5~27.0cm
デザイン:W964(ローファー)  W965(タッセルスリッポン)  
価格:¥31,500(税込)
※スムースレザー仕様(甲革:国産カーフ、価格:¥33,600(税込))もあります

 

W962,W963.jpg

2月17日()より始まった「シェットランドフォックス」パターンオーダー会に、たくさんのお客様のご来店をいただきありがとうございます。この場を借りて、御礼申し上げます。オーダー会は、2月26日()までとなりますので、考慮中の方は、お早めにご来店のほどお願い申し上げます。


さて、今週は、「REGAL TOKYO」オリジナル春の新作第2弾として、「オスカー」が届きましたので、ご紹介いたしましょう。


実は、このグループ最大の特徴は、その甲革「ライオンカーフ(メルクス社製)」にあります。1911年創業のメルクス㈱社は、日本で有数の歴史と品質を誇る製革会社です。そのメルクス社が、岩手産の日本短角牛の原皮を使って、ヨーロッパに負けないボックスカーフとして限定生産したのがこの「ライオンカーフ」なのです。


今回、「REGAL TOKYO」では、この素材が持つ質実剛健な風合いを活かすために、オーソドックスなスクエアトウ木型とデザイン3点を選び、オリジナル商品として開発いたしました。

特にホールカットデザインは、お客様のご要望があるにもかかわらず、なかなか製品化できなかったのですが、この甲革を得てやっと製品化できましたので、是非一度ご覧頂ければと思います。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL「OSCAR」

甲革    :ライオンカーフ(メルクス社製)

色       :ブラック、ワイン

製法    :グッドイヤーウエルト製法  サイズ:23.5~27.0cm

デザイン:W566(ホールカット),W567(ストレートチップ),W568(セミブローグ)

価格    :¥42,000(税込)


※甲革限定生産品に付き在庫がなくなり次第終了となります。ご興味のある方はお早めにご来店下さい。


 

今週は、「REGAL TOKYO」オリジナル商品の新作が届きましたので、「パレット」をご紹介いたしましょう。


「REGAL TOKYO」では、スエード素材のロングウィングチップ「W528」を定番として扱っているのですが、「春夏向けにもっとカジュアルなスタイルに合わせられるものが作れないか」といったお客様のご要望にお応えしたのがこのグループです。
素材は同じですが、色を春夏向きのベージュ、グレー、ネイビーの3色展開とし、底材をハードなイメージのリッジウェイソールからハニークレープへと変更いたしました。ウェルトもストームタイプから「平」のナチュラルカラーに変えることでカジュアル感が出てきたのではないでしょうか。


コバ周りのステッチとアッパーの色調を合わせて、シューレースもベージュを配しましたが、ネイビーやグレーをよりシックに見せるのであれば同系色を、ベージュをよりカジュアルに見せるのであればオレンジなどのビビッドな色をシューレースに持ってきても良いでしょう。


「REGAL TOKYO」ではネイビー、グレーなど10色の平紐をご用意しておりますので、時には気分を変えて、お試しになってみるのも一興だと思います。

なお、気になる履き心地はW528と同じ木型、かつクレープソールということで、返りも良くとても快適です。


この春のスタイルで、チノやデニムなどのパンツにどんな靴をコーディネイトしようかと想いを巡らせていた方は、是非一度ごお試し下さい。

 

 

2.JPGREGAL TOKYO ORIGINAL「PALLETE」
W562(ロングウィングチップ):グッドイヤーウエルト製法
色:ベージュスエード、グレイスエード、ネービースエード
価格:¥33,600(税込)

 

今週は、冬のこの時期になると取り上げている「リバースウェルト製法」の靴から新製品をご紹介いたしましょう。「REGAL TOKYO ORIGINAL ニコル」です。
昨年10月に「REGAL TOKYO」が再スタートした際に、既存品の素材や一部の仕様を変更してオリジナル商品をリリースしたのですが、W527という「リバースウェルト製法」の靴もその中にありました。サドルシューズなどで使用したオリジナルのニューアメリカンラストというやや長めのラウンドトウ木型のものです(2010年12月10日掲載)。
それに対して、今年は、オーソドックスなラウンドトウ木型に変更し、同じ素材(クロムエクセル)、底材(リッジウェイソール)で作りこんでみました。実は、この製法と底材の組み合わせは、なかなか良い相性とみえて、熱烈なファンがいらっしゃるのです。一見ハードに見えるリバースウエルト製法とリッジウェイソールのハーモニーがもたらすしなやかな履き心地がたまらなく快適なのだそうです。アッパーの風合いと相まって、その方々には、デザインや色などの違うものを少しずつ買い足していただいています。
 
ラストの違い.jpg 靴の開発に当たってはよくあることなのですが、人気のある商品をコンセプトはそのままに、仕様を(一部)変更して時代性を反映したり、完成度を高めていったりするのです。
今回は、オーソドックスなラウンド木型を採用することで、静かではありますが、小粋な風貌を目指してみました。実際に比較してみると、新作は、レースステイのバランスが変わっただけでなく、トウのボリュームが特徴的なのがお分かり頂けると思います。
先週ご紹介した「ローラ」同様、落ち着いた大人の方に色々なシーンでお履きになっていただければと思います。
なお、今でしたらW527と比較しながらお好みの方をお選びいただくこともできますので、是非一度ご覧ください。

REGAL TOKYO ORIGINAL「NICOLE」
W558(Uチップ):リバースウエルト製法
色:ブラック、ダークブラウン 
価格:¥34,650(税込)

2010年12月10日掲載レポート 
http://www.regaltokyo.jp/blog/2010/12/post-23.html
 
 
 
 
 
 

 

今週は、先週に引き続き、既製品の新作をご紹介いたします。
「REGAL TOKYO ORIGINAL ローラ」です。
この靴の特徴は、何と言ってもその木型にあります。ここのところ、主流であったロングノーズ木型を見慣れた皆様には、随分短い木型に見えるかもしれません。
ただ、「流行り」というものは有るにせよ、服装や趣味というものは決して画一的なものではありませんので、実はこのような木型の靴の登場をお待ちになっていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。私達が日々店頭でお客様と接していると、そんな声が徐々に増えてきているように感じておりましたので、敢えて今回新作として追加した訳です。
もちろん、「質実剛健」のイメージを体現した、といえばオリジナルでダイナイトソールの「アレックス」もあるのですが、やはり革底で、アッパーももう少ししなやかな感じのものも必要だろうということで、作製に至ったのです。

 


1.jpg

主に40~50代の方に多いと思うのですが、さりげなく正統で品位のある服装を心がけていらっしゃる方には、丁度良い靴なのではないかと思います。抑え目の二の甲や適度なラウンドトウが、主張しすぎないエレガントな雰囲気を醸し出しているのではないでしょうか。実際に履いてみると、トウの部分のボリュームが絶妙で、なかなかカッコイイ靴に仕上がったように感じます。ただ、フィッティングの面では、甲が低かったり、指が長めで、ロングノーズの靴に履き慣れた方の中には、足先がつまるような感じがして、つま先余裕が少し足りないとお感じになるかもしれません。そんな時は、1サイズ上げてお試しになるとよいでしょう。
こんな、他のブランドとは一味違ったイングリッシュ・インフルエンスを香らせる靴を是非一度お試しになってみて下さい。もちろん、「つくり」は、長い年月に耐えうる堅牢性や使うほどに味わいの増すグッドイヤーウエルト製法を採用しています。

REGAL TOKYO ORIGINAL「LAURA」
W554(ストレートチップ)、W555(フルブローグ)、W556(モンクストラップ)
色:ブラック、ブラウン 
価格:¥39,900(税込)

最後に、何回かに亘り、オリジナル製品の紹介をさせて頂きましたので、お気付きの方もいらっしゃるかとは思いますが、当店では「シェットランドフォックス」全アイテム展開としていたのですが、店内スペースに限りもありますので、「ケンジントン」「アストリア」「グラスゴー」に新作の「アバディーン」「カークウォール」を加えた展開とさせて頂く事になりました。
「インバネス」「ノーフォーク」「ナイツブリッジ」等につきましては、「REGAL日比谷」店で新たに取扱いを始めましたので、ご覧になりたい方は、大変ご面倒をおかけしますが「REGAL日比谷」店をご利用の程お願い致します。
なお、お取り寄せにつきましては、今まで通り対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。


今週は、既製品の新作「REGAL TOKYO ORIGINAL ミランダ」をご紹介致します。
「REGAL TOKYO」では、「工房職人の九分仕立て」を展開しているのですが、昨年の10月に「REGAL TOKYO」を再スタートするに当たって、基本的にパターンオーダーでお受けするように致しました(限定素材などをご用意したオーダー会は年に2回開催していますが、常時オーダーも受け付けています)。

ただ、お客様より「既製品ですぐに手に入るものが欲しい」というご要望も頂きましたので、色々と企画・製造関係者と調整をし、この度やっと形にすることが出来ました。

それは、ビスポーク工房の職人が何度か工場に赴き、スキンステッチ等を指導して、工場製の九分仕立てとして出来上がってきたものです。

まず、注目すべきは、やはり「ライトアングル」と呼ばれる手縫いのモカでしょう。アッパーのアノネイ社(仏)のボカルーカーフは、それほど厚みがあるものではないので、工場の職人も上手く縫えるようになるまでには、ある程度時間が必要だったようです。職人の田沼が工場で手本を見せながら、時間をかけて指導した成果がやっと形になった訳です。

light_1.jpgまた、既に、九分仕立ての靴をお履きになっている方はご存知のことと思いますが、手釣りによる独特のかかと周りから土踏まずにかけての納まり感は是非味わっていただきたいものです。中底も通常の既製品に比べるとかなり厚い4mmのものを使っておりますので、履きこんでいった際の、フィット感はまた一味違ったものになる筈です。

手釣りによる木型のラインが忠実に再現された「ミランダ」は、Uチップとローファーの2デザインの展開です。まだ、手釣り靴をお履きになったことがない方は、是非その履き心地をお試しになってみて下さい。

REGAL TOKYO ORIGINAL「MIRANDA」
W550(ローファー)   ブラック、ブラウン 価格:¥60,900(税込)
W551(Uチップ)      ブラック、ブラウン 価格:¥63,000(税込)

 9月25日(日)まで開催した「シェットランドフォックス」限定受注会にはたくさんのお客様にご来店、ご注文を頂きありがとうございました。出来あがりは、2012年の1月中旬と少し先になりますが、楽しみにお待ちいただければ幸いです。当社の工場スタッフが腕によりをかけてお客様だけの逸品をお作りいたします。
さて、今週は、「REGAL日本上陸50周年モデル」をご紹介いたします。
春のコブラヴァンプに続き、この秋はロングウィングチップの50周年モデルが登場いたしますが、「REGAL TOKYO」では足数限定でベージュの水染めコードヴァン素材のものをご用意いたしました。雑誌にも取り上げられていたので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、デビューしてから40年近くたっているデザイン「№2235」というロングウィングチップをベースにしたものです。
こだわりは、キルガー社(独)のオークバークソール、底面の木くぎ、レースステイのカンヌキ留めなど色々とありますが、50周年モデルとしてのヴィンテージ感を如何に出すかというところが実は一番苦労したところです。
現行の「2235」のブラックと並べた画像を見ていただくと分りやすいのですが、鳩目の違い(外鳩目へ変更)、ウェルトの違い(シングルからステッチ付きのオールアラウンド仕様へ)、かかとの違い(ワンピースから積み上げへの変更)、かかとのメダリオンといった仕様変更でアンティークな雰囲気を感じていただければ と思います。単に上質素材や昔の技法を使うことだけで記念モデルとしない辺りが、50年という歳月を経た"今"のREGALらしいと言えるのではないでしょうか。
こんなヴィテージ感漂うロングウィングチップをお気に召した方は、是非銀座までお越し下さい。限定10足となっておりますので、お早めに。

50周年モデル2.JPG

 

REGAL日本上陸50周年記念「REGAL TOKYO」限定モデル
色:ベージュ(水染めコードヴァンの生地色:経年変化がお楽しみいただけます!)
サイズ:23.5cm~27.0cm
価格:105,000円(税込)
付属品:オリジナル化粧箱(桐製)、サイズ別シューツリー(桧材・国産)、シューソックス

※他に手もみ加工を施したカーフ素材のものが、黒・茶合わせて200足限定であります(抽選でご当選の方が2012年1月にご購入いただけます)。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss