工房の佐々木です。
あっという間に12月で気持ちが追い付いていません。

今回は婦人靴の九分仕立てのご紹介です。

今年8月にお引渡ししたJ708(内羽根セミブローグ)。
革はアノネイ社(仏)のカーフです。底付はドレスタイプの同系色です。

嬉しいことに、10月に開催した阪急メンズ大阪の受注会に履いて来てくださいました。
(私は残念ながらお会いできませんでした)
Customer'sPhoto.jpg

チェックのパンツにチェックのソックス、こんなに素敵な合わせ方があるなんてびっくりです。
靴は履かれた時の方がかっこいいですね。

KubuLadiesCollection.jpg
婦人靴のデザインは紐靴のベーシックなデザインを中心に9型ご用意しています。
革はフランス産、イタリア産のものを中心に揃えています。

12月10日(木)から始まるREGAL名古屋中日ビルでの限定受注会では、キエンティ社(伊)の
ナチュラルカーフのオリーブ色と黒、オズバ社(伊)の茶を追加しました。
ナチュラルな風合いでハンドソーンウェルトの靴にしては柔らかめの素材です。

婦人靴の九分仕立てを始めるときのコンセプトの一つに、『お客様と一緒にデザインや素材を
考え、作り上げる楽しさを共有する。』とあります。
お客様と一緒に考え、作り上げる楽しさを共有できたらと思います。

REGAL TOKYOの店頭では、常時サイズ見本をご用意しております。
ぜひ、お試しくださいませ。

工房職人の九分仕立てパターンオーダー (レディス)
・デザイン 9デザイン
・製法   ハンドソーンウェルテッド九分仕立て
・甲革   カーフ、スエード 他
・本底   革底、革底+ハーフラバーソール
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト
・サイズ  21.5~25.5cm
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格  ¥97,200(税込)~

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
12月は、7日、14日、21日、28日がお休みです。
(*年末年始については、後日お知らせいたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


「凝る」とは・・・
単語を調べてみると、「細かい点まで意匠をこらす。気をくばる」とあります。
色々と「凝る」部分がありますが、靴で言えば、甲革やデザイン、色、フィッティング・・・。
靴には「凝る」部分が沢山あります。 靴に「はまってしまう!」と聞く事がありますが、
「凝る」だったり「こだわる」所が多いからかもしれません。
実は、作り手側にも凝る部分が沢山あるのです。
本日は、靴をデザインする時の「凝る」・・「こだわる」部分についてお話ししたいと思います。

始めに「ベロ留め」についてです。
オープニングの写真は、靴のベロ(タンとも言う)部分の写真です。

1.Tongue Cut intoLining.JPG
内羽根デザインにおいて、ベロは甲部分にあって、紐が足に当るのを防ぐ役割を持っています。
ちょうど、足の甲に対して、外敵から足甲を守る楯のような役割と言ったら良いでしょうか。これはそのままですと、靴の中に落下して、履くときに難儀をすることになってしまうので、落ちないように一工夫をしています。

一般的にはベロを甲革と直接縫い付ける方法が多いのですが、外にミシン糸が見えることになります。これに対し、Built to Order SystemやREGAL TOKYO ORIGINALの一部商品では、そのベロを内側に切り込みを入れ、差し込んで裏革に止める方式を採用しています。これは、手間がかかる作業ですが、外にミシンが見えない分、よりエレガントに仕上がるわけです。

2HeelTopPiece.JPG
次に「化粧」についてです。 
靴で「化粧」と言えば・・・ヒールの一部分で地面に接地するところにある部品を言います。
この部品は、多くの靴では革一枚分の厚さで5~7mmほどです(構造によってヒールと一体に
なったものも有ります)。

お気に入りの靴は、着用機会が多いのですが、当然靴は傷んできます。一般的には、最初に前記の「化粧」部分が磨り減ってくることがほとんどです。減ってきたときに、化粧交換修理をすることによって、靴の寿命が延びていきます。さらに履きこんで、2度目の化粧交換の頃、今度は本底も、寿命を迎えることが多いのです。そこで今度は、「オールソール」(底、ヒール(積み上げ・化粧))の修理をいたします。

3.HighDurabilityHeelTopPiece.JPG
そんな中、REGAL TOKYOの商品には、耐摩耗性を強くした素材を化粧に組み込んだものを
いくつか用意しています。弊社研究室での検査では、通常のものに比べ、倍以上の磨耗性を持つと判定されています。この素材を使用して「REGAL TOKYO ORIGINAL商品」の幾つかが作られており、「Built to Order System」でのこの素材の選択が可能になっております。(REGAL TOKYOだけの取り扱いになります)。
ネーミングは泥臭いのですが「RTオリジナル耐久化粧」となっております。
これはオールソール修理をするまでに、1回は化粧交換をしていたのが、標準的には「要らなく
なる」と言う訳で(ちょっとお得かな)、お客様にはガンガン履いて欲しいと願っております。

靴をデザイン、開発する時に色々な「凝る」部分を考えます。 特にその靴の特徴付ける部分には、一番時間と手間をかけて「凝る」・・拘ります。 

ぜひ、今回ご紹介した「凝る」部分を店頭でご覧になって見てください。

それではまた、靴にまつわるお話しをしたいと思います。

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
12月は、7日、14日、21日、28日がお休みです。(*年末年始については、後日お知らせ
いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、工房の田沼です。

先日開催しました「REGAL TOKYO秋の工房九分仕立てパターンオーダー会」も沢山のお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。
多くのリピーターのお客様に加え、たくさんの新規のお客様にもご来店いただきまして厚く御礼
申し上げます。

さて、毎年ご好評をいただいております(どうもありがとうございますっ)、REGAL名古屋中日ビルでのオーダー会の季節がやって参りました。
今回も、恒例の九分仕立てのオーダー会を12月10日(木)より催させて頂きます。
1.Kubu Natural Welt.jpg
今回のオーダー会では、新たにコバの色をお選びいただけるようになりました。
コバ色を「生地仕上げ」にして頂くとよりカジュアル感が増し、ビジネスカジュアルからカジュアル
スタイルにと合わせて頂く範囲も広がります。

また素材では、国産のタンナーにより鞣された素材を数種類ご用意させて頂きました。
「メイドインジャパン」の丁寧に鞣され染色された革を、ぜひ店頭まで見にいらして頂ければ、と
存じます。
2.KubuSampleRefine.jpg
九分仕立ての巡業をしているサンプル靴たちも、化粧直しをして名古屋に向け気合が入って
おりますっ。

期間中12/19、20の土・日曜日には、フルオーダー靴、九分仕立てを作らせて頂いております
職人がお邪魔させて頂きますので、ぜひぜひお越しくださいませ。

皆様にお会いできることを心より楽しみにしております。


REGAL名古屋中日ビル 九分仕立てパターンオーダー会
期間:2015年12月10日(木)~12月25日(金)
価格:工房九分仕立て メンズ;¥113,400~(税込)、レディス;¥97,200~(税込)


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

今週になって、急に寒さが深まり「冬が来た!」と感じるようになりました。
体調を崩さないように、あわてて出かける装いも「冬支度に」とコートやマフラーを用意しました。 朝晩は特に寒いので、自宅の暖房も「そろそろ準備しないと」と思っています。

さて、寒さが増すにつれ、ブーツの出番が増えてきます。 先週まで新作のブーツをご紹介いたし
ましたが、REGAL TOKYO ORIGINALの商品には、まだまだブーツ系が揃っております。
今週は、REGAL TOKYO ORIGINAL 「ブーツ」をご紹介いたします。

まずご紹介するのは、当店のブーツデザインで人気のスエード革(伊)のチャッカーブーツです。
ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ベージュ、ネイビーと5色が揃っていますので、お好みや
装いに合わせてお選びいただけます。
スエード革は、事前にスエードスプレーやウォータープルーフスプレーを施すと蓮の葉のように
雨を弾いてくれます。  私が愛用しているチャッカーブーツも、最近雨の日が多いので、寒さと雨をしのいでくれます。 
1.W585.JPG
○甲革:スエード(伊)   価格:¥39,960(税込)

次に、REGAL TOKYO ORIGINALの中で一番シャープなつま先デザインと足当たりが柔らかいイタリアンカーフの甲革が特徴の「カール」シリーズのチャッカーブーツです。
この靴の甲革は、クリームが浸透しやすい甲革で、お手入れを施すとくすんでいた甲革にクリームがいきわたり、色味に深みが増しきれいに艶が出るんです。 クリームの塗り具合や鏡面仕上げなど自分の好みに仕上げる楽しみがありますので、お手入れ好きの方にはおススメです。
2.W545.JPG
○甲革:イタリアンカーフ   価格:¥ 38,880(税込)

3番目は、REGAL TOKYO 限定受注会やORIGINAL商品でも好評のLast#50木型を使った
コードヴァンモデルとスコッチグレインカーフ素材のモデルです。
この「ラスト№50」の木型は、ウエストが絞られており、中底の形状とあいまって、土踏まずの
フィット感も程よく良好です。それでいて厚く丸みの強いトゥのおかげで、指先に余裕があります。 
3.W577.JPG
○甲革:コードヴァン(国産)  価格:¥76,680(税込)
コードヴァン好きの方、靴好きの方には、とても希少性のある素材だとご存じだと思いますが、ここだけの話、このコードヴァンモデルは、在庫限りということもあって、グッドプライスだと思います。
4.W988.JPG
○甲革:スコッチグレイン(仏)  価格:¥ 58,320(税込)

4番目は、レースアップブーツです。 甲革にアンティーク仕上げを施したイタリアンカーフのドレス仕様と手もみ革(国産)とスエード(英)のコンビネーション仕様の2タイプです。 
このイタリアンカーフは「カール」シリーズと同素材の甲革で、特に茶色は、クリームやワックスで
仕上げると革のムラ感が際立ち、独特の風合いになります。
コンビネーション仕様は、他ではあまり見られないデザイナー拘りのカントリーテイストのモデル
です。
5.W586.JPG
○甲革:イタリアンカーフ  価格:¥49,680(税込) *写真右
○甲革:手もみ革(国産)×スエード(英) 価格:¥45,360(税込) *写真左

最後にジョッパーブーツとサイドゴアブーツです。 
ややゆったりの木型で、どちらのデザインもムラ感のあるバーガンディ色が特徴です。
6.W982,983.JPG
○甲革:キップ  価格 : ¥37,800(税込)

いかがでしょうか。 
ブーツをお探しの方は、ぜひご来店いただき、お手に取ってお試しください。
皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、30日がお休みです。
12月は、7日、14日、21日、28日がお休みです。(*年末年始の予定については、後日お知らせいたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

10月は、晴天の秋の空が多かったのですが、今月に入って変わりやすい天気で傘が手放せない様になってきました。
寒暖の差もあり、体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1.Persimmon.JPG
 先日、お天気の良い日に散歩に出かけたところ、赤々と実がなっている柿の木があったので、
いくつか収穫してきました。 温暖化だとか異常気象だとか聞きますが、この時期になると、ちゃんとここの柿は、実がなるんだよなぁと思いながら、良さそうな柿をもぎ取ってきました。

2.W192EJ.JPG
さて、今週も先週に続き、REGAL TOKYO ORIGINAL 新商品が入荷いたしましたので、ご紹介
いたします。  以前より、お客様から、ご要望のあった「サイドゴアブーツ」が入荷いたしました。
ブーツにも色々な種類がありますが、「サイドゴアブーツ」はサイドに伸縮性のあるゴムがついているブーツで、着脱が容易なことが特徴です。1960年代にイギリスで流行したファッションの中心地のひとつであるロンドンのチェルシー地区から、チェルシーブーツとも呼ばれています。

3.W192EJ.JPG
つま先がスクエアトゥのデザイン、アッパーは透明感がある艶のフレンチカーフ素材、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、先週ご紹介いたしました「チャッカーブーツ」と同じ木型で同じ甲革素材です。 カラーは、ブラック、ブラウン、ワイン、ネイビーの4色ございます。

4.W192 SOLESpeck.JPG
底材は、革底に耐久性を考慮したREGAL TOKYO耐久化粧の組合せで、ブラック色のみカラス仕上げとなっています。

足元が寒くなる冬には、足首をカバーしてくれるブーツは、とても助かります。サイドゴアブーツは、ブーツの中でも脱ぎ履きが極めてしやすいので、脱ぎ履きの多い場面では重宝します。 
また、シンプルなデザインなので、コーディネートの面でもカジュアルからドレススタイルまで合わせる服を選ばないので、使いまわしの良い靴だと思います。

秋冬になるとブーツを探してご来店になるお客様が多くなります。
ぜひ、店頭でご覧になり、お試し下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。


●今回ご紹介のREGAL TOKYO ORIGINAL 「サイドゴアブーツ」
甲革 : フレンチカーフ
色  : ブラック、ブラウン、ワイン、ネイビー
底材 : 革底 + REGAL TOKYO耐久化粧
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト式製法
価格 : ¥54,000(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、30日がお休みです。23日(月・祝)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

「REGAL TOKYO」では、3種類のパターンオーダー限定受注会を春・秋の年に2回開催して
おります。
11月8日(日)までは、秋の「工房職人の九分仕立て限定受注会」を開催しておりました。 
受注会を楽しみにご来店くださったお客様、職人に会いに来てくださったお客様、遠方よりご来店
くださったお客様、たくさんのお客様にお会いすることが出来ました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

次回の春のパターンオーダー限定受注会は、より一層お客様に楽しんでいただけるよう、担当者
と相談を重ねながら進めていきたいと考えております。 内容が決まりましたら、なるべく早くこの
ブログでお知らせいたします。 どうぞ、楽しみにお待ち下さい。

さて、今週は、ご案内が遅れておりましたREGAL TOKYO ORIGINAL 新商品のご紹介です。
オープニングの写真のREGAL TOKYO ORIGINAL「チャッカーブーツ」が入荷いたしました。 

1.W191ChukkaBoots.JPG
つま先がスクエアトウのデザインがアクセントになっているチャッカーブーツは、甲革に透明感がある艶のフレンチカーフ素材を採用しました。 色は、ブラックとワインの2色。
2.B W191EJ.JPG
3.WINE W191EJ.JPG
底の仕様は、革底に耐久性を考慮したREGAL TOKYOオリジナル耐久化粧との組合せで、
ブラック色がカラス仕上げとなっています。
4.FrenchCalfBoots,BELT.JPG
ブーツの甲革と同じ素材のベルトもご用意しておりますので、ご一緒に揃えていただくと革素材の統一感があり、コーディネートが決まると思います。

ブーツの中でもチャッカ-ブーツは、ドレススタイルからデニムなどカジュアルスタイルまで合わせやすいデザインだと思います。  特に足元が寒くなる秋から冬にかけて、デニムやチノ、ウール、コーデュロイ、ツイードと色々な素材のパンツに合わせてみてはいかがでしょうか。 

寒さが増すにつれて、ブーツをお探しのお客様が増えております。
ぜひ、店頭でご覧になって、お試し下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。

●今回ご紹介のREGAL TOKYO ORIGINAL 「チャッカーブーツ」
甲革 : フレンチカーフ
色  : ブラック、ワイン
底仕様 : 革底 + REGAL TOKYOオリジナル耐久化粧
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト式製法
価格 : ¥54,000(税込)

●REGAL TOKYO ORIGINAL 「ベルト」
素材 : フレンチカーフ
価格 : ¥14,040(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、16、30日がお休みです。23日(月・祝)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

今月に入って、空気感も変わりつつ、朝晩の寒さが増してきてコートをお召しの方を見かけるようになってきましたが、昼間は、まだポカポカ陽気で上着がいらない日があります。
そんな時ふと、仕事や日常を離れて、公園の芝生でのんびりと時間を忘れて過ごすのも良いなぁなんて思う事があります。

さて、REGAL TOKYOでは、恒例となりました、秋の「工房職人の九分仕立て限定受注会」が
11月8日(日)まで開催中です。 
「九分仕立て」の靴は、製造工程の9割方を職人の「手」によるハンドメイドで作りこむ事から、そう呼んでいます。  1足、1足、専用の工具で革の馴染み具合などを見ながら行う「釣り込み」工程や返りの良いハンドソーンウエルト製法、足裏にフィットするように手間と時間をかけて行う中底加工など、職人の手作業により足に吸いつく様な履き心地を実現しています。

それでは、今回の受注会でこれまでにお選びになる方が多かったデザインをいくつかご紹介したいと思います。

1.VfrontDerby.JPG
○甲革:コードヴァン(ネイビー)  価格 ¥166,320(税込):オプション代込み

まずは、シャープなつま先が特徴のチゼル型(193型)では、上の写真のVフロントダービーの
デザインが人気です。 このエッジのきいたチゼル型のつま先と2アイレットのシンプルなデザインが好評です。
2.PunchedCapToe.JPG
○甲革:手もみ革(ダークブラウン)   ¥123,120(税込):オプション代込み

次に、流行に左右されないクラシックな木型(272型)では、上の写真の内羽根パンチドキャップ
トウです。シンプルなデザインの中に、羽根部分が後ろまでぐるっと周っているのが特徴のデザインですね。
3.ChukkaBoots.JPG
○甲革:フレンチカーフ(ワイン)  ¥123,120(税込):オプション代込み

それと、季節がらブーツをお選びになる方が多かったです。ドレススタイルからカジュアルスタイルまで合わせられるので、出張や旅行時の1足として選ぶ時にはブーツは選択に入ると思います。そして、個人的に、上のような明るいワインには、濃い目のクリームでエイジングを施してみたくなりますね。 
4.SaddleShoes Ladies.JPG
○甲革:フレンチカーフ(ネイビー)×スエード(ダークブラウン) ¥103,680:オプション代込み 

最後に、レディスです。 サドルのデザインをお選びになる方が多いですね。 サドルシューズは、革のコンビネーションがとても映えるデザインなのですが、どんな組合せが良いかという革の選択が悩ましいです。 この写真の靴では、生地仕上げの細革(コバ)と底材のレッドカラーがよいアクセントになっていますね。

5.Swatch.JPG
上の写真が、今回の九分仕立てパターンオーダーで選択出来る甲革です。
今回の受注会限定素材では、カーフ(仏)のブラックとスエードのダークレッド、ボルド-が残り
わずかとなりました。ご検討中の方は、お早目にご来店下さいませ。

店舗では、サイズ見本がいつでもお試しいただけますので、九分仕立てに興味のある方、気に入った履き心地の靴をお探しの方は、ぜひお試しいただきたいです。 

この受注会開催期間中の土曜日には田尻、日曜日には田沼の二人の職人が交代で店頭におります。
店舗スタッフと共に職人も皆様のご来店をお待ちしております。 
よろしくお願いいたします。


工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・製法   ハンドソーンウェルテッド製法(九分仕立て)
・本底   革底、ダイナイトソール
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGALTOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0cm (チゼルトウ193型は27.0cmまで)
        レディス:21.5~25.5cm
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格  メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定 2016年3月上旬~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、9日、16、30日がお休みです。23日(月・祝)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

さて、REGAL TOKYOでは、秋の受注会の最後を飾ります「工房職人の九分仕立て限定受注会」が本日10月30日(金)より、11月8日(日)まで開催となります。
1.KubuSample.JPG
「工房職人の九分仕立て」パターンオーダーは、ビスポークの味わいを生み出す職人による手作りの良さと、機械靴の良さを合わせ持つパターンオーダーシューズです。

上の写真は、見本靴の一部です。
メンズは、やや細身でシャープなつま先が特徴のチゼルトウ木型(上の写真左)と流行に左右されないクラシックな木型(ラウンド・スクエアトウの2種類 上の写真中央はラウンドトウ)の2タイプの木型があります。
そして、上の写真右は、メンズよりもややノーズが短くやや華奢な木型のレディスです(ラウンドトウのみ)。

2.DomesticLeatherSwatch.JPG
つい先日、革見本が店舗に揃いましたので、ここで今回の限定受注会の甲革素材を紹介いたします。 この秋の受注会では、厳選した国産素材を中心にご用意いたしました。 

まず、仕上がりの質感に拘ったグレージング仕上げのスムースレザーではブラック、ブラウン、ダークブラウンの3色をご用意しました。そして写真一番右は、「黒味」に拘ったブラックのスムースレザー「真黒(シンクロ)革」です。
3.Temomi.JPG
次に、限定受注会で毎回ご好評の手もみ革をブラック、ブラウン、ダークブラウン、ネイビーの4色ご用意しました。 私も好きな甲革素材で、日本の熟練職人が革を揉む作業により、しなやかさとシボが付き、型押しとは違う独特の風合いです。
4.ItarianKip.JPG
そして、今回初めてお目見えする色ムラ感のあるキップレザーで、ブラック、ブラウン、グレーの3色をご用意しました。革見本を手に取ってみると、キップレザーとは思えないほどの柔らかい革質で、ブラウンとグレーのムラ感は、独特の雰囲気があります。 特にグレーは、今までに見たことがなく、出来上がりの靴を想像すると、「モダンでかっこよい仕上がりの靴になるのでは!」と思いました。

5.WarmSuede.JPG
それから、この秋の限定受注会でご用意した暖色系のスエードを6色ご用意しました。いずれのカラーも限定足数となります。

6.FrenchCalf.JPG
九分仕立てパターンオーダーの甲革素材では、ブラックがBOXカーフ(独)のみでしたが、今回フレンチカーフを足数限定でご用意出来ました。

7.ItarianCalf.JPG
最後にレディス用に足あたりの柔らかいカーフ素材(伊)をブラック、ブラウン、オリーブの3色でご用意いたしました。靴の革素材としてオリーブは、あまり見られないカラ―ですが、落ち着いた色合いで洋服とコーディネートするには扱いやすいのではないでしょうか。なお、3色ともクリームでお手入れを施すと雰囲気が変わっていく素材です。

九分仕立てパターンオーダーの靴は、返りの良いハンドソーンウエルト製法、ハンドメイドによる
丁寧な作りこみ、木型に微調整を加えられること等によって、既成靴とは違った履き心地の1足に仕上がります。
普段工房で靴の製作を行っている職人は、この受注会開催期間中の土曜日には田尻が、日曜日には田沼が店頭で皆様のお相手をさせていただきます。 

なお、店舗では、サイズ見本での試し履きもできますので、お気軽にお立ち寄り下さいませ。店舗スタッフと共に職人も皆様のご来店をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。


工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・開催期間 2015年10月30日(金)~11月8日(日)
・製法   ハンドソーンウェルテッド製法(九分仕立て)
・本底   革底、ダイナイトソール、
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGAL TOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0cm (チゼルトウ193型は27.0cmまで)
         レディス:21.5~25.5cm
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格   メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定  2016年3月上旬


こんにちは、工房の田尻です。

この時期はオーダー会が続きまして・・今回も告知をさせて頂きます。

REGAL TOKYOで9月から「Built to Order System限定受注会」、「Last#50 Special限定受注会」とパターンオーダー会が続いておりますが、10/30(金)~11/8(日)の期間、年内最後の
「工房職人の九分仕立て受注会」を開催させて頂きます。

今回の受注会でお選び頂ける革は、この秋のパターンオーダー会の為に用意いたしました
「Made in Japan」の革を中心に、九分仕立て受注会では普段使っていないフランス製のカーフ
などをご用意しております。
九分仕立てパターンオーダーをご愛用いただいてるお客様には、新しい限定素材等にご興味が
あるかと思いますが、この九分仕立ての最大の魅力はハンドラスティング(手釣り)によってしか
得られないフィッティング、そして厚いインソールの裏に直接ウェルトを縫い付けることによる靴の反りの良さにあると思っています。

九分仕立てのパターンオーダーにご興味がある方は、試し履きだけでも良いので銀座の店舗まで是非いらしてください。

先日、あるお客様が、店舗での私との会話の中で、「"靴"は自分の意見を述べたり、人に伝える
楽しさが他の"モノ"よりあると思う」と仰っていました。確かに靴というのは木型・素材・製法などによって本当に感じ方が違うものです。それをショップスタッフや作り手とこうした方が良かった、
これはこう感じた などと会話を楽しむということも靴の魅力の一つなのかなと思いました。


1.KaisyaKengaku.JPG
話は変わりますが、毎年会社近くの小学校の生徒さん達が授業の一環で会社見学に
来られます。その時に、我々の工房でちょっとした体験学習的なものをやっていて、工房の
佐々木が今回も小学生を楽しませようとなにやら作っていました。
革でペナントを製作してREGALのロゴと学校名を組み合わせて、小学生には文字の部分に
表ハトメを打ってもらおうと準備をしておりました。
会社見学の時に、どのようになるのか楽しみです。

2.Gillieshoes.JPG
そしてもう一つ、上の写真は、先日お店に出かけた時に、店舗スタッフがギリーシューズをさらっと履いており、思わずカメラに収めたものです。 抜け感もあってとてもかっこよかったです。 
いま、既製品での扱いはありませんが、よろしければビスポークでお楽しみ下さい。

来週の30日(金)から九分仕立て限定受注会が開催となります。
受注会期間中の土曜日・日曜日は工房の職人が終日店頭でお相手をさせて頂きます。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss