こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


 今回は、2007年の秋からREGAL TOKYOの定番として支持され続けている<オールパーパスシューズ>の新色のご紹介です。 その前に、この<オールパーパスシューズ>がどういった経緯で開発されたのか、簡単にご説明いたしましょう。 


REGALのフラッグシップショップとしてオープンした、ここREGAL TOKYOでは、通常のREGALより、ワンランク上の商品を取り揃え、今まではインポートの高級紳士靴を履いていたようなお客様からも支持されていたのですが、そんな高級紳士靴を履く方々の悩みはなんといっても「雨」。 朝から雨の降っている日に10万円もする靴を惜しげもなく履ける方は別として、普通は雨用の靴を選びますよね。 ところが靴にこだわる御仁には、この「雨用の靴」がなんとも我慢ならないんですね。 普段は見事に磨き上げられた、いかにも風合いの良い靴を履いているのに、雨の日は機能性優先の色気の無い雨用靴。 こだわりぬいたスーツや時計とは、いかにも不釣合いな印象が...


 いえいえ、雨の日は雨用の靴!ときっぱり割り切っている方はいいんです。 ただ、自分もそうなのですが、靴好きの人間というのは雨の日とはいえ、納得のいかない靴を履いているとなんだか気分が浮かなくて...


 そこで、雨の日を楽しく出来るような靴ができたらと思い、この企画が立ち上がったのです。 でも、実際に商品化をしようとしてみると様々な問題に突き当たりました。 例えば、雨に強く、なおかつ風合いに優れた甲革、ゴム製でありながらドレッシーさを損なわない底材、そして欧米の有名メーカーの靴にありがちな無難な雨用靴といったデザインとは一線を画す「ほどよいイマドキ感」などです。 まず、甲革は思い切って、防水、撥水といった機能より、まず革としての「風合い」を最優先しました。 ですから、機能面に関しては定期的に乳化性クリームを塗り、撥水スプレーをかけておけば、多少の雨は大丈夫といったくらいのハードルに留めました。 そこで、浮かび上がってきたのが、Built to Order Systemでも定評のあるドイツ ウェンハイマー社のボックスカーフです。 肌理が細かく、かつ丈夫で、履き皺にさえ風格のあるこの素材はまさにうってつけでした。 そして底材にはイギリスのダイナイトソールより、トレッドパターンがおとなしめのREGALオリジナルのラバーソールを採用。 この底材は街中での使用に特化させたトレッドパターンにより、底面の凸凹を感じさせない履き心地に仕上がっています。 最後に、これが販売スタッフと企画スタッフとの間で結構悩んだのですが、どの程度「イマドキ感」のある木型を採用するかという問題でした。 ラウンドな木型か、スクエアな木型か...。 「ベーシック寄りの無難な木型がよいのではないか?」といった意見もありましたが、ここは一つ、少しポインテッドな現代的な木型としました。 だって、現代的なデザインで、上質なカーフを使ったラバーソールの靴なんて、あまりないじゃないですか。 さらに履き心地についてはREGALらしく、より多くの方に履いていただけるよう、ボールジョイントに余裕を持たせ、甲の高さも高めにしました。



20091119-2.jpg

  こうして、試行錯誤の上でやっと完成した<オールパーパスシューズ>ですが、発売以来、大変多くの方にご愛用いただき、今に至っています。 そんな<オールパーパスシューズ>にも悩みがありました...。 茶色が無いのです! 「そんなことか...」と思わないでください。 実はこの<オールパーパスシューズ>のデビュー時には赤みのかかった、やや明るめの茶色がラインナップに存在したのですが、色目が明るく、昨今の主流であるダークな色目のスーツに合わせにくいという意見があったのです。 そこで、濃い茶色の革で風合いと雨に対するある程度の強さを両立させるものを探してみたのですが、なかなかこの条件を満たす革が見つからないのです。 風合いに優れた繊細なカーフの靴を雨の中で履いて、見事な雨染みをつくられた方も多いのではないでしょうか? 茶色の革である程度雨に強く、ビジネスシーンで使いやすいダークブラウン。 そんな革を探し続けて早2年。 やっと見つけました! フランス アノネイ社の「ボカルーカーフ」です。REGAL TOKYOでは以前から使用していたのですが、この素材、シェットランド フォックスでも採用され、今年の8月からはBuilt to Order Systemでも使用できるようになったもので、ダークブラウンの色目が非常に良いのです。 かなり濃い茶色なのですが、チャコールグレー系のスーツに合わせると、確実に着こなしに柔らかい雰囲気が加わる優れものです。 そして気になる価格は...据え置きの34,650円(税込み)です! 正直、この価格帯でこの素材を使用したものは今のところ見たこと無いです。 はっきり言ってかなりお値打ちだと思いますよ。


 <オールパーパスシューズ>とは多目的靴のこと。 雨の日だけでなく、普段からガンガン履いちゃってください。 もちろん、つくりはグッドイヤーウェルト製法ですから、底の張替えもできますよ。 こんな不況下だからこそ、価格以上の価値のある靴を賢く選んでみてはいかがでしょうか?

モンキーブーツ

October 23 2009

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。さて、今週は久しぶりにREGAL TOKYO オリジナルの新作をご紹介します。

「ワークブーツ」というと、このREGAL TOKYO REPORTをお読みの皆さんは、「昔は履いたけど、今はちょっと...」という方が多いのではないでしょうか? かくいう自分も、最近あまり履いていないなぁと思っていたのですが、そんなアラフォー(まだ39)の自分が履きたいと思うワークブーツが完成しました。 

 それが今回紹介する「モンキーブーツ」です。 Lace to Toe(レース トゥ トウ) スタイルのブーツとしては、モンキーブーツに代表される英国的なカントリーブーツタイプのもの、もしくはアメリカ的なワークシューズ、ラインマンブーツタイプのものとの2つの潮流があると思います。そして、当店のオリジナルは、前者の落ち着きと後者のラフさをミックスしたものに、日本人の繊細さを加えたモノなのです。

表現がややこしくてわかりづらいという方のために順を追って説明いたします。まず全体のシルエットは英国調のモンキーブーツをさらにドレッシーにした印象です。 特につま先は薄く、非常に落ち着いた雰囲気を持っています。 しかしアッパーの素材は、アメリカのワークブーツをほうふつさせる、非常に重厚なものを使用しているのです。 それは、ブラウンのオイルドレザー使いの方はアメリカ、ホーウィン社のクロムエクセルを、スウェード+型押しのコンビネーションはイギリス、C.F.ステッド社のスーパーバックスウェードにプロ野球選手のグローブに使う革なども作っている日本のBGレザー社のシュリンクレザーを使用しました。


boots-2.jpg

 さらに底周りの仕立てはダブルレザーソール+ヴィブラムのハーフラバーソール、コバ周りはギザ付きのスリットウェルトという重厚なものでありながら、日本的な繊細さを併せ持った両ツメ付という端正な仕上げなのです。 この絶妙な組み合わせのモンキーブーツ、どんなコーディネイトが似合うかと言えば、やはり「大人のカントリースタイル」と「大人のワークスタイル」ではないでしょうか。 この靴の持つ英国的なテイストを活かすなら、くるみボタンのツイードジャケットにタッタソールシャツ、思い切ってノーフォークジャケットなんかで合わせてもいいかもしれませんね。 また、アメリカっぽい合わせなら、ブラウンダックのハンティングコートやデニムのカバーオールジャケットでもいいのですが、ここは一つマッキノークルーザーで合わせてクラッシックなワークスタイルなんか、どうでしょう? 程よくドレッシーなトゥシェイプが古き佳き時代の気分だと思うのですが・・・。

何はともあれ、英、米、日の良いところをクロスオーバーさせたこのモンキーブーツ、ぜひ一度、実際にお手に取ってご覧になってみて下さい。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様お元気ですか? 

さて、巷ではそろそろ秋冬ファッションの特集をしている雑誌を見かけるようになりましたが、皆様そんな洋服に合わせる靴はもうご用意されていますか? 自分もファッションを扱う立場として、今年の流行をチェックしなければ!と、先日ある雑誌を読んでいると、今年の秋冬はベージュのスウェード靴が注目アイテムというじゃないですか。 特にそこに1ページで大きく取り扱われているベージュスウェードのクレープ底を付けたカントリータイプのウイングチップ、どこかで見たような・・・ウチの店にありました。 REGAL TOKYO オリジナルのB126。 甲革にイタリア製吟付スウェード(アンラインドで使おうかと思った位しなやかです)を使用し、天然ゴムのクレープソールはグッドイヤーウェルト製法で底付けされています。 何でも2009年秋冬(開催は2009年1月です)のピッティ ウオモ(イタリア フィレンツェで年2回開催されるファッションの見本市)に引き続き、2010年春夏(開催は2009年6月)のピッティでもベージュスウェード靴は大注目だったそうで、2シーズンは確実に注目なアイテムだそうですよ!(聞きかじり)。


20090828-2.jpg

 更に読み進むと、2010年春夏のピッティではダイナイトソールのレンガ色バージョンが注目を集めているという記事があるのですが・・・こちらもありました。 REGAL TOKYO オリジナル B134。 オリジナルのアメリカンタイプラストを使用し、ホワイトバックスとダーティーバックスがありました。 このダイナイトのブリックソールは耐久性では定評があり、非常に丈夫ですし、製法もグッドイヤーウェルトなので、底の張替えもできるということで、とても経済的&エコな仕様です。 日頃、何気なく手にしている当店のオリジナル企画の靴ですが、こんな先見の目で企画して下さっている企画の方々に感謝感謝です。 以上、なんだか手前味噌なことを言って参りましたが、ピッティの傾向を先取りした靴の数々、ぜひお立ち寄りになってご覧ください。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


 突然ですが、サドルシューズ祭り開催です(笑)。実は今月中旬にREGAL TOKYO オリジナルのサドルシューズが新たに4点追加されたことにより、現在当店で取り扱っているサドルシューズは12点を数えることになり、恐らく銀座でも、と言うより全国でも有数のサドルシューズ取り扱い店舗になったのではないか?と自負しております。 



   というわけで、早速そのラインナップを紹介させていただきます。 


20090522-2.jpg

まず、REGAL TOKYO オリジナルとして昨年、記念すべき第一弾 として発表された、B108。こちらは穴飾り無しの非常にシンプルなデザインで、素材は黒がウェンハイマーのボックスカーフ、茶色はアノネイのボカルーカーフを使用し、癖のないミニマルなデザインに仕上げてあります。


そして、それをよりアメトラ・テイストの強い仕様に進化させたのがB121です。 こちらはサドルの切り替え部に親子穴を配し、素材使いも黒がC.F.ステッド、スーパーバックスエード×水染めコードバン、茶色がアノネイ、型押しカーフ×水染めコードバンと非常に凝った内容になっています。 


更に、このREGAL TOKYO オリジナル:NEW AMERICAN LASTを使用した第三弾が今回紹介いたします、B133です。 素材には白ベースのモデルがそれぞれ白の国産キップをベースにサドル部に黒、ネイビー、ワインの「水染めコードバン」を使用しています。 更に特筆すべきは、新たにレンガ色の英国のダイナイトソールを採用いたしました。 このソール、パッと見は普通のレンガ底なのですが、そこはダイナイトソール、 非常に耐久性の高い仕様になっております。 目にも鮮やかな白ベースのアッパーとレンガ底の組み合わせは、これから夏の装いにぴったりです。 



20090522-3.jpg

 そして、B133では、ベース部とサドル部の両方にアメリカ・ホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用したバージョンも製作してみました。 こちらはオイルドレザー特有のカジュアルな質感に仕上がっていますので、デニムなどと相性が良さそうです。 


これら以外にも、シェットランドフォックスの水染めコードバンを使用したASTRIAや、以前こちらで紹介したゴルフシューズなど、多すぎて書ききれないほどです。

 

そういうわけで、百聞は一見にしかずと申しますので、ぜひ一度ご来店いただき、それぞれの違いを確かめてみてください。

梅雨を前にして

May 08 2009

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


先日、去年の5月の天候を確認していたところ、雨が8日も振っていることに気がつきました。 そういえば、そろそろ梅雨用にゴム底の靴のメンテナンスをしなければ、と思い立ちましたので、今回の話題は「梅雨用の靴」です。


梅雨というと、靴好きの皆さんにとって一番憂鬱な季節ですが、どのように過ごされてますでしょうか?「自分は雨の日でも革底だ!」という猛者は置いておいて、一般的にはゴム底の靴を履く機会が多くなると思います。 そこで、REGAL TOKYOからオススメする、梅雨シーズン向きの靴をいくつか紹介させていただきます。 


まずは2007年10月のデビュー以来、根強い人気を誇るREGAL TOKYO オリジナル<Rubber Sole>シリーズ。 こちらはややロングノーズの木型に、黒はボックスカーフ、茶には国産キップ(カーフと言っても良いくらい肌理細かいです)をのせ、ソールにはオリジナルパターンのゴム底を配したものです。 フォーマルからジャケットスタイルまでカバーできる、ビジネスでは一番使いやすい靴ではないでしょうか。

20090508-2.jpg

 

 それから新作では今年の春に入荷した、イギリス・リッジウェイソール使用の<B127~129>。 こちらは定評のあるNEW AMERICAN LASTにイタリア製カーフを使用し、底付けはハードなノルウィージャン製法でなされています。 ややカントリーシューズの雰囲気を漂わせたこちらの靴はジャケットスタイルにマッチしますので、旅行や出張などにいかがでしょうか?。非常に深いトレッドパターンのリッジウェイソールを使用しているので、未舗装の悪路でも気にせず履いていただいてOKです。底材の柔らかさもお勧めで、歩行時の衝撃を吸収してくれますので、タウンでの使用に威力を発揮しそうです。

 

 最後にシェットランドフォックスから<Ascot>のストレートチップとUチップ(黒のみ)です。 こちらは国産のキップ素材とダイナイトソールという鉄壁の組み合わせですから、油分の強いビーズワックス系のクリームを塗り、撥水スプレーをかけていただければ、多少の雨なら気にせずにガンガン履いていただけます(多少、水の浸入はございます)。 

20090508-3.jpg


更に時間に余裕のある方でしたら、Built to Order(パターンオーダー)で雨の日向きの靴をオーダーしてしまうというのも手です。 今、ご注文いただきますと、お渡しは入梅後の6月下旬位になってしまいますが、また9月になると雨が多いですし、梅雨は毎年来るものですから、この機会に1足作っておくのもよいのではないでしょうか。 ちなみにBuilt to Orderで雨の日向きの靴を作ると、防水レザー+ダイナイトソールで39,900円(税込)が基本料金です。 なお、ここでご紹介いたしました靴はどれも多少の雨なら大丈夫ですよ、といった類の商品ですので、もっと本格的なGORE-TEX(r)を使用した防水性の高い靴をお探しでしたら、REGAL SHOES 銀座数寄屋橋店や最近オープン致しました、REGAL 日比谷を覗いてみてください。


*GORE-TEX(r)はジャパンゴアテックス株式会社の登録商標です

先日行われたマスターズ・ゴルフトーナメントでは日本人選手が上位入賞したり、話題の高校生が出場するなど、今『ゴルフ』の人気が加速しています。そんな折、REGAL TOKYOからオーセンティックなスポーツシューズとしてお履きいただけるゴルフシューズが登場いたしました。


 デザインはクラシックな装いに合わせられるサドルシューズです。半敷きには「グリーンオン!」をイメージした穴飾りが施され、デザイナーの遊び心がうかがえます。


ただ、クラシックな装いに合うゴルフシューズといえども、そこはREGAL。こだわるところはこだわっています。


まず「履き心地」。かつてゴルフシューズを製作していた経験を元に、新たに木型を設計し直し、自社工場で製作しました。デザイナーによると、今回、この木型作製に一番気を遣ったそうです。ゴルフ用とドレス用とで気を遣わなければならない大きな違いは、体重のかかり方がゴルフと普段とでは違うということです。ゴルフ用の木型はボールジョイント(足囲)からつま先にかけてゆとりを持たせています。これはクラブを構えた時に体重が前方にかかるため、安定したスイングを行うのに必要なゆとりとなります。逆にボールジョイントからかかとにかけては、フィット感を高めています。木型のみならず、土踏まずのアーチサポートやかかと周りのクッションといった工夫でも左右のブレを抑える効果を高めています。


 

20090424-2.JPG

 その上、『水の浸入』にも配慮したそうです。ゴルフは雨天決行が当たり前ですし、いつ雨が降るかわからない時でも対応できるように、撥水加工された国産レザーを表革に使っています。その他、すくい縫いされたところを特殊な糊でシールド加工し、表革と本底の隙間からの水の侵入を出来る限り抑えられるようにしました。そのような作業は一般のドレスシューズでは施されないそうです。


また、長時間のプレーで必要になってくるクッション性もこだわりの一つです。足当たりを良くするため、中底に低反発性のスポンジを敷き、革で巻いたライニングを使用しました。そして、本底との間には発泡スポンジを挟むなど足への衝撃を抑える工夫を重ねています。


このようにして完成したグッドイヤーウエルト製法によるゴルフシューズは、片足650グラムという重量があり、手で持つと非常に重く感じますが、実際にこの靴を履くとその重さを感じさせません。ゴルフをプレーする時に、靴は非常に重要なアイテムになりますし、履き心地が良くないと気持ち良くプレーが出来ませんからね。


最後に、永く履いていただくために、リペアも出来ることをお伝えいたします。底材はレザーソールを使用し、スパイクのピンが付けられるようになっており、有名なCHAMPの「センチネジ」を使用しています。消耗品なだけにストックが必要になることもありますが、有名なネジなのでゴルフショップで簡単に手に入ります。


今では、ゴルフショップでも見かける機会が少なくなったクラシックなゴルフシューズですが、是非、一度足を入れていただき、履き心地の良さを感じていただきたいと思います。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

 今回は当店のオリジナル・サドルシューズを2ヶ月履いてみた感想をお届けしたいと思います。

 

 企画の段階から個人的に気になっていて、入荷後すぐに購入してしまったのがこのREGAL TOKYO ORIGINAL B121です。 素材にはフランス アノネイ社の型押し素材・ハイランドをベースにサドル部分には水染めコードバンをあしらっています。 木型は当店オリジナルのアメリカンタイプのもので、2008年春夏コレクションで好評を博した、B108のデザインを踏襲しています(こちらの靴の詳しい話は「メンズEX2月号」に載っています)。 


さて、履き心地なのですが一言で表現すれば、コンフォータブルと申しましょうか、とても楽なのです。

 

 自分の場合、足幅が広く、アーチが大きくえぐれているのですが、この靴はボールジョイントにゆとりがあるため、指の付け根を締め付ける感じが少なく、土踏まずは適度に下から持ち上げられている印象です。 かかとは小さく、アメリカンタイプの靴にありがちなルーズさはありません。 そして今回特に気になったのが、素材使いの妙でした。 ボールジョイント付近の屈曲部はとても柔らかな型押し革のおかげでフレキシブルに曲がり、対するサドル部の水染めコードバンは適度な硬さで足のウエストガースからインステップガースにかけてしっかりとホールドしてくれます。底はダブルソールにハーフラバーソールを貼り付けている、かなりハードな仕様なのですが、思いのほか屈曲性に優れています。 




20090130-2.jpg

気になるコーディネイトとしては、やはりアメリカントラッドを意識して、ジーンズやチノーズに合わせるのが良いようです。 「どんなスタイルにもピッタリ」などとは申しませんが、それだけに、はまった時は絶妙な存在感を示してくれます。 まだまだ寒い日が続いていますが、こんなサドルシューズで春先の旅行などにぴったりなコーディネイトを今から考えておくのはいかがでしょうか? ちなみに生産数の少ない商品なので、サイズが欠品している時はご容赦ください。 (黒スエード×黒コードバンは初回生産のみの限定商品なので、お早めにお求め下さい)

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

長らくお待たせいたしました。

待望のオリジナル・スウェードシューズがやっと入荷いたしました。今回のキモはやはり「柔らかさ」に尽きると思います。この柔らかさを実現するために、甲革には贅沢にもイタリア製吟付きスウェードを使用しました。その毛足の美しさから、見た目の優しさも表現できたのではないでしょうか。

また、ライニングには甲革の柔らかさを損なわないよう、丹念に厳選した国産牛革を使用しました。底には今、注目のハニークレープを採用したので、グッドイヤーウェルト製法でありながらも抜群の返りの良さを実現しています。デザインはアイビーっぽさがいっぱいのアメリカンタイプ・ウイングチップですので、今時のファッションにぴったりなはずです(もちろん、昔ながらのトラッドスタイルにも合いますよ)。色もベージュ、ライトブラウン、ダークブラウンの3色展開で、春夏シーズンにも活躍しそうなスウェードシューズ。

今から押さえておいてはいかがでしょうか?

サドルシューズ

December 05 2008

REGAL TOKYOオリジナルでは、今を感じさせる要素を盛り込んだコレクションの展開をしています。この秋は、春に発売された「アメリカンラスト・コレクション」に、今期注目のデザイン「ブローグサドルシューズ」を載せて今時感を演出してみました。


肌寒い季節になると、なぜか恋しくなる素材でもあるスウェードは、スムースレザーにはない温もりを感じさせてくれます。例えば、寒くなるとツイード素材が恋しくなるのと同じように、起毛素材はこの時期欠かせない素材と言えます。また、シュリンク調の陰影が楽しい型押し素材は、ざっくりとした厚手のウールやコーデュロイ素材との相性がとても良いものです。


さらに、風合いや希少性から、人気の高いコードバンを、その独特の光沢感をアクセントとして選び、組み合わせる事にしました。


ひとつ目は気品が感じられるCFステッド社のブラックスウェードを、二つ目は、アノネイ社の趣のあるブラウン型押し素材をそれぞれベースに、サドル部分とヒール部分に「水染め」と呼ばれるコードバンを配したサドルシューズを企画いたしました。


結果、コードバンの存在感と異なる素材が互いに引き立て合うことにより、絶妙なハーモニーを醸し出すことに成功しました。


素材の組み合わせは色々と考えられますが、こんな遊び心ある1足はいかがでしょうか。
  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss