皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

今回は、定期的にお客様からお電話や直接ご来店いただき、お問い合わせいただく商品「サドルシューズ」をご紹介いたします。REGAL TOKYOで常時ご提案しているサドルシューズは現在2種類ございます。まずは皆様のイメージに合わせてご注文を承っている「REGAL Built to order system」(以下BOS)のサドルシューズです。

●BOS サドルシューズ(組合せの一例)
甲革:アニリンカーフ・WINE(仏)/ベジタブルタンドカーフ・BR(仏)

製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥60,480(税込)
※基本価格¥58,320(税込)+ オプション価格(甲革コンビネーション)¥2,160(税込)
※選択する甲革や底材・ヒールの仕様で合計金額が異なります。


サドルシューズの始まりは19世紀終わりのイギリスとされていますが、後にアメリカへ伝わった時に新たな解釈が加わり、若々しくスポーティーな印象のサドルシューズとして広まっていったようです。BOSでお作り頂くサドルシューズの特徴ですが、鳩目は表鳩目でシルバーの鳩目がついております。そして、底廻りは丸コバで優しげな印象に仕上げております。

 

 

それに対してREGAL TOKYO ORIGINALで展開しているサドルシューズはこのような趣きです。

●REGAL TOKYO ORIGINAL W15R DC
甲革:牛・手もみ革(国産)×牛革(国産)
展開色:B/SCB、DBR/SCDR
底材:革底+REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥46,440(税込)

同色・同素材や同色・異素材での組合せが多いイギリス式サドルシューズがベースにあるため、ジャケットやスラックス、またはダークスーツのはずし技として活用しやすいようにシンプルながら上品なサドルシューズをイメージしています。W15R DCの特徴は鳩目を裏鳩目とし、底廻りは両爪(付き)の平コバ

にする事でスポーティーな印象を抑え、さりげない「大人なサドルシューズ」に仕上げました。

 

 

「プレーントウ」、「ロングウイングチップ」、そして「サドルシューズ」という個人的にはREGALの三大アイコンと思っていますが、革の組合せを考えたり装いのコーディネートを悩んだりと様々な楽しみを与えてくれるのが「サドルシューズ」ではないでしょうか。お持ちのビジネスシューズにプラスして種類を増やそうとお考えの方や、プライベートで個性を発揮する靴をご検討されている方に、ぜひ「サドルシューズ」をお勧め致します。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。12月の日程は、12月23日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
12月24日(月)は祝日の為通常営業致します。

年末年始営業日のお知らせ
年内最終営業日 12月30日(日)11:00~20:00
年末年始休業日 12月31日(月)、2019年1月1日(火)、1月2日(水)
2019年は1月3日(木)より通常営業となります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber