こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。今週は、リーガルトーキョー オリジナルのサドルシューズをご紹介いたします。

こちらは先週ご紹介しました、リバースウェルト製法のUチップと同じくREGAL TOKYO ORIGINAL「ニューアメリカンラスト」を使用しているのですが...言われなければ全く判らないほど見た目が違いますね。サドルシューズデザインということで、つま先はプレーンでコンパクトですし、底もダイナイトソールですから、全体的に小振りに見えるのです。そしてこの靴の特徴はなんといっても、コンビネーションの素材使いですね。甲革には柔らかく、肌理の細かいイタリー シャラダのスエードを使用しました。そして、アクセントになるサドル部分には光沢の強い、ガラスレザーを持ってきたのです。ここで「ガラスレザー?」と一抹の不安にかられた方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、これが思いのほか良いのです。ボールジョイントの屈曲する所は柔軟性に富んだスエードを使いながら、靴紐で足をしっかり固定するウエスト部はしっかりしたガラスレザーを使う。これぞ、素材使いの妙です。この素材使いにより、しっかりしたホールド感と底の返りの良さが両立できるのです。さらには光沢のあるサドル部が程よいアクセントとなり、足元を引き締めてくれます。


20101217_2.jpg

 色の組み合わせは3種類あります。ベーシュスエード×ブラウン、ダークブラウンスエード×ダークブラウン、そして珍しいのが、ブラックスエード×ネイビーという組み合わせです。この配色は自分も初めて見たのですが、ネイビーのガラスレザーが軽快な印象を与えています。底材は全て耐久性の高い英国製ダイナイトソールですから、気兼ねなく履いていただけます。今までサドルシューズを履いたことがない方も、是非この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。普段のカジュアルスタイルにほんの少しアクセントをつけられると思いますよ。

品番:W531 色:ブラックスエード×ネイビー、ベージュスエード×ブラウン、ダークブラウンスエード×ダークブラウン

※サイズは全て 23.5cm~27.0cm

価格:29,400円(税込)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。先週に引き続き、昨年秋に並木通りの「REGAL TOKYO」で登場したものの、数ヶ月しか店頭に並ばなかった幻の靴の復刻版、第二弾です。 

こちらはリーガルでも珍しい「リバースウェルト」という製法で作られた靴です。リバースウェルトとは、基本的にはグッドイヤーウェルト製法と同じなのですが、「掬い縫い」の糸がL字型のウェルト(細革)の側面に見えている製法で、一般的には「ノルウィージャンウェルト」などと呼ばれているものです。チロリアンシューズなどでたまに見かける製法ですが、ウェルトをL字型にすることで水が浸入しにくくなっています。2009モデルは、甲革にイタリアンカーフを使用していたのですが、今回はこの「ノルウィージャンウェルト」と「リッジウェイソール」というハードな組み合わせを際立たせるため、さらに一歩踏み込んで、アメリカ ホーウィン社のオイルドレザー「クロムエクセル」を甲革に使用しました。

20101210-2.jpg

 この革は、ホーウィン社が1920年にワーク&アウトドアブーツ用に開発したものだそうで、多くの油分を含み、非常に耐久性に優れた革だとのこと。おかげで、出来上がった靴は2009モデルとはかなり違う、アウトドアシューズといった風情が漂っています。当初私が予想していた靴とは違いますが、これはこれでかなりの存在感を醸しだしています。これはもう、やわな着こなしではなく、昔風の厚手のハリスツイードのジャケットやダッフルコート、またはアメリカっぽい着こなしをするのなら、マッキーノクルーザーやハンティングコートのようなアウターで合わせると、しっくりするぐらいの存在感です。 もう、ウェルトの太い掬い&出し縫いステッチ(それも白糸!)がいやでもワーク&アウトドアの気分を盛り上げてくれますから。ただ、この靴も前作同様あまり数がありませんから、気になった方はお急ぎを!

品番:W527 色:ブラック、ダークブラウン

※サイズは全て23.5cm~27.0cm

価格:34,650円(税込)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。

 今週は、最近入荷したばかりの、「REGAL TOKYO ORIGINAL」をご紹介したいと思います。それは、つま先のボリュームが特徴的な外羽根ロングウイングチップなのですが、この写真を見て「あれ?」という既視感にとらわれた方、なかなかの通です。それもそのはず、この靴は去年の11月に発表されたものの、翌年1月に旧REGAL TOKYO(並木通りの店舗)の閉店に伴い姿を消した(わずか3ヶ月の期間限定でした!)幻のシリーズの復刻版なのです。ただ、幾つか変更点があります。まず、素材が英国C.F.ステッドのスエードからイタリー シャラダのものに変わった他、ヒールが革の積上げ+ラバーリフトという仕様からワンピースのラバーヒールに変わり、価格の方も\39,900(税込)から¥31,500(税込)へ大幅ダウンしました。


  それ以外は変わらず、底材はそのままグリップ性の高い「リッジウェイソール」ですし、その底はカカト周りまで縫われたグッドイヤーウェルト製法にて底付けされ、ハードなストームウェルト仕様ですから、カジュアルな装いにちょうど良いボリューム感です。さらに、取り外し可能なキルトが付いていますので、気分によって見え方に変化をつけることが出来ます。フィッティングはと言えば、見た目のゴツさから予想されるよりタイトで、甲の立ち上がりは意外と押さえが利いていますし、コンタードラストと呼ばれるウエストを絞った木型のせいで、土踏まずのフィット感も良好です。それでいて厚く丸みの強いトゥのおかげで、指先はかなり余裕があります。 こう書き連ねると良いことづくめのようですが、ごめんなさい、あまり数が無いのです。とりあえず写真のダークブラウンスエードのものは13足入ってきましたが、これで全部です。ブラックスエードももうすぐ入ってきますが、これもあまり数がないので、気になった方はお早めにどうぞ!


品番:W528 色:ブラックスエード、ダークブラウンスエード

※サイズは全て23.5cm~27.0cm

価格31,500円(税込)

20101203-2.jpg

こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。今週は、先週に引き続き、「REGAL TOKYO ORIGINAL」をご紹介したいと思います。 「REGAL TOKYO ORIGINAL」第2弾は、皆様お待ちかねのオールパーパースシューズの後継モデル「ボニー」です(オリジナルのオールパーパスシューズがどんなものだったのかお知りになりたい方は「REGAL TOKYO REPORT」のバックナンバー、2008年9月18日、2009年11月19日をご覧下さい)。

そもそもオールパーパスシューズとは、天候を気にせずに履くことのできる靴でありながら、革の風合いにもこだわり、いわゆる「雨用靴」とは一線を画したものだったのですが、この新作「ボニー」もそのコンセプトを受け継いでいます。木型と底材は好評だった前作と同じものを使用していますが、今回甲革素材にイタリーのソフトガラスレザー「コルドバ」を使用しました。 ガラスレザーと聞くと不自然に光沢があり、硬い印象をお持ちの方も多いかと思いますが、この素材に関してはそんなことは無く、光沢には落ち着きがあり、それほど硬い印象もありません。また、前作を踏襲した底材はアスファルトの路面を歩くのに適した凹凸の少ないREGALのオリジナルパターンを採用しています。そのため、全体の印象は非常にモダンで都会的な雰囲気を醸し出していると思います。


20101022-2.jpg

 先週ご紹介した「REGAL TOKYO ORIGINAL」第一弾の「アレックス」が、質実剛健な国産キップ素材と凹凸の大きめなダイナイトソールの組み合わせでクラシックな印象なのと対照的ですね。デザインは内羽根ストレートチップ、ダブルモンクストラップ、チャッカーブーツの3種類。ちなみに気になる価格は、こちらも短靴が29,400円(税込)、チャッカーブーツが30,450円(税込)と非常にリーズナブルなので、普段履きに最適だと思います。ぜひこの週末に「REGAL TOKYO」にお立ち寄りいただき、この2つの「REGAL TOKYO ORIGINAL」を見比べて、コンセプトの違いをお確かめください。

こんにちは、「REGAL WOMEN銀座店」改め、「REGAL TOKYO」斎藤です。 

10月6日(水)に再出発した「REGAL TOKYO」ですが、先週末は多くのお客様にご来店いただき、激励のお言葉を頂戴いたしました。みなさん、本当にありがとうございました。

 ところで、並木通りの「REGAL TOKYO」がクローズしてから、多くの方々から「「REGAL TOKYO ORIGINAL」はもうやらないのか?」というお話を伺っていたのですが...お待たせいたしました! ついに新生「REGAL TOKYO ORIGINAL」の第一弾が完成しました。

その一連のシリーズ名は「アレックス」といい、コンセプトはずばり「真面目な実用靴」です。いまどき珍しいくらいベーシックなラウンドトゥの木型に、質実剛健な国産キップスキン、耐久性に優れた英国製ダイナイトソールなどを組み合わせ、新潟の自社工場でグッドイヤーウェルト製法によって作られました。まず見ていただきたいのが、その真面目なたたずまいです。最近では、新品の状態からすでに「履きこまれた」ようなアンティーク仕上げが施された靴が多いのですが、この靴は潔いほどに「普通」です。茶色などは、ちょっと退屈なくらいの「一本調子」な風合いです。でも自分は最初にこの靴を見たとき、なんだか昔の英国靴みたいだなという感想を持ちました。大げさに主張しない、それでいて長く履いていると徐々に風合いを増してくる靴、そんな印象です。 甲革には「Built to Order System」でも使用されている国産キップを使用しました。キップとは生後2年位までの牛革を呼ぶのですが、この靴に使用されているキップは、創業100年近くになる老舗タナリーが国内の工場で製造したもので、格別肌理(キメ)が細かいというものではありませんが、質実剛健な風合いがあります。そんな甲革に、定評のあるダイナイトソールをグッドイヤーウェルト製法でしっかり縫い付けていますから、もう実用性が低いわけがありません。 それでいて価格は29,400円(税込)ですから、普段使いにもってこいだと思いますよ。 既にサイズが切れ始めているデザインもありますので、気になった方は当店へお急ぎください。 

 「REGAL TOKYO ORIGINAL」はまだこのアレックスしか入荷しておりませんが、この後、新しいオールパーパスシューズ、サドルシューズ、リッジウェイソールを使用したカントリーシューズなどが続々と入ってくる予定ですので、こまめに覗いてみてくださいね。

リッジウェイソール

November 20 2009

こんにちは、またまたREGAL TOKYOの斉藤です。 

 最近は新商品が続々入荷しておりますので、記事を書くほうも忙しいのです(汗)。 今回は、英国 リッジウェイソールを使用した靴を2種類ご紹介したいと思います。 


リッジウェイソールと言えば英国を代表するゴム底の一つですが、同じように有名なダイナイトソールに比べ、よりカジュアルで履き心地もソフトなのが特徴です。そこで、まず最初に紹介するのは、今年の春から店頭に並んでいるリバースウェルトのシリーズです。 「リバースウェルト」とは何ぞや?という声が聞こえてきそうですが、要は「ノルウィージャンウェルト製法」のことです。 REGALでは以前からこの製法の靴を製造していたのですが、弊社では「リバースウェルト」と呼んでいたのです。 



20091120-2.jpg

 この製法の靴は、ウェルトがL字状に外側へ曲がっているため、雨が浸入しにくいというのが特徴で、チロリアンシューズなどにも用いられていた製法です。 当店オリジナルのリバースウェルトは、プレーントゥ、Uチップ、Uチップブーツと全部で3種類。 そして、その中でも人気の高かったUチップタイプに今秋、新色ダークブラウンが加わりました。 このダークブラウンのUチップ、一見ごつい外観なのですが、シックな色合いから非常に大人っぽいジャケットスタイルに合うのです。 ツイードジャケットに合わせて銀杏並木を闊歩していただきたい一足です。



20091120-3.jpg

 そしてもう一足、こちらはアメリカンタイプのロングウイングチップです。 こちらにはなんと!着脱可能なキルトが付属しております。 このキルトを付ければよりカントリーテイスト溢れる着こなしに対応できるという優れものです。 素材はスーパーバックスエードと以前、サドルシューズでも使用した、フランス アノネイ社の型押し素材「ハイランドカーフ」です。 


  私、この素材を使用したサドルシューズ(B121)をオンオフ問わず履いているのですが、ホント柔らかくて履きやすい良い革です。 また、以前のREGAL TOKYO REPORT(2009年6月3日)で、この靴を靴磨きの名人の方に磨いていただいた記事を掲載したのですが、この素材、柔らかいのに滲み出るような光沢がすばらしかったのを覚えています(写真が結構きれいに撮れているので、よろしかったらバックナンバーをご覧になってくださいね)。 どちらもボリュームのあるラウンドトゥで、リラックスした気分で履いていただける靴なので、ぜひこれらの靴を履いて紅葉を見に行かれてはいかがでしょうか?

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


 今回は、2007年の秋からREGAL TOKYOの定番として支持され続けている<オールパーパスシューズ>の新色のご紹介です。 その前に、この<オールパーパスシューズ>がどういった経緯で開発されたのか、簡単にご説明いたしましょう。 


REGALのフラッグシップショップとしてオープンした、ここREGAL TOKYOでは、通常のREGALより、ワンランク上の商品を取り揃え、今まではインポートの高級紳士靴を履いていたようなお客様からも支持されていたのですが、そんな高級紳士靴を履く方々の悩みはなんといっても「雨」。 朝から雨の降っている日に10万円もする靴を惜しげもなく履ける方は別として、普通は雨用の靴を選びますよね。 ところが靴にこだわる御仁には、この「雨用の靴」がなんとも我慢ならないんですね。 普段は見事に磨き上げられた、いかにも風合いの良い靴を履いているのに、雨の日は機能性優先の色気の無い雨用靴。 こだわりぬいたスーツや時計とは、いかにも不釣合いな印象が...


 いえいえ、雨の日は雨用の靴!ときっぱり割り切っている方はいいんです。 ただ、自分もそうなのですが、靴好きの人間というのは雨の日とはいえ、納得のいかない靴を履いているとなんだか気分が浮かなくて...


 そこで、雨の日を楽しく出来るような靴ができたらと思い、この企画が立ち上がったのです。 でも、実際に商品化をしようとしてみると様々な問題に突き当たりました。 例えば、雨に強く、なおかつ風合いに優れた甲革、ゴム製でありながらドレッシーさを損なわない底材、そして欧米の有名メーカーの靴にありがちな無難な雨用靴といったデザインとは一線を画す「ほどよいイマドキ感」などです。 まず、甲革は思い切って、防水、撥水といった機能より、まず革としての「風合い」を最優先しました。 ですから、機能面に関しては定期的に乳化性クリームを塗り、撥水スプレーをかけておけば、多少の雨は大丈夫といったくらいのハードルに留めました。 そこで、浮かび上がってきたのが、Built to Order Systemでも定評のあるドイツ ウェンハイマー社のボックスカーフです。 肌理が細かく、かつ丈夫で、履き皺にさえ風格のあるこの素材はまさにうってつけでした。 そして底材にはイギリスのダイナイトソールより、トレッドパターンがおとなしめのREGALオリジナルのラバーソールを採用。 この底材は街中での使用に特化させたトレッドパターンにより、底面の凸凹を感じさせない履き心地に仕上がっています。 最後に、これが販売スタッフと企画スタッフとの間で結構悩んだのですが、どの程度「イマドキ感」のある木型を採用するかという問題でした。 ラウンドな木型か、スクエアな木型か...。 「ベーシック寄りの無難な木型がよいのではないか?」といった意見もありましたが、ここは一つ、少しポインテッドな現代的な木型としました。 だって、現代的なデザインで、上質なカーフを使ったラバーソールの靴なんて、あまりないじゃないですか。 さらに履き心地についてはREGALらしく、より多くの方に履いていただけるよう、ボールジョイントに余裕を持たせ、甲の高さも高めにしました。



20091119-2.jpg

  こうして、試行錯誤の上でやっと完成した<オールパーパスシューズ>ですが、発売以来、大変多くの方にご愛用いただき、今に至っています。 そんな<オールパーパスシューズ>にも悩みがありました...。 茶色が無いのです! 「そんなことか...」と思わないでください。 実はこの<オールパーパスシューズ>のデビュー時には赤みのかかった、やや明るめの茶色がラインナップに存在したのですが、色目が明るく、昨今の主流であるダークな色目のスーツに合わせにくいという意見があったのです。 そこで、濃い茶色の革で風合いと雨に対するある程度の強さを両立させるものを探してみたのですが、なかなかこの条件を満たす革が見つからないのです。 風合いに優れた繊細なカーフの靴を雨の中で履いて、見事な雨染みをつくられた方も多いのではないでしょうか? 茶色の革である程度雨に強く、ビジネスシーンで使いやすいダークブラウン。 そんな革を探し続けて早2年。 やっと見つけました! フランス アノネイ社の「ボカルーカーフ」です。REGAL TOKYOでは以前から使用していたのですが、この素材、シェットランド フォックスでも採用され、今年の8月からはBuilt to Order Systemでも使用できるようになったもので、ダークブラウンの色目が非常に良いのです。 かなり濃い茶色なのですが、チャコールグレー系のスーツに合わせると、確実に着こなしに柔らかい雰囲気が加わる優れものです。 そして気になる価格は...据え置きの34,650円(税込み)です! 正直、この価格帯でこの素材を使用したものは今のところ見たこと無いです。 はっきり言ってかなりお値打ちだと思いますよ。


 <オールパーパスシューズ>とは多目的靴のこと。 雨の日だけでなく、普段からガンガン履いちゃってください。 もちろん、つくりはグッドイヤーウェルト製法ですから、底の張替えもできますよ。 こんな不況下だからこそ、価格以上の価値のある靴を賢く選んでみてはいかがでしょうか?

モンキーブーツ

October 23 2009

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。さて、今週は久しぶりにREGAL TOKYO オリジナルの新作をご紹介します。

「ワークブーツ」というと、このREGAL TOKYO REPORTをお読みの皆さんは、「昔は履いたけど、今はちょっと...」という方が多いのではないでしょうか? かくいう自分も、最近あまり履いていないなぁと思っていたのですが、そんなアラフォー(まだ39)の自分が履きたいと思うワークブーツが完成しました。 

 それが今回紹介する「モンキーブーツ」です。 Lace to Toe(レース トゥ トウ) スタイルのブーツとしては、モンキーブーツに代表される英国的なカントリーブーツタイプのもの、もしくはアメリカ的なワークシューズ、ラインマンブーツタイプのものとの2つの潮流があると思います。そして、当店のオリジナルは、前者の落ち着きと後者のラフさをミックスしたものに、日本人の繊細さを加えたモノなのです。

表現がややこしくてわかりづらいという方のために順を追って説明いたします。まず全体のシルエットは英国調のモンキーブーツをさらにドレッシーにした印象です。 特につま先は薄く、非常に落ち着いた雰囲気を持っています。 しかしアッパーの素材は、アメリカのワークブーツをほうふつさせる、非常に重厚なものを使用しているのです。 それは、ブラウンのオイルドレザー使いの方はアメリカ、ホーウィン社のクロムエクセルを、スウェード+型押しのコンビネーションはイギリス、C.F.ステッド社のスーパーバックスウェードにプロ野球選手のグローブに使う革なども作っている日本のBGレザー社のシュリンクレザーを使用しました。


boots-2.jpg

 さらに底周りの仕立てはダブルレザーソール+ヴィブラムのハーフラバーソール、コバ周りはギザ付きのスリットウェルトという重厚なものでありながら、日本的な繊細さを併せ持った両ツメ付という端正な仕上げなのです。 この絶妙な組み合わせのモンキーブーツ、どんなコーディネイトが似合うかと言えば、やはり「大人のカントリースタイル」と「大人のワークスタイル」ではないでしょうか。 この靴の持つ英国的なテイストを活かすなら、くるみボタンのツイードジャケットにタッタソールシャツ、思い切ってノーフォークジャケットなんかで合わせてもいいかもしれませんね。 また、アメリカっぽい合わせなら、ブラウンダックのハンティングコートやデニムのカバーオールジャケットでもいいのですが、ここは一つマッキノークルーザーで合わせてクラッシックなワークスタイルなんか、どうでしょう? 程よくドレッシーなトゥシェイプが古き佳き時代の気分だと思うのですが・・・。

何はともあれ、英、米、日の良いところをクロスオーバーさせたこのモンキーブーツ、ぜひ一度、実際にお手に取ってご覧になってみて下さい。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様お元気ですか? 

さて、巷ではそろそろ秋冬ファッションの特集をしている雑誌を見かけるようになりましたが、皆様そんな洋服に合わせる靴はもうご用意されていますか? 自分もファッションを扱う立場として、今年の流行をチェックしなければ!と、先日ある雑誌を読んでいると、今年の秋冬はベージュのスウェード靴が注目アイテムというじゃないですか。 特にそこに1ページで大きく取り扱われているベージュスウェードのクレープ底を付けたカントリータイプのウイングチップ、どこかで見たような・・・ウチの店にありました。 REGAL TOKYO オリジナルのB126。 甲革にイタリア製吟付スウェード(アンラインドで使おうかと思った位しなやかです)を使用し、天然ゴムのクレープソールはグッドイヤーウェルト製法で底付けされています。 何でも2009年秋冬(開催は2009年1月です)のピッティ ウオモ(イタリア フィレンツェで年2回開催されるファッションの見本市)に引き続き、2010年春夏(開催は2009年6月)のピッティでもベージュスウェード靴は大注目だったそうで、2シーズンは確実に注目なアイテムだそうですよ!(聞きかじり)。


20090828-2.jpg

 更に読み進むと、2010年春夏のピッティではダイナイトソールのレンガ色バージョンが注目を集めているという記事があるのですが・・・こちらもありました。 REGAL TOKYO オリジナル B134。 オリジナルのアメリカンタイプラストを使用し、ホワイトバックスとダーティーバックスがありました。 このダイナイトのブリックソールは耐久性では定評があり、非常に丈夫ですし、製法もグッドイヤーウェルトなので、底の張替えもできるということで、とても経済的&エコな仕様です。 日頃、何気なく手にしている当店のオリジナル企画の靴ですが、こんな先見の目で企画して下さっている企画の方々に感謝感謝です。 以上、なんだか手前味噌なことを言って参りましたが、ピッティの傾向を先取りした靴の数々、ぜひお立ち寄りになってご覧ください。
  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss