飾り穴について

November 07 2008

こんにちは、工房の佐々木です。


革に小さな穴を開けて靴を装飾する『飾り穴』というものがあります。大・中・小の丸穴を組み合わせると、いろいろ雰囲気の違う靴が出来上がります。組み合わせだけでなく、穴と穴の間隔、穴と糸の間隔を少し変えるだけで靴全体の雰囲気が違ってきます。


靴の大きさや出来上がりのイメージ、お客様の好みに合わせて担当者と細かい設定を決めます。それぞれ好みが違うのでいろいろなアイディアを持ち寄って『こちらの方がきれいに見える』、『こっちの方が良い』など意見をぶつけ合いながら仕様を決めることもあります。


 

20081107-2.jpg

 穴の大きさや間隔の設定を細かくしても、ミシンでまた変わってきます。  私は安定してミシンをかけられる設定が好きですが、限りなく穴の近くにかけるようにと担当者から指示されることもあります。そうなると攻める気持ちが大切になってきます。攻めすぎると針が穴に落ちてしまいますし、逃げるとバランスの悪いものが出来上がります。ミシンの最後の一針を縫い終わるまで気が抜けません。



 

20081107-3.jpg 最近、お客様と担当者と話し合って作ったお気に入りのバランスの飾り穴があります。出来上がってお客様に納めたときは本当に嬉しかったです。これからも、お客様の要望を出来るだけ取り入れながら、満足していただけるような靴を作っていきたいと思っています。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber