こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

ビジネス用に揃える最初の1足に、ブラックの革靴を選ぶ方が多いと思います。当店でもブラックの革靴をお探しに来店される方が多いのですが、年々ブラウン系の靴をお探しの方が増えていると感じております。冒頭の写真は、REGAL TOKYOで取り扱っているブラウン系の靴をいくつか集めた写真です。革の色味や艶感、質感などそれぞれ特徴があります。本日は、その中から革底モデルを4点ご紹介いたします。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W11R ブラウン】
・底仕様:レザーソール(ダブル/栃木レザー製) + REGAL TOKYO耐久化粧
・サイズ:23.0~27.0cm
・価格  :¥99,360(税込)

 

最初にご紹介するのは、コードヴァンモデルです。コードヴァンは馬の臀部から採れる革で、1頭の馬から採れるのはごくわずかな為、とても希少性のある革です。REGALで採用しているコードヴァンは、水染め仕上げという透明感が高いコードヴァンの為、更に希少性の高い革です。冒頭の写真の様に靴を並べてみるとコードヴァンの靴は、醸し出す独特な艶で重厚感があると感じます。お手入れを施す度に透明感のある艶が増していきます。このモデルは、つま先を内側に振ったラウンド木型で、履いてみると踏まず部分が程よくフィットし、甲周りから踵にかけて足を包み込むような履き心地です。

 

 

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W987 ブラウン】
・底仕様:レザーソール(栃木レザー製)+REGAL TOKYO耐久化粧
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥56,160(税込)

 

次に仏製のカーフ素材のモデルです。コードヴァンとは違いますが、カーフの中でも透明感のある艶が特徴の甲革です。REGALで外羽根ウイングチップと言うと、つま先がラウンドトウでダブルソールのロングウイングチップが思い浮かびますが、このモデルはギザ無し仕様のショートウイングチップで、すっきりスマートに見えて品のあるデザインです。九分仕立てパターンオーダーの木型をレディ・メイドに落としこんだモデルで、REGAL TOKYOで取り扱っているモデルの中では細身の木型になり、クラシックな雰囲気を醸し出している1足です。

 

 

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W06R ダークブラウン】
・底仕様:レザーソール(伏せ溝) + REGAL TOKYO耐久化粧
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥48,600(税込)

 

次も仏製のカーフ素材のモデルです。つま先とかかと周りにアンティーク仕上げを施したしなやかなカーフ素材です。 お手入れを施しながら永く履いていくと、革の経年変化で革特有の味がでてきます。お手入れがお好きな方には、好みの仕上げ具合を楽しめるのではないでしょうか。REGAL TOKYOでお取り扱いしているモデルの中で唯一のスクエアトウのつま先は、ややノーズが長い木型なのですが、長さを感じない程よいバランスで仕立てられています。このシリーズには、ダブルモンクストラップもあるのですが、個人的には、親子穴のあるシングルモンクのデザインの方が気に入っています。

 

 

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W938 ダークブラウン】
・底仕様:レザーソール(爪先ゴム) + REGAL TOKYO耐久化粧
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥41,040(税込)

 

最後に伊製のカーフ素材のモデルです。このモデルは、工場でつま先にアンティーク仕上げを施していますが、全体的には必要最低限の仕上げに留めています。甲革は最初淡い感じでマットな雰囲気ですが、お手入れをするとクリームが浸透して色味と艶感が深みを増していきます。お手入れ好きの方におススメの1足です。履いてみると甲革の柔らかさと帰りの良さが際立ち、足馴染みの良さを感じます。底仕様はつま先ゴムとREGAL TOKYO耐久化粧を採用しているのでローテーションの1足として実用的なモデルです。

 

 

少し長くなってしまいましたが、それぞれのモデルは、コンセプトから仕様について検討を重ねてデビューしたデザイナーの拘りを込めたモデルばかりです。今回ご紹介しきれないデザインやモデルもありますので、お近くにお越しの際は、お立ち寄りになってお試し下さいませ。今週末の26日(日)は、終日職人がいる「職人の日」です。オーダーのご相談や靴談義などお相手をさせていただきますので、お気軽にお立ち寄り下さい。皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。5月は、5月26日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
5月は、27日がお休みです。6月は、3日、10日、17日、24日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。

ゴールデンウィーク中にご来店いただいたお客様にお伺いすると、10連休の方が多かったようです。当REPORTも1回お休みをいただきました。そして、5月1日に元号が『令和』となり、また時代が変わっていくんだと感慨深くなりました。REGAL TOKYOも今年で15年目となり、これからも時代と共に歩んでいければと思います。

 

さて、日中上着がいらないくらい温かくなり、春の心地よい風と日差しが感じられるようになりました。梅雨までの短い期間ですが、お気に入りの靴で出かけたいですね。 ゴールデンウィーク頃になると、スリッポン系の靴をお探しの方が増えてきます。今週になってからは「クールビズに合わせて、靴を見に来ました。」という方もいらっしゃいました。本日は、そんなクールビズスタイルに合わせ、軽やかな足元におススメのREGAL TOKYO ORIGINALのローファーをご紹介したいと思います。

 


●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W17R ローファー】
・甲革:カーフ(仏)
・色:ブラック、ダークブラウン、ブラウン
・底仕様:レザーソール(伏せ縫い仕上げ)+REGAL TOKYO 耐久化粧
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥48,600(税込)

 

 

このローファーは、昨年春のデビューから1年が経ちました。REGAL TOKYO ORIGINALでは、いくつかローファーモデルがありますが、その中でもつま先がスマートでドレッシーな印象のモデルです。ローファーデザインは、サドルの形状が特徴の一つとなりますが、この靴は、サドルの端が長めの「フルサドル」タイプのローファーです。ダークブラウンとブラウンは、パターンオーダーでも定評のある仏製のベジタブルタンドカーフを採用しています。 この革は経年変化が楽しめ、履きこむ程に革の雰囲気が増してきます。 このモデルは、つま先がより際立つようにアンティーク仕上げを施してあります。

 

●左:お手入れ前  右:お手入れ後

 

上の写真右側の靴は、クリームでつま先に鏡面仕上げを少し施してみました。クリームが浸透して革の色味が変わり、艶が増して、靴の風合いが変わりました。お手入れ好き、革好きの方には、オススメの甲革です。

 


ライトグレーのウールパンツとロールアップしたチノに合わせて、履いてみました。私は、甲周りが低めなので、ローファーのサイズが合わない事が多いのですが、このモデルは、気になる箇所が少なく、程良くフィットします。靴によって、ソックスの厚さを変える事があるのですが、丁度写真のソックスを履くと、良い感じでした。これからのシーズンで、クールビズスタイルやお休み時のお出かけに合わせてみてはいかがでしょうか。今週も皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。5月は、5月26日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
5月は、13日、20日、27日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、工房の田尻です。
GWもあっという間に終わってしまった気がしております。皆様はGWは満喫できたでしょうか!?

 

さて今回のREPORTは、5月17日(金)~6月2日(日)の期間、REGAL札幌で開催する「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会(以下PO会)のご案内です。

今回のPO会では、革を贅沢に1枚仕立てで作る「ホールカット」デザインをPO会限定でご用意いたしました。シンプルなデザインの為、木型なりの美しさが一番出やすいデザインではないでしょうか。また今回のPO会でお作りいただける甲革の中では、アノネイ社(仏)のグリーンがおススメです。深みのある色味は、特別な1足をお作りするのに相応しい上品さを醸し出しています。

 

今回のPO会より、裏革では新たにカーキ色を追加、コバも5色の中からお選びいただけます。また木型についてもオプション料金なしで調整をさせていただきます。

 

期間中、限定デザインや限定素材のサンプルをご用意させていただきます。実際に手に取ってご検討されてみてはいかがでしょうか。皆様のご来店をお待ちしております。


◆REGAL札幌◆
住所   :札幌市中央区南1条西2丁目1番1 らんたんびる
TEL    :011-241-5160
営業時間:11:00-20:00

 

 

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、春のパターンオーダー会のラストとなる第三弾の「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会(以下PO会)を、本日より開催いたします。

 

製造工程の九割を工房職人がハンドメイドで丁寧に仕立てる「工房職人の九分仕立て」は、返りの良いハンドソーンウェルテッド製法やフィッティングの微調整を木型から行うやなど、最も履き心地に拘ったパターンオーダーです。既成靴にはないハンドメイドならではの1足がお作り頂けます。

先日のREPORTでご紹介しましたが、今回は、ワンピースデザインの「ホールカット」をPO会限定でお作りいただけます。ホールカットは、シンプルなデザインですが、革を贅沢に1枚仕立てで作る事によって、その革の風合いや質感の良さを一番感じられるデザインだと思います。またホールカットは、ハンドラスティングならではの木型なりの綺麗なディテールを最も出せるデザインで、ビスポークのオーダーでも要望の多いデザインです。※デザインオプション料金:¥16,200(税込)

 

今回のPO会でお作りいただける甲革の中では、特にアノネイ社(仏)のグリーンがオススメです。革靴のグリーンと言うとあまり見かけませんが、見本の靴を見ると、とっても深みのある色味で、パンツやソックスに合わせやすい色だと思いました。そして日差しが当たるとグリーンの発色が増して見える所が、この革の味や良さで、とても興味深い革です。甲革素材はこの他にも工房ストックの中から厳選して数種類を足数限定でご用意しました。

「工房職人の九分仕立て」パターンオーダーは、木型がメンズ2種類、レディス1種類ございます。メンズの1つは、流行に左右されないクラシックな木型の「272型」で、「ホールカット」はこちらの木型になります。つま先デザインをラウンドトウとスクエアトウの2タイプからお作りいただけます。

 

 

そしてメンズのもう一つは、やや細身でシャープなつま先が特徴のチゼルトウの「193型」です。「工房職人の九分仕立て」はこの木型から始まりました。ハンドラスティングならではのエッジのきいたつま先がとてもエレガントに見えて、ファンが多い木型になります。

 

 

レディスはメンズよりもややノーズが短くやや華奢な木型の「329型」です。メンズ同様に足にフィットする履き心地が堪能できます。それでは、ここで過去にお作りいただいた靴の中からいくつかご紹介させていただきます。

 

●木型:272型スクエアトウ(メンズ)  甲革:アノネイ(仏) カーキ

 

●木型:272型ラウンドトウ(メンズ) 甲革:シャラダ(伊) グレー

 

●木型:193型(メンズ) 甲革:ピボディ(伊) ワイン

 

●木型:329型(レディス) 甲革:アノネイ(仏)×ステッド(英) ネイビー×ネイビー

 

この機会に、ハンドメイドならではの作りと履き心地をご堪能いただきたいです。「工房職人の九分仕立て」PO会は、4月28日(日)まで開催しております。開催期間中の20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)は工房職人が店頭にて、お客様のお相手をさせていただきますので、靴談義を楽しみながらご注文をお楽しみくださいませ。スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。


【「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会のお知らせ】
開催期間 :2019年4月19日(金)~4月28日(日)
基本価格 : メンズ¥129,600(税込)~ 、レディス¥113,400(税込)~
お渡し予定:  2019年9月中旬~


【価格改定のお知らせ】
先日、当REPORTにて、ご案内させていただきましたが、昨今の原材料の高騰を受け、弊社商品に使用する各種原材料に関しても値上げが続いており、品質を維持しつつ内部努力のみでこれを吸収するのは困難という状況に至りました。何とぞ、ご了承のほどお願い申し上げます。2019年5月1日(水)オーダー分より「工房職人の九分仕立て」のメーカー希望小売価格を下記の通り改定させていただきます。

 

メンズ  : 旧価格 ¥129,600(税込)~ → 新価格 ¥151,200(税込)~
レディス : 旧価格 ¥113,400(税込)~ → 新価格 ¥129,600(税込)~

 

※価格改定に伴い、下記オプションが基本価格内で選択可能になります。
デザイン :Uチップ、チャッカーブーツ
甲革    :ボックスカーフ(黒)
その他  :木型調整(幅/甲部分の調整、木型を細くすることはできません。)


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月は、4月28日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
4月22日(月)は、「工房職人の九分仕立て」PO会期間中につき、通常営業いたします。
4月29日、5月6日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
5月は、13日、20日、27日がお休みです。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

『修理』

April 08 2019

工房の田沼です。
はじめに、3月にREGAL大阪ディアモールフィオレにて開催した「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」に、お忙しい中、ご来店頂きましたお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

さて、今回のREPORTは修理についてです。私達のビスポーク工房では自分達で手がけた靴(ビスポーク、九分仕立て)の修理は、自分達の手で修理させていただいております。
 

九分仕立てとビスポークシューズは、永くお履き頂くことを前提としており、素材の選定や作りにこだわり、丈夫でしなやかさのあるものを作るように心がけております。素材の中でも特に中底にこだわり、オールソール交換をしても縫い直しに耐えうる物を厳選しております。足に馴染むとお客様の足型が付いた天然のフットベットが形成されます。できうる限りその中底を変えることなくオールソール交換をするようにしております。また、アッパー部分も同様に、足に馴染んだ履き心地が変わらないように丁寧に修理するように心がけております。
 

修理で戻ってきた靴はどれも新品時には無かった皺と歴史が刻まれており、どの靴も魅力的になっています。新品の靴が出来上がったときに、この靴はどんな風に深みを増して帰ってくるのだろうといつも楽しみにしております。

 

今月は、4月28日(日)に店頭に立つ予定です。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。皆様のご来店をお待ちしております。

※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

※定休日のお知らせです。

月曜日が定休日となっております。  4月は、8日、15日がお休みです。

(4月22日(月)は、工房職人の九分仕立てオーダー会期間中につき、通常営業いたします。)

(4月29日(月)は、祝日につき、通常営業いたします。)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
今年の4月1日(月)は、定休日でしたので新元号の発表を自宅のテレビで見ていました。あと1ヶ月程で「平成」が終わり「令和」が始まる歴史の分岐なんだと感慨深く見ていました。新たな気持ちでより一層、仕事にプライベートに充実した生活をおくりたいと思います。

 

さて、REGAL TOKYOでは、完売していました「コードヴァン」素材のREGAL TOKYO オリジナルベルトが新たに入荷しましたので、ご紹介いたします。

●REGAL TOKYO オリジナルベルト
甲革  :コードヴァン
カラー :ブラック、ワイン
ベルト幅:30mm
サイズ :80cm、85cm、90cm
価格  :¥18,360(税込)

 

以前よりお客様からコードヴァンベルトの生産要望をいただいておりましたが、革の中でも希少性の高いコードヴァン素材なので、思うような革が揃わず、中々ご用意することができませんでした。今年になり、質の良い革を手配することができ、今回のご紹介に至りました。カラーは、ブラックとワインの2色、バックルは革の質感に合わせて新たに手配したものと組み合わせました。コードヴァン特有の艶としっかりとした革の質感で素晴らしい仕上がりになりました。

 

●コードヴァンシリーズ ¥99,360(税込)

 

ベルトは、靴の色と素材に合わせてお選びいただく事をオススメしています。REGAL TOKYO ORIGINALのコードヴァンシリーズのブラック、ワインとの相性は抜群です。また、コードヴァンで作ったパターンオーダーの靴にもオススメです。 

 

  
そして、4月19日(金)から春のパターンオーダー会(以下PO会)第三弾「工房職人の九分仕立て」PO会を開催いたします。今回のPO会では、「ホールカット」を限定デザインとしてお作りいただけます。(※メンズのみ)PO会用のデザイン/素材見本として、限定デザインのホールカットに、新たに用意したアノネイ社(仏)のグリーン色のカーフ素材を組み合わせて作りました。革サンプルを見た時から仕上がりが楽しみな素材でしたが、深みのあるグリーンとホールカットのデザインが相まって、格好良い仕上がりになりました。店頭に見本をご用意しておりますので実際に手に取って見て頂きたい1足です。

 

今週は肌寒い日が続いていましたが、週末は天気も良く、気温も高くなる予報です。桜もまだ咲いているようですし、お出かけ日和ではないでしょうか!? 新しい生活が始まった方もいらっしゃると思います、新しい靴、シューケア用品、修理靴など必要なものがございましたら、REGAL TOKYOへお立ち寄り頂ければ幸いです。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月は、4月28日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  4月は、8日、15日がお休みです。
(4月22日(月)は、工房職人の九分仕立てオーダー会期間中につき、通常営業いたします。)
(4月29日(月)は、祝日につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

『軽やかな足元』

March 29 2019

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


2019年春のパターンオーダー会第二弾「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会(以下PO会)が終了いたしました。ご注文をしていただきましたお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。ご注文品の出来上がりを楽しみにお待ち下さい。

 

そして4月19日(金)~4月28日(日)は春のPO会のラストを飾る第三弾「工房職人の九分仕立て」PO会です。「平成最後」に相応しい特別仕様をご用意しておりますので、ぜひご期待下さい。詳細については、当REPORTで別途ご案内させていただきます。 

 

今週は東京のソメイヨシノが満開となり、ようやく街歩きには丁度良い季節となりました(花粉症さえなければ私にとっても嬉しい季節なのですが)。年度代わりの慌ただしい季節ですが、お休みの日には気分を変えて軽快なフットワークで歩くのはいかがでしょうか!? 今回は、そんなシーンにピッタリの靴をご紹介いたします。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W541 CE】
甲革(展開色):タンドキップ(BR・DBR・NAVY)、キップ(WHIT)
底材:合成ゴム底
価格:¥37,800(税込)

 

スポーティーかつ上品さを漂わせる印象のこちらの靴は、BOSで使用している甲革素材「タンドキップ」、そしてREGAL TOKYOのBOSのみ常時オーダーが可能なホワイトの「キップ」を使用しております。

実際にこちらの甲革素材の雰囲気を気に入ってBOSをご注文して頂いたお客様もいらっしゃいます。このようにBOSで使用する甲革素材でREGAL TOKYO ORIGINALの靴を作っているのも当店の特色の一つではないでしょうか!?

 

ベージュのコットンスラックスにネイビーを合わせてみました。室内では黒に近い印象ですが、屋外ではネイビーの持つ上品な青みが表情を豊かにしてくれます。BOSで使用している甲革素材なのでドレスシューズのようなポテンシャルも併せ持っていますね。

 

 

こちらはカーキのコットンパンツにブラウンの組合せです。オーソドックスでまさに「王道」のコーディネイトですね。各色共甲革の色に合わせたシューレースを通しており、お仕事でネクタイをはずした時やアンコンジャケットにニットタイといったオフィスカジュアルのコーディネイトとしても活用して頂けます。

 

 

「REGAL TOKYO」といえばオーダーやオリジナルのドレスシューズ、そして重厚でタフなカジュアルシューズのイメージをお持ちだと思いますが、こういったソフトな雰囲気のカジュアルシューズもございます。いよいよ春本番です。軽やかな足元で皆様も「歩きたくなる道」を見つけてみてはいかがでしょうか!?それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月の日程は、4月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
4月は1日、8日、15日が定休日となります。
※4月22日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
また。4月29日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、15日(金)より春のパターンオーダー会の第2弾「Built to Order Systemパターンオーダー会」を開催しております。たくさんのお客様より、ご注文、お問い合わせをいただき、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

皆様、オーダーをされるに当って、デザインや甲革、色など様々靴の仕様を思案してご来店下さっています。

 

本日は、私が2018年の秋の「Built to Order Systemパターンオーダー会」で、色々思案してオーダーしたチャッカブーツをご紹介したいと思います。

 

‘18年秋のオーダー会では、初お目見えのカーフスエードをおススメの革素材としてご紹介いたしました。このカーフスエードは、革サンプルを初めて触って見たときからしっとりと滑らかな質感がとっても良くて、「この革でオーダーしたい!」と衝動に駆られました。
デザインを何にしようかと色々とサンプルを見ながら思案しました。REGAL TOKYOでBOSのデザインは、17デザインからお選び頂けるのですが、「持っていないデザインにしようか?」「BOSオーダー会で選べるつま先のデザイン変更が出来るデザインにしようか?」などと色々と悩んだ結果、愛用のチャッカブーツが傷んできたので、2代目を仕様替えでオーダーする事にしました。

上の写真の右がBOSでオーダーしたダークブラウンのチャッカブーツで、12年以上愛用してきました。以前、このブログでもご紹介させて頂きました。

最近お手入れをしていると、毛足の質感も変わって、落ちない汚れもあるので、そろそろ代替えかなぁと感じていましたが、作った2代目のチャッカブーツと並べてみると、「永く履いてきたんだなぁ」と実感しました。そして、この靴を履き始めた時は「あんな事を考えていたなぁ」と当時の自分の事を振り返り、思い返しました。12年履いたチャッカブーツは、一層愛着が増し、まだまだ手放せなくなりそうです。

2代目のチャッカブーツですが、靴底はオーダー会限定のつま先ゴム仕様の革底、ヒールはREGAL TOKYO耐久化粧と摩耗を考慮した実用仕様を選びました。そして、外羽根のデザインを選ぶ時には、地面からの突き上げを感じにくいハーフミッドソールの仕様を好んで選んでいます。

ブラウンのスエードは、レギュラーで選べるスエードとオーダー会限定のカーフスエードの2種類があり、どちらも英国製です。

上の写真の右がレギュラーのスエード、左がカーフスエードで、並べるとカーフスエードの方が赤みが感じられるブラウンです。スエードの毛足の長さは、カーフスエードの方が長く、触るとしっとりとした毛並みを感じる程です。今回、チャッカブーツで作りましたが、タッセルやローファーなどのスリッポン系で作ってもいいなぁと思っています。
1代目のダークブラウンは、秋冬シーズンに履いておりましたが、2代目の明るいブラウンは、秋冬春の3シーズン履こうと思いますので、今年の春時期に底材を馴染ませていき、秋から本格的に履きこんでいく予定です。

今回は、私のオーダーした靴についてご紹介させて頂きました。

オーダーの仕様を決めるまでに、ネットや雑誌を見る事もありますし、革や靴見本を見ながら色々と参考にします。皆様が靴をオーダーされるに当って、デザインや色の仕様選びを一緒に考えながら対応させて頂ければと思います。

BOSパターンオーダー会は24(日)まで開催しておりますが、どんな靴が作れるのか、オーダーに興味のある方も、お電話のお問い合わせや店頭で手にとって見ながら、ご案内させて頂きます。

 

今週も、皆様のご来店をお待ちしております。

 

【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。
九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。3月は、3月31日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  3月は25日がお休みです。
4月は、1日、8日、15日がお休みです。
(4月22日(月)は、「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOインスタグラムもご覧下さい

 

 

 

                                  株式会社リーガルコーポレーション

                                             2019年3月15日

 

お客様各位

 

平素は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

2019年5月1日(水)オーダー分より下記オーダーシューズのメーカー希望小売価格を改定させていただきます。

 

昨今の原材料の高騰を受け、弊社商品に使用する各種原材料に関しても値上げが続いており、品質を維持しつつ内部努力のみでこれを吸収するのは困難という状況に至りました。何とぞ、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

【対象商品】

 

◆Bespoke

旧価格:¥270,000~(税込価格)→ 新価格:¥345,600~(税込価格)

 

◆工房職人の九分仕立て(紳士靴)

旧価格:¥129,600~(税込価格)→ 新価格:¥151,200~(税込価格)

 

◆工房職人の九分仕立て(婦人靴)

旧価格:¥113,400~(税込価格)→ 新価格:¥129,600~(税込価格)

 

※詳細につきましては、店舗までお問合せ願います。

 

 

 

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber