こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
梅雨入りして、雨が好きではない私にとって憂鬱な時期です。気温の差が大きく、天候の移り変わりも激しいこの時期は、天気予報を見る事が欠かせません。そんな時期ですが、天気の良い日には、お気に入りの靴でお出掛けしたいですね。

 

本日は、今年で7年目となった愛用しているコードヴァンの靴をご紹介させていただきます。甲革の中でも希少性の高いコードヴァンは、独特な艶感がとても魅力的です。7年前の私は、いつか履きたいと思っていました。もしコードヴァンの靴を履くなら、一生ものと永く愛用して、少しずつ革を馴染ませながら履き続けていこうと考えておりました。

 

REGAL TOKYOで働くようになり、棚に飾ってあるコードヴァンの靴を毎日見ていると、ますます履いてみたくなりました。色々と思案を重ねて、よりフィットした履き心地を求めて、製造工程の9割を手作業で作り込む九分仕立てパターンオーダーで作る事に決めました。

 

 


上の写真が、出来上がり時の靴です。コードヴァンのカラーは、ブラック、ワイン、タン、ネイビー、カーキの5色から選べるのですが、悩んだ末に、ブラウン系の色目が好きな事、永く履きこむ程に革の経年変化が楽しめる事からタンに決めました。靴の仕様も色々悩み、デザインは、つま先メダリオン無しのショートウイングチップを選び、底仕様は、ハーフミッドソールの革底に決めました。思い返すと、この靴で初めてハーフミッドソールを履いてみたのですが、路面の凸凹を感じにくく、しっかりとした靴底の感覚があるところが好きになり、今では外羽根式のデザインでオーダーするときは、ハーフミッドソールを必ず選ぶようになりました。 

 

 


上の写真が、先日メンテナンスした後の靴です。コードヴァン特有の艶が増し、色は赤味が強くなり、私が目指していた革の雰囲気になってきました。出来上がり時の写真と比べると、革の色味と艶が、随分変わったと改めて感じました。

 

 


上の写真は、ランチに出かけるときに、道の標識が銀座らしくモダンでしたのでブログ用の写真にと撮りました。太陽の光にあたるとよりコードヴァン特有の艶感が映えますね。


この靴を履いていていると、包まれるような履き心地がとても気持ち良く、念願のコードヴァンシューズを九分仕立てパターンオーダーで作って良かったと改めて実感しています。これからもメンテナンスとお手入れをしながら永く履いていこうと思っています。この靴は、お店で履くことが多いので革底の減りも少ないですが、ヒール部分がそろそろ替え時になってきましたので、梅雨で履く機会が減るこのタイミングで、修理に出そうと思っています。 


梅雨時期は、革底の靴を履く機会が少なくなりますので、修理などメンテナンスをするいいタイミングではないでしょうか!?お手入れや修理について、お気軽にご相談下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。6月は、6月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。  6月は、24日がお休みです。
7月は、1日、8日、22日、29日がお休みです。
7月15日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber