『裏に凝る』

July 05 2017

REGAL TOKYOは東京都中央区銀座1丁目に店舗が有りますが、歴史を遡って「東京」に

なる前の「江戸時代」のことを見てみましょう。

 

事件や災害も有りましたが、太平の時代といって良いでしょう。当然いろいろな文化が

育まれました。絵画、演劇、読み物、祭り、などなど。下地には庶民の識字率の高さも

あったといわれています。

そんな中「演劇」が華やかになれば、その行き過ぎにストップをかけるように、幕府から

○○禁止令などが出され、取締りが強化されています。

一時はおとなしくなるのですが、再度、同じような御触れが出されました。

 

「たこ揚げ禁止」の令が出たときは、平気で凧を揚げて、これは「タコにあらず、イカで

ある」と言ったとか。庶民のたくましさを感じずにはいられません。
また、派手になった着物(ファッション)に対し、派手なもの禁止令が出ると、遠目には

地味な「江戸小紋」と言われている、実は細かく繊細な模様が全面にある大変手間のかかる生地が開発されています。
そして裏地に非常に派手な色、柄を使い、歩いたときチラと見えるくらいが「粋」と言って好まれました。これは今に続く、日本文化の一つでしょう。

 

さて、日本の靴産業は、明治3年3月15日(1870年)に日本で初めての製靴場が作られて

からになるわけですが、当初は軍隊の装備をしつらえるのが一番の目的でした。

輸入に頼ってはいられないと、国命により靴産業を立ち上げ発達してきたのです。当時

は、軍需産業、実用品であり、富国強兵の一翼を担っていたわけです。

現代はファッションのひとつとしてさまざまなデザイン、素材が有り、その人の生き様

をも表現する物にもなっています。面白い時代になってきました。

 

前振りが長くなってしまいましたが、クラシックなスタイルの多いREGAL TOKYOの商品

には、裏を「赤」や「紫」で作ったものが有ります。
さらにオーダー靴では、他の色も選択できます。
グッと「粋」度がアップすると思いませんか?外観はクラシックなまじめな社会人、靴を

脱いで中を見ると、「チャーミング」な・・・・・・靴も面白いではありませんか。

 

 

皆様、こんにちは、「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

今回は「工房職人の九分仕立て」(以下九分仕立て)パターンオーダーシューズをご注文

のお客様にご協力を頂きまして、ご注文とお受取りの様子をご紹介致します。

 

3月初めにパートナーの方とご一緒にお越しのお客様は、REGAL Built to order system

の靴をお持ちで新しいオーダーのご相談に当店へご来店されました。

そして「九分仕立て」のご紹介とサンプルシューズをお試しになり、この度お二人ご一緒に

ご注文を承りました。

こちらが出来上がりの靴でございます。


男性のお客様は「ロングヴァンプ」のデザインをBOXカーフとスウェードの素材コンビネー

ションでお作り頂きました。スクエアトゥの爪先形状で英国調のクラシックな印象です。


女性のお客様は「セミブローグ」のデザインをネイビーのカーフでお作り頂きました。
黒のパンツルックに合わせると青みが一段と引き立ちます。

ご一緒に並んで頂きました。
詳細な靴の仕様につきましてはご容赦を願いたいと存じますが、ネイビーのセミブローグ

には季節感や軽快感もプラスできるようにホワイトのシューレースをカスタムでご用意

いたしました。

カスタムシューレースは平紐・丸紐の2種類、カラーバリエーションも豊富にご用意して

おりますので、ソックスや靴のライニングと同系色でコーディネイトするなどお楽しみ

頂けます。

 

お二方ともハンドメイドシューズのご選択は初めてという事でしたが、製作期間も約4カ月

と楽しみにお待ち頂き、木型調整もうまくいきました。なによりも靴と足との一体感は

今までにない着用感という事でいたく感動して頂きました。

これから修理を含めて末永くご愛用頂ければと存じます。
撮影へのご協力、誠にありがとうございました。

 

「工房職人の九分仕立て」パターンオーダーシューズ
基本価格
紳士:¥129,600(税込)~。
婦人:¥113,400(税込)~。
※オプション価格や製作期間につきましては当ホームページの「オーダーシューズ」でも

ご紹介しておりますのでぜひご覧ください。


※7月1日より、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中で、入荷終了に伴いサイズ・在庫が

少量となりました商品を割引価格にて販売いたします。色・サイズ・足数には限りが

ございますが、ご購入を検討されていた商品がその対象になっている場合もございます

ので、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は3日、10日、24日、31日がお休みとなります。
(なお、7月17日(月)は祝日の為通常営業致します。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
今は梅雨の時期ですが、今年は晴れの日が多い日々が続いております。皆様、いかが

お過ごしでしょうか。

 

さて、お店では、春に開催いたしました「‘17年春Last#50Specialパターンオーダー会」

の靴が仕上がってきまして、出来上がりを楽しみにされていたお客様が続々にご来店

下さっています。
本日は、拘りが詰まった靴の中からいくつかをご紹介させていただきたいと思います。

 

●トップ画像の靴 
◎甲革/色:タンドカーフ・仏(ダークブラウン)×手もみ革・国産(ダークブラウン)
◎細革/鳩目:リバースウエルトタイプ/表鳩目(アンティークゴールド)
◎オプション : 甲革コンビネーション、リバースウエルト式製法
◎価格 : ¥64,800(税込)


◎甲革/色 : タンドカーフ・仏(ブラウン)
◎細革/鳩目 : ストームタイプ/表鳩目(アンティークゴールド)
◎価格 : ¥58,320(税込)


◎甲革/色 : スエード・英(ベージュ)×タンドキップ・国産(ブラウン)
◎細革/鳩目 : ギザスリットタイプ/表鳩目(アンティークゴールド)
◎オプション : 甲革コンビネーション
◎価格 : ¥54,000(税込)


◎甲革/色 : ボックスカーフ・独(ブラック)
◎細革/鳩目 : 平タイプ/裏鳩目
◎価格 : ¥58,320(税込)

 

◎甲革/色 : エンボスドカーフ・独(オレンジ)
◎細革/鳩目 : リバースウエルトタイプ/表鳩目(アンティークゴールド)
◎オプション : リバースウエルト式製法
◎価格 : ¥60,480(税込)


◎甲革/色 : アニリンカーフ・仏(ネイビー)
◎細革/鳩目 : リバースウエルトタイプ/表鳩目(ブラック)
◎オプション : リバースウエルト式製法
◎価格 : ¥60,480(税込)


◎甲革/色 : アニリンカーフ・仏(ネイビー)/スエード・英(ブラック)
◎細革/鳩目 : 平タイプ/表鳩目(ブラック)
◎オプション : 甲革コンビネーション
◎価格 : ¥60,480(税込)


◎甲革/色: 撥水キップ・国産(ブラック)/スコッチ型押しキップ・国産(ネイビー)
◎細革/鳩目 : リバースウエルトタイプ/表鳩目(アンティークゴールド)
◎オプション : 甲革コンビネーション、リバースウエルト式製法
◎価格 : ¥58,320(税込)


いかがでしょうか! なかなか魅力的な出来栄えの靴がたくさんあったので、お選び

いただいた甲革と仕様のみ掲載させていただきました。


どの靴もお客様の拘りの仕様になっており、既成靴では見られない逸品に仕上がって

おります。特に「Last#50Specialパターンオーダ-会」は、2種類の製法、細革タイプ、

鳩目タイプと他のオーダー会では選択出来ない仕様がお選びいただけますので、そんな

所もお客様に支持頂いているのだと感じています。

 

「Last#50Specialパターンオーダ-会」は、REGAL TOKYOのみで開催しているオーダー

会で、今回で10回目の開催となり、会を増すごとにオーダー会のファンが増えている事を

感じております。

オーダー会を楽しみにご来店下さるお客様には、とても感謝しております。


今後も、お客様に楽しんで頂けるよう担当者と話し合っていきます。

こんな靴は出来ないの?こんな仕様は出来ないの?など、ご要望がありましたら、お気軽

にスタッフへお話し下さいませ。 なお、次回の「Last#50Specialパターンオーダー会」

は、2017年秋を予定しております。

 
では、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は26日、7月は3日、10日、24日、31日がお休みです。
(なお、7月17日(月)は祝日の為通常営業致します。)


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

工房の佐々木です。
関東は梅雨入りしましたがなぜか晴れの日が多いですね。雨の日用の靴はまだ少ないので

履く靴にいつも悩みます。
今回はビスポークのお客様の靴を紹介します。

 

まずは女性のお客様のブーツです。
甲革はフランス DU PUY社のダークブラウン、内羽根の15センチ丈ブーツです。
クラシックな雰囲気なので靴ひもも太めの平紐にしました。

 

次も女性のお客様の靴です。


甲革はDU PUY社のダークブラウンのスエードとイギリスのPEBODY社のカーフです。

羽根にチューリップのメダリオンを入れました。つま先のメダリオンも小さいものにして

全体をかわいらしい雰囲気にしました。
柔らかい靴をお望みでしたので、より底の返りを良くするため製法もマッケイ製法に

しました。底面は赤を差し色にし、革底の良さは残し、少しでも滑らないように化粧は

ゴムにしました。


 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

先週東京は梅雨入りが発表されましたが、比較的天候に恵まれている日が続いています。


雨が続く季節は憂鬱ですが、私は「雨にまつわる音楽」が好きで、休日に自分の時間が

持てるとそういった音楽を聴きながらリラックスしています。いやな雨を楽しく過ごせる

方法を色々考えてこの時季を乗り越えて行きたいですね。

 

私は靴を楽しむ方法として「組合せ」を考えるようにしています。
素材や木型といった靴の要素を楽しみながら、小物等との組合せでより靴を楽しめる

ような気がします。

靴:REGAL TOKYO ORIGINAL 「ウェンディ」 価格¥43,200(税込)
ベルト:REGAL TOKYO ORIGINAL ベルト 価格¥14,040(税込)
バッグ:REGAL LUGGAGE 価格¥97,200(税込)

 

お仕事でお使いになる靴のコーディネイトでは、やはり「ベルト」や「バッグ」の色合わせ

をお考えになられると思います。

「ソックス」を靴やスラックスにあわせるとコーディネイトがより洗練されますね。


靴右:REGAL TOKYO ORIGINAL 「フレッド」 価格¥56,160(税込)
靴左:REGAL TOKYO ORIGINAL 「アーサー」 価格¥44,280(税込)
ベルト:REGAL TOKYO ORIGINAL ベルト 価格¥14,040(税込)

 

一口に「茶色」のベルトといっても革の質感や色合いで様々なものがございますから、

ビジネススタイルによってはこういったコーディネイトを楽しめるのではないでしょうか。

靴:REGAL TOKYO ORIGINAL 「ニコルホワイトコレクション(ネイビー)」 

価格¥37,800(税込)
ソックス:スタッフ私物

 

カジュアルはいかがでしょうか。この季節はソックカバー等、素足感覚の履物で合わせる

方が非常に多いと思います。レギュラーソックスを合わせて色の組合せで楽しんでみたい

です。


靴:REGAL TOKYO ORIGINAL 「フィオーナ」 価格¥37,800(税込)

こちらのコーディネイトは、「白のレザースニーカー」・「赤のソックス」・「インディゴ

ブルーのデニム」という、夏の定番カラーである「トリコロール」をアイテムの組合せで表現

しました。また、お持ちの洋服に使われている色柄を分解して、靴やソックスと洋服の色

遣いで組み合わせても面白いですね。


今回は靴を中心とした組み合わせをご紹介いたしましたが、こういったバッグの中身に

統一感やアクセントになる小物でまとめてみてもちょっとした事が面白くなって参ります。
ぜひ、皆様のイメージされた「組合せ」でREGAL TOKYOへお立ち寄り下さい。
それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は19日、26日、7月は3日、10日、24日、31日がお休みです。
(なお、7月17日(月)は祝日の為通常営業致します。)

 

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

とうとう今週、関東も「梅雨」入りとなり、こまめな天気予報の確認が必要な時期と

なりました。


普段革底をご愛用の方も、これからの季節は、ラバーソールの靴が活躍する時期となり、

先日はGORE-TEX®ファブリクス搭載の靴「ウォルター」をご紹介いたしました。
その他にもREGAL TOKYO ORIGINALの中では、ラバーソールのシリーズがございます。

本日は、ラバーソール仕様の中から、昨年秋にデビューしましたREGAL TOKYO ORIGINAL 「ジョージ」シリーズをご紹介したいと思います。 


この「ジョージ」シリーズの特徴の一つが甲革に使っている手もみ革の素材です。

この革は、弊店のパターンオーダー会では定番の甲革で、沢山のお客様にお選び頂いて

いる好評の素材です。カラーは、ブラックとダークブラウンの2色です。


細かな型押しのシボが特徴の手もみ革は、その名の通り職人が革を揉んで作られた国産の

素材です。やや厚みがある甲革ですが、革を揉んである事で足馴染みがよくて、お手入れ

をしてみるとクリームが浸透して鏡面仕上げもしやすい革です。


そして、CFステッド社(英)のスエードもお選びになれます。カラーは、ダークブラウン

のみです。

スエードは、ビフォアケアに撥水スプレーをしっかりかけておくと、雨をよく弾きます

ので、雨用の靴としてもおすすめ出来ます。私もスエードのチャッカーブーツを雨用の靴

として愛用しております。


底材は、ラバーソールの中で代名詞とも言えるダイナイトソールです。

そしてダブルソールの厚底仕様なので、雨中の歩行時にも水たまりやゲリラ豪雨の強い雨

の時に安心ではないでしょうか。

ダイナイトソールは、地面からの突き上げ感を足裏に感じると言われる事がありますが、

ダブルソール仕様ですので突き上げ感もやわらぐ感じです。


「ジョージ」シリーズには、チャッカーとサイドゴアのブーツデザインがございます。
秋冬にお履きになるデザインとしてお選びになる方が多いブーツデザインですが、足首

まで隠れますので、梅雨時期は水しぶきから守ってくれると思います。

 

「クールビズ」という言葉も定着して、5月位から暑さが増して、お客様のお仕事スタイル

が変化していきます。街を歩いている方を見ていると年々、スーツスタイルの期間が短く

なっている様にも感じています。そんな中、ジャケットスタイルにもカジュアルスタイル

にも似合う「ジョージ」シリーズは、いかがでしょうか。

私は「ジョージ」シリーズの中でスエードのダブルモンクストラップが、一番好きな靴

です。悩んでいるお客様には、つい好みの靴をおススメしたくなりますね。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


●今回ご紹介の REGAL TOKYO ORIGINAL 「ジョージ」
・甲革・色 : 手もみ革(国産)  ブラック、ダークブラウン
        スエード(英)   ダークブラウン(サイドゴアブーツを除く)
・サイズ : 23.5~27.0cm
・修理 : オールソール、ヒール替え
・価格 : ダブルモンクストラップ、Uチップ    ¥43,200(税込) 

      チャッカーブーツ、サイドゴアブーツ ¥45,360(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

私が当Reportを担当してその回数も多くなりましたが、ご案内した商品についてのお問い

合わせや、写真掲載の商品を見に来て下さる等、反響の多さにますますお客様に鮮度ある

情報をご案内したいと改めて感じております。
そこで今回は、店頭でのお話しでお客様の反響が大きい「ブラシ」の使い分けについて取り

上げます。

 

よくお手入れのお話しでお客様からご納得頂けるのが「ブラシの種類」でございますが、

日頃のお手入れに使用するブラシは2つを使い分けます。


REGAL ホースヘアブラシ(大)¥3,780(税込)

 

まず、ホコリ落としで使用するのは馬毛ブラシです。

特徴は「毛足が細く長め」・「コシが柔らかい」・「ブラシの毛束が密集している」といった

点です。 「毛足が細長い」事で、底のコバ廻りや甲革の縫い合わせ部分に毛先が入り、

且つホコリを絡め落とします。

クリーム用のブラシと使い分ける理由の一つに、ホコリを落としたブラシの中に万が一

砂利等が残っていた場合、甲革にクリームを浸透させるブラシ掛けの際にキズを付けて

しまうのを防ぐ為でもあります。

「毛束が密集し、コシがやわらかい」ので、ブラッシングの際に力を入れ過ぎてしまっても

甲革にキズが付きにくいので安心です。ご紹介のホースヘアブラシ(大)はその大きさで

靴のホコリをザッと払い落し易いので、お店でも使用しております。

個人的には「メガホース」と呼んだりもしております。

REGAL シューブラシ¥972(税込)

 

クリームを馴染ませるブラシは「豚毛」のブラシです。
豚毛は「毛足は短め」・「コシがしっかりしている」・「毛束に均等に間隔がある」等の特徴が

あります。

「毛足が短く、コシがある」事で、甲革に薄く均等に塗り伸ばしたクリームを吸収させる事

が出来ます。また、「毛束の間隔が均等」なのでコシのある毛足がしなり、甲革の余分な

クリームを弾き、甲革のひび割れ防止効果の一つとなります。

素早く小刻みにブラシを掛けていくのがコツでしょうか。牛の表甲革にはこのような

ブラシの使い分けが効果的なお手入れのひとつでございます。

 

なお、コードヴァン素材に使用するクリームを馴染ませるブラシですが、コードヴァンの

お手入れはクリームを革に押し入れ、その表面を均していく事で独特の光沢感が生まれる

為、豚毛のブラシで擦り過ぎると刷毛目が残ったり、かえってクリームを飛ばしてしまい

毛羽立ちを招く恐れがありますので、クリーム用のブラシも馬毛の使用で小刻み且つ

ソフトにブラッシングする事をお勧めします。

私自身、「ブラシの使い方がわかってくると、お手入れの仕上がりもグッと良くなる」と

過去に教わった記憶もございます。今日ご紹介した代表的なブラシの他にも、素材や用途

に対応したものが店頭に並んでおります。間もなく梅雨の季節も近づき、お手入れの機会

も増えて参りますのでぜひご相談下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は5日、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

心地の良い日差しと爽やかな風が気持ち良くてこの時期に街を歩いていると「もう少し、

こんな春の陽気が続くといいなぁ」と、毎年よくつぶやいていますが、今週から天気が

変わり、夏を思わせるような日差しと湿気を感じるようになってきました。
来週には6月になり、6月と言えば「梅雨」になります。

「雨用の靴を探しているのですが・・・」と、お越し下さるお客様が増えてきて、

「また、嫌な季節がやってきたなぁ」なんて思っている靴好きの方も多いのではないで

しょうか。

 

本日は、REGAL TOKYO ORIGINALの中から、雨の日でも快適にお履きいただける

GORE-TEX®ファブリクス搭載の靴「ウォルター」をご紹介したいと思います。

 

この靴は、デビューして2年程になり、ご愛用いただいている方も多くいらっしゃいます。

私もそうなのですが、革底をご愛用の方にとって、ラバーソールの靴、雨用に履く靴は、

二の次になりがちではないでしょうか。

でも、ここの所、天候の急変や豪雨など、手持ちの靴では耐えられない程の天候が年々

増えている様に感じます。そうなってくると、このGORE-TEX®ファブリクス搭載の靴の

本領発揮!出番となります。


まず、GORE-TEX®ファブリクスってどんなもの? 靴の中にどのように搭載されている

のか?

「ウォルター」ではGORE-TEX®ファブリクスが靴下のような形状で、足を包み込む

ように靴の中に組み込まれております。GORE-TEX®ファブリクスは、水を侵入させず、

汗の水蒸気を発散させる機能を持っています。ですから、激しい雨が降る日でも靴の中に

浸み込んでくることなく、汗ばむ靴の中の湿気が残りにくくなっています。


また、甲革には、撥水加工を施したウォータープルーフレザーを使用しており、底材

には、濡れた路面でもグリップ性を発揮するラバーソール仕様となっています。

私がこの靴を初めて履いた時の印象は、足当たりの柔らかさを感じる甲革と、店内でも

「キュ、キュ」とグリップ性を感じる靴底で馴染みの良さそうなラバーソールと、好印象

でした。


デザインは、ビジネス用に、冠婚葬祭にも最適なストレートチップ、そして脱ぎ履き

しやすさを考慮したダブルモンクの2デザインございます。カラーは、ブラックのみです。

つま先がシャープなデザインは、好みが判れると思いますが、雨の日に安心して快適に

お出かけいただけますので、雨の日用の靴をお探しの方におススメです。

そして、数足で履きまわしていて、もう1足とお考えの方には、晴れの日から雨の日でも

快適なこの靴をぜひご検討下さいませ。

そして、雨から靴を守るメンテナンスとして必需品となるウォータープルーフスプレ-

は、お揃いでしょうか。

この梅雨時期は、甲革に汚れもたまりますので、さっと吹きかけておくだけで、万が一の

シミ予防に、汚れの付着にも効果があります。以前、お食事の時にこぼれた物が靴に

かかって、シミになったというお客様がいらっしゃいました。ワインやコーヒー、油系の

物にも撥水効果を発揮しますので、日頃からひとかけしておくと、いざという時に助かり

ます。

 

ご紹介したGORE-TEX®ファブリクス搭載モデル「ウォルター」のメンテナンスは、甲革

に撥水加工を施してありますが、永くご愛用いただくと経年的に効果が薄くなってきます

ので、日頃からウォータープルーフスプレ-かけておきますと、より永く撥水効果が持続

できます。そして、革の保革には、乳化性クリームをお使い下さい。

 

今回はREGAL TOKYO ORIGINALの中でGORE-TEX®ファブリクス搭載モデル

「ウォルター」をご紹介しましたが、他にも雨の日用におススメしたい靴、ラバーソール

の靴がございます。そちらは、またの機会にご紹介いたします。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


●今回ご紹介の REGAL TOKYO ORIGINAL 「ウォルター」
・甲革・色 : ウォータープルーフレザー(国産)  ブラックのみ
・サイズ : 23.5~27.0cm
・修理 : オールソール、ヒール替え (*ゴアテックス®ファブリクスの機能保証は

なくなりますが、 一回のオールソール修理が可能です)
・価格 : ¥37,800(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は29日、6月は、5日、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

近頃は天侯が不安定で、毎日の服装選び、靴選びに時間が掛かる日々が続いております。
お仕事帰りにご来店されるお客様のスタイルを拝見し、休日にご来店下さるお客様のお話

をお伺いすると、クールビズスタイルへの切り替えが進み、実際にお探しの靴もその傾向

が感じられます。
そこで今回は、季節柄注目されるローファーをご紹介致します。


REGAL TOKYO ORIGINALローファー「ウェンディ」
甲革:牛革(国産)
底材:革底+REGAL TOKYOオリジナル耐久ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥43,200(税込)

 

まずはREGAL TOKYOのスタンダードなローファーである「ウェンディ」です。
以前から当Reportでのご紹介で一番お問い合わせの多いローファーで、ドレスタイプと

言っても良い雰囲気は、デザインは勿論の事5色展開のラインナップで様々な着こなしに

対応出来ます。


5色それぞれに、同系色のベルトをご用意しておりますので、特にワインやネイビーを

お選び頂く際にもベルトとのコーディネイトはバッチリですね。


REGAL TOKYO ORIGINALローファー「ウェンディ」(シュリンクレザー)
甲革:牛革ソフトシュリンク(国産)
底材:革底+REGAL TOKYOオリジナル耐久ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥41,040(税込)

 

スタンダードな「ウェンディ」を素足感覚でより季節感を印象付けるグループです。
足当たりの柔らかいライニングと屈曲しやすい柔らかめの革底となっております。

ネイビーを2足並べてみました。左は箱から出した状態ですが、右はネイビーのクリームを

入れて磨きました。クリームの乗りが良い革質なので、磨きごたえがあります。

着用感だけでなくお手入れも楽しめる一足になりそうですね。

REGAL TOKYO ORIGINAL「ニコルローファー」
甲革:牛革オイルレザー(米)
底材:リッジウェイソール
製法:リバースウエルト式製法
価格:¥41,040(税込)

 

REGAL TOKYOのオリジナルシューズでは、その指名率がトップに上がるスタンダード

「ニコル」シリーズのローファーモデルは最も個性的な一足に仕上がっております。

水が浸入しにくい「リバースウエルト式製法」とリッジウェイソールというハードな組合せ

を際立たせる為にアメリカ製のオイルレザーを取り入れた事で迫力のあるローファーが

出来上がりました。ハードユースにもへこたれない安心感もあります。


皆様のお目に止まったローファーはございましたか?
季節が進み、気温の上昇にあわせてファッションのコーディネイトもより軽装となって

まいります。ドレス、カジュアル、ワークと様々な種類のローファーをご自身のお好みに

あわせて活用してみてはいかがでしょうか。ぜひ、お気に入りの一足をREGAL TOKYOで

見つけて下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は22日、29日がお休みです。
6月は5日、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss