『黒の拘り』

March 01 2019

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


2019年春のパターンオーダー会第一弾「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会が終了いたしました。今回は、当店のREPORTや直接お問い合わせを頂き、通常時は定休日の月曜日にも多くのお客様にご来店いただきました。期間中にご来店のお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。出来上がりを楽しみにお待ちくださいませ。

 

そして3月15日(金)~3月24日(日)は第二弾「REGAL Built to order system」パターンオーダー会を開催いたします。これからの季節に相応しい注目素材をご用意しておりますので、ぜひご期待下さい。 

 

これからの季節は様々な「セレモニー」に合わせた靴をご検討のお客様が多くなります。「儀式・式典」を意味する言葉ですが、REGAL TOKYOではその足元に相応しい代表的な2種類のモデルをご用意しております。

●REGAL TOKYO ORIGINAL プレーントウ(内羽根式) 【W14R DC】
展開色:ブラック
素材:牛革(国産)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:革底(ハーフミッドソール仕様)+REGAL TOKYO ORIGINAL耐久化粧ヒール
価格:¥46,440(税込)

 

デザインは「プレーントウ内羽根式」、甲革素材は、革表面を職人がメノウ石等をガラス玉状にした道具で摩擦を掛ける事によりでる艶やかな仕上げが特徴のグレージングキップの黒、またライニング・ソールステインを黒で統一することにより格調高いドレスシューズに仕上げました。ミッドナイトブルーのスーツにこの靴を合わせて、ワンランク上のコーディネイトはいかがでしょうか!?

●REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ(内羽根式) 【W985 EB】
展開色:ブラック
素材:牛革(仏)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:革底(栃木レザーベンズ仕様)+REGAL TOKYO ORIGINAL耐久化粧ヒール
価格:¥56,160(税込)

 

REGAL TOKYO ORIGINALを象徴するこちらのモデルは、まさに黒のストレートチップの基本を表現していると言ってよいでしょう。REGAL TOKYO REPORTのバックナンバーではその拘りについて詳細をご紹介しておりますのでご覧ください。伝統的でノーズを抑えた木型やコンパクトなキャップトウの大きさは幅広い年齢層の方から支持されており、永くお付き合い頂ける一足です。

REGAL TOKYOの色といえば、「パープル」を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今回ご紹介します2種類のモデルは展開色やライニングカラーは勿論の事、ソールステインカラーも黒単色(W14R DC)と黒・ベージュのコンビカラー(W985 EB)といった違いはありますが徹底的に「黒」に拘りました。

節目の季節でもある「3月」、そして新しい年度が始まる「4月」。春の訪れとともに靴の着用においても日常とは違う様々な機会が増えて参ります。「拘りぬいた黒の一足」をお客様の足元にいかがでしょうか。ぜひ、REGAL TOKYOの店頭でご覧下さい。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。3月の日程は、3月31日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
3月は4日、11日、25日が定休日となります。
※3月18日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber