皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
先週のREGAL TOKYO REPORTより、皆様お待ちかねの春の「パターンオーダー会」のご案内を始めました。詳しい情報は当ブログにて順次ご紹介して参りますので楽しみにお待ち下さい。

 

タイトルの 「底材にまつわるエピソード」は、以前ラバーソール編をご紹介させていただきましたが、レザーソールの靴を使用中のお客様からのご相談がありましたので、今回「レザーソール編」をご紹介したいと思います。

 

そのお客様は、通気性やしなやかな屈曲性を気に入って、レザーソールの靴をご愛用されていますが、レザーソールで「一つだけ解消されるといいな」と思っている事があるそうです。現在、ご愛用のレザーソールはいずれもシングルソールをお履きになっていて、地面からの突き上げを感じやすいのが唯一の悩みというご相談でした。今回は、お仕事用の靴をご検討されているそうなので、突き上げを感じにくい「ハーフミッドソール」仕様の靴をご提案させていただきました。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 
(写真左より)
【W04R DE ストレートチップ・B】
【W05R DE ウイングチップ(外羽根式)・B・DBR・BRS】
【W06R DE シングルモンク・B・DBR】
【W07R DE ダブルモンク・B・DBR・DBRS】
・色/甲革:B/アニリンカーフ(仏)、DBR/タンドカーフ(仏)、BRS・DBRS/スウェード(英)
・製法:グッドイヤーウエルト式製法
・底材+ヒール:革底(ハーフミッドソール)+REGAL TOKYO ORIGINAL 耐久化粧ヒール
・価格:¥48,600(税込)

屈曲する部分から爪先にかけて厚みを持たせ、足を踏み込んだ際の衝撃を緩和すると同時に、脚力が強い方や体格ががっしりしていらっしゃる方には、底材の消耗を抑える効果も期待出来るのが「ハーフミッドソール」のメリットです。ハーフミッドソールは、底に厚みを持たせていてもエレガントな印象を保つ事が出来ますし、デザインや甲革素材も幅広く展開しておりますのでお好みのコーディネイトに合わせてお選び頂けます。

●「REGAL Built to order system」(以下BOS)ハーフミッドソール仕様
・オプション価格:¥1,080(税込)

 

また、ご好評を頂いております「BOS」パターンオーダーシューズでも「ハーフミッドソール」をお選びいただく事が出来ます。底材は「レザーソール」、「ラバーコンポジットソール」、「ダイナイトソール」の中から選択が可能でございます。なお、「スリップオン3種類」、「アメリカンタイプ2種類」、「サドルシューズ」のデザインには組み合わせる事が出来ませんので予めご了承下さい。

ハーフミッドソールは、シングルソールに比べ屈曲部に厚みを持たせているので、今回ご相談いただいたお客様へは、爪先の過度なすり減りを防ぐ為に、また踵の収まりを良くするためにも、履き始めは意識して屈曲する事をお勧め致しました。

 

「靴が馴染んでくる」という表現がございますが、甲革の柔軟性や中底の沈みとあわせて「しっかりとした屈曲」も靴が馴染む要因の一つではないでしょうか。お客様のちょっとしたお悩みでもご一緒に考え、履き心地の良い靴をご提案させて頂けるよう努めてまいりますので、いつでも店頭でご相談下さいませ。

 

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。2月の日程は、2月24日(日)を予定しております

※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】

月曜日が定休日となっております。
2月は4日、25日が定休日となります。
※2月11日(月)は祝日の為通常営業致します。
また、2月18日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。