はじめまして。「REGAL Built to order system」(以下BOS)や「Last#50スペシャル」パターンオーダー(以下Last#50)などのパターンオーダーの製造担当者です。全国の店舗で注文を承ったパターンオーダー靴が工場でどのように作られるのかを何回に分けてご紹介したいと思います。

 

まずお店で注文が確定すると、私たち製造を担当する部署で指示書を作成します。革や裏革、本底などの材料はもちろん、甲を縫う糸、掬い縫いをする糸、出し縫いをする糸の太さや色、ピッチ、どんな飾りをいれてどのカッターを使うかまで1枚の指示書にまとめます。REGAL TOKYOのBOSやLast#50はオーダーの選択肢が広いので指示書はかなり複雑です。

 

指示書が完成するとそれを基に発注した材料が工場に届きます。材料は工場でストックしているのではなく、オーダーが入ってから一つ一つ加工されて工場に届きます。どのお客様のどの材料がいつ工場に到着するかしっかり納期管理をしています。
 

写真(各パターンオーダーごとの収納ボックス)

写真(材料収納ボックス)


工場に届いた材料は上の写真の様に、お客様ごとのボックスにまとめていきます。この時点で靴紐までしっかりとセットします。
 

写真(材料収納ボックス)


上の写真の様に底材まで揃うと材料の準備は完了です。上の写真は、ダイナイトソールをお選びになられたお客様のボックスです。材料と一緒に納品用の靴箱も準備します。
 写真(納品用靴箱)

 

次は木型の準備です。工場の木型置き場は何とも言えない雰囲気で、かっこいいと思うのは私だけでしょうか!?
 写真(工場の木型置き場)
 写真(BOSで使用する木型のラック)
写真(木型に指示書番号を記入する工程) 

 


木型に指示書の番号を書いて間違いを防ぎます。この時に担当者が木型を一つ一つ拭いてきれいにしています。何度も繰り返し使われる木型なので、常にきれいな状態を保つようにしています。

 

準備編はここまでです。次回はアッパーを作るところを中心にご紹介したいと思います。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

こんにちは、工房の田尻です。2月は一段と冷え込んでおりましたが、暦では立春を過ぎ、草木も少しずつ春を感じ取っているように見受けられますね。

 

さて、昨年に引き続き、今年も3月1日(金)~10日(日)までの期間、「REGAL大阪ディアモールフィオレ」にて「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会を開催いたします。期間中の9日(土)、10日(日)は私も店頭にて、靴作りの実演や九分仕立てのご案内をさせていただきます。

 

甲革素材に関しては、前回開催時には無かった新しい甲革/色をご用意いたしました。デザイン毎の組み合わせの幅も広がり、お楽しみいただけると思います。また、「チゼルトウラスト」や「工房職人の九分仕立て」の婦人靴も承っております。ハンドメイドならではのフィット感をお試しにご来店くださいませ。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

 

~九分仕立て完成品のご紹介~

甲革     :コスティル社(仏)
色       :ライトブラウン
オプション :耐久化粧ゴム、底面ツートン、爪先ゴム、木型調整
価格     :¥147,960(税込)
※デッドストックの仏タンナーの明るいライトブラウンは、在庫がなくなり次第終了になります。気になる方はお早めに!
 
甲革     :ミウラ社(伊)×山陽(日本) 
色       :ベージュ×ホワイト
オプション :甲革コンビ、底面ツートン、木型調整
価格     :¥129,600(税込)
※「工房職人の九分仕立て」婦人靴
※デザイン見本の仕様を組み合わせそのままにご注文頂きました。

 

 

REGAL大阪ディアモールフィオレの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

こんにちは、工房の田尻です。


工房から、新年初めての投稿になります。今年もどうぞ宜しくお願い致します。昨年も当店やパターンオーダー会開催店舗にて沢山の方々とお会いすることが出来ました。オーダーを承っていて一番嬉しい事は、お作りする相手の顔がはっきり見えることだと思います。我々の手がける「工房九分仕立て」を選んで頂く事は、私たちに清き一票を投じてもらった、そんな思いが致します。その思いにお応えできるよう、今年もよりお客様に寄り添って靴を作っていけたらと思います。よろしくお願い致します。

 

それでは工房九分仕立ての完成品をご紹介させていただきます。

 ◆甲革:コリペル社(伊)型押し  ブラック
 
一般的な小石柄の型押しではなく、格子のような型押し模様で珍しい革です。革の表面も傷が付きにくい仕上げでチャッカーブーツにもってこいの素材です。ウェルトはコバ周りを一周縫いまわしにして、底材はダイナイトソールをご選択されました。非常に上品なイメージを保ちつつもタフネスさを備えた1足になりました。


 ◆甲革:イルチア社(伊) ダークブラウン

 

こちらのイルチア社のダークブラウンは、染めムラが特徴であまり経年変化はしないタイプの甲革です。このアデレイドデザインにもマッチしていますね。ソールの爪先には飾り釘が2列施されています。

 

 

 

 ◆甲革:オズバ社(伊)  ブラウン

 

こちらの革はパターンオーダー会限定素材でした。他の革のブラウンとは違う印象の色味で、色の深みを感じる1足です。ソールが単色のパープルで仕上げられている所がとても素敵だなと感じました。

 


 ◆甲革:コリペル社(伊)ラベンダー×ピボディ社(英)ダークワイン

 

こちらのお客様はいつも革の配色や素材感をじっくり選ばれる方で、今回もとても斬新な1足となりました。この2つの革は表面の加工が同じ雰囲気なので上手く纏まっています。例えばこれがアノネイのアニリンカーフだと素材感が出過ぎてしまい、アンバランスになってしまうのです。

 

今回ご紹介する完成靴は以上4足です。お客様より当リポートを見ていると言われると励みになります。今後も工房からの情報や工房九分仕立ての完成品等、当リポートでご紹介してまいりますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様、こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
今回のREGAL TOKYO REPORTは、昨年当店にて数多くのご注文を頂きました「REGAL Built to order system」(以下BOS)の人気デザインBEST3をご紹介させて頂きます。

【第一位】ストレートチップ(内羽根式)
[写真サンプル]
甲革素材:BOXカーフ(独)-ブラック
価格:¥61,560(税込)

 

紳士靴の基本として押さえておくべき一足は、やはりBOSでも圧倒的な人気です。ご選択の甲革素材も特別な一足として「BOXカーフ」をお選び頂く方が圧倒的です。

 

 

【第二位】プレーントウ
[写真サンプル]
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ワイン
価格:¥47,520(税込)

 

BOS仕様のプレーントウは現在REGAL TOKYO ORIGINALシューズでも展開されていないデザインの為、甲革では「アニリンカーフ」、「バーニッシュレザー」をご選択される方が多く、色別に見るとブラウン系、中でも「ワイン」といった色気のある色が人気です。

 

 

【同率第三位】(写真サンプル左より)
●ウイングチップ(アメリカンタイプ)
甲革素材:スコッチグレインカーフ(仏)-ブラック
価格:¥58,320(税込)


●ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ブラウン
価格:¥47,520(税込)


●ストレートチップ(メダリオン)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)-ダークブラウン
価格:¥58,320(税込)

 

2018年に、ご注文を頂きましたBOSのデザインで第三位に3種類のデザインが同数で並びました。上位2デザインが基本とすれば、お客様のお好みが多様化している昨今、3デザインが同率で第三位に入ったのも頷けるような気が致します。

 

 

 [写真サンプル]
(左)ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)※REGAL TOKYO BOS限定素材
価格:¥58,320(税込)


(右)サイドエラスティック
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)
価格:¥47,520(税込)

 

今回集計をするにあたり目を引いたのは、「ネイビー」のご注文が増加している事です。BEST3に選ばれたデザインにおいても甲革素材は様々ですが、必ず「ネイビー」のご注文が入っておりました。特に、「アニリンカーフ(仏)」と「スエード(英)」のネイビーはREGAL TOKYO BOSだけの限定素材という事もあり、お問い合わせが増えてきております。

 

 

 

年が改まり、年末年始の休暇から先頃の3連休を終えようやく日常の生活リズムに落ち着かれた方も多いと思います。REGAL TOKYO二階の「オーダーサロン」でごゆっくりと新しい靴選びはいかがでしょうか。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
1月の日程は、1月27日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
1月は21日、28日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

こんにちは、工房の田尻です。

今週末12月7日(金)~12月25日(火)まで「REGAL名古屋」にて「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会を開催させて頂きます。REGAL名古屋中日ビルから数えて8回目、今年の4月に店名を変更し、大津通り沿いに移転してからは、初の開催となります。

 

 

今回は、ダイナイトソールのレンガ色(赤茶)をご用意いたしました。レンガ底にして頂くとよりカジュアル感が増し、カジュアルスタイルに合わせて頂く場合の選択肢がますます広がります。パターンオーダー会限定素材としては、シャラダ社(伊)製のスエードなど数種類をご用意させて頂きました。発色の良いスエードの質感などをお楽しみ頂ければと思います。
 
実際に、過去にお客様からご注文いただきました「九分仕立て」の完成品を何点かご紹介いたします。ご検討の材料になれば幸いです。


甲革:スエード CFステッド社(英)
色 :ベージュ
オプション:底面ツートン仕上げ
価格:¥137,160(税込)

 
甲革:BOXカーフ イルチア社(伊)
色 :ダークブラウン
価格:¥129,600(税込)

 
甲革:BOXカーフ ウェインハイムレダー社(独)、イルベリエーロ社(伊)
色 :ブラック(ウェインハイムレダー社)、グレイ(イルベリエーロ社)
オプション:甲革コンビネーション
価格:¥132,840(税込)

 

最後に昨年に引き続き「工房職人の九分仕立て」の婦人靴も承っておりますので、女性の方もそのフィット感の良さをお試しにぜひご来店くださいませ。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

日頃より、オーダーについてお客様から様々なご相談を頂きますが、ここのところ「REGAL Built to Order System」(以後BOSと表記)のオーダーで、甲革コンビネーションの靴を作りたいとお話をいただくことが増えています。

REGAL TOKYOのBOSオーダーでは、17デザインからお選び頂けますが、上の写真のUチップ、ストレートチップメダリオン、ウイングチップAタイプ、サドルシューズのデザインの他に、ダブルモンクストラップ、ローファー、タッセル、ウイングタッセル、プレーントウAタイプの9デザインで、2種類の甲革コンビネーションがお選び頂けます。※オプション¥2,160(税込)

●価格 ¥61,560(税込)

 

上の写真は、16年秋の「REGAL Built to Order Systemパターンオーダー会」にて私がオーダーした靴です。秋冬の期間をメインに履く仕様で、デザインはどうしようかと・・・悩んでいましたが、BOSのオーダーではストラップ系を作った事がなかったので、ダブルモンクを選びました。 パターンオーダー会でも、どんな甲革の色や組み合わせにしようかと、お客様と一緒に悩むのですが、自分の靴でも暫く悩んでしまいました。そして、私の好みの装いに合わせやすいダークブラウンの色で、カーフとスエードの異素材のコンビネーションを選びました。

履いてみると、スエード素材は足あたりが柔らかく、履き始めから履き心地が良かったです。カーフ素材のつま先には、鏡面仕上げを施し光沢を加えました。ダークブラウンの異素材コンビなので私好みのパンツやソックスにも合わせやすく、お気に入りの1足になりました。秋冬のローテーションの1足として履いていますので、ご来店の際に、ご覧いただける機会もあると思います。

 

REGAL TOKYOでは、BOSの他に職人が作る「ビスポーク」と「工房九分仕立て」のオーダーをする事が出来ます。足を計測して木型を作り、お仕立てをする「ビスポーク」は、職人と相談しながら、拘りぬいた世界に1足の靴をお作りいただけます。BOSと同じ様にパターンオーダーで作れる「工房九分仕立て」では、ハンドメイドならではの作りと履き心地の靴がお作りいただけます。デザインや色など「こんな靴が欲しい!」、「こんな靴が作れますか?」などありましたら、ぜひご相談下さい。

今週も皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。12月は、12月23日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  12月は、3日、10日、17日がお休みです。
12月24日(月・祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
只今REGAL TOKYOでは、14日(金)より、「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会を開催中です。先日の3連休は、2階のオーダーフロアがいつにも増して賑わう程、たくさんのお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

さて、下の写真は、私が今年の春の「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会で作った靴です。以前からワイン系の革で靴を作りたいと密かに思っていました。アニリンカーフもいいのですが、革の経年変化がより楽しめるタンドカーフのワインがあればなぁと思っていたところ、春のパターンオーダー会よりタンドカーフでワインの革が選べることになり、早速オーダーしました。

              ●価格 ¥61,560(税込)

 

デザインは、セミブローグを選んで、パターンオーダー会でのみ選べる爪先のメダリオン無し仕様にしました。アウトソールは、爪先の減りが気になるので、爪先ゴム仕様のレザーソール、そしてREGAL TOKYOの耐久ヒールにして、革底ながら実用重視の仕様を選びました。

まずは、爪先に鏡面仕上げを施して、履き始めました。メダリオンが無いだけで、随分と靴の見た目が変わるんだなぁと改めて感じました。そして、これからどんな風に革が経年変化していくのか楽しみです。 

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、今回、私の靴でご紹介したようにメダリオン有り無しの選択や上の写真の様にストレートチップの爪先キャップトウを親子穴有りに変更など、一部デザインで爪先のデザイン変更が出来ます。

              ●価格 ¥60,480(税込)


そして、選べる18デザイン全てで2種類の革コンビネーションがお選びいただけます。(甲革よっては、出来ない組合せがあります。)上の写真のモンクストラップは、爪先がタンドカーフのグレーで踵がアニリンカーフのブラックの組合せです。革のコンビネーションは、どのような革の種類やカラーで組み合わせるか悩ましいですが、オーダーならではの醍醐味ではないでしょうか。

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、通常メニューに加えて、選択できる甲革の種類や色を増やしております。REGAL TOKYOならではのパターンオーダー会で、お客様だけのこだわりの1足をお作りになりませんか!?「パターンオーダーでこんな仕様が作れないか」などのご相談を承ります。ぜひ一度お立ち寄りになってみて下さい。

 

ここの所雨模様が続いておりますが、週末の3連休は、お天気が良い予報です。パターンオーダー会は、24日(月・祝)まで開催しております。皆様のご来店をお待ちしております


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  10月は、1日、15日、22日がお休みです。
(Built to Order Systemオーダー会期間中の9月24日(月・祝)は、通常営業いたします。)
(工房職人の九分仕立てオーダー会期間中の10月29日(月)は、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧下さい。

 

 

 

 

『ラバーソール』

September 11 2018

こんにちは、工房の田沼です。


今回ご紹介するのは、ラバーソールを使用したビスポークシューズです。こちらのお客様は2足目のオーダーで、旅先でも履けて多少の雨でも大丈夫な靴が欲しいとのご要望でした。そうした理由から、履き心地がソフトで更に撥水スプレーをすると比較的水弾きのよいスエード素材の靴となりました。更に靴底には雨天時でも滑りにくいラバーソールをお選び頂きました。
 
 今回、お客様がお選びになったソールは、株式会社ハイドロストッパー製のラバーソールで、厚みは3.5㎜程で柔らかく、粘りがあって滑りにくいものです。また、こちらのソールは厚みが無いので2.5㎜の革のミッドソールを出し縫いした後に、圧着するという製法です。出し縫いが手縫いであるというのが特徴的で、履き心地もソフトでお客様も喜んでおられました。

 

ビスポークでは、お客様のご要望に合わせた製法、素材選びを行ってまいりますのでよりお客様のイメージに近いものをつくらせて頂くことが可能でございます。こういったご利用シーンに応じたご相談をお伺いながら1つ1つ決めて頂けるのは、ビスポークの醍醐味の1つだと思います。ご興味のあるお客様は、是非店頭スタッフまでご相談下さい。

 

月に1回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

こんにちは、工房の田尻です。

厳しい暑さが続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。少し前になりますが、3月にREGAL大阪で開催した「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」でご注文頂きました靴をご紹介させて頂きます。

            ◆甲革:BOXカーフ  黒 ウェインハイムレダー社(独)
 
黒のストレートチップ。木型調整で小指側面と甲に調整を施しています。ソールはカラス仕上げ(全面黒)にヴィンテージスチールがクールに映えます。以前、他店にて試し履きされて、このたびオーダーして頂きました。

            ◆ 甲革:BOXカーフ ブラウン ウェインハイムレダー社(独)
 
こちらは上記のウェインハイムレダー社(独)のBOXカーフの色違いです。厚みもあって質感がアノネイ社(仏)とはまた別の良さがあります(こちらはパターンオーダー会限定素材)。また履いた後の味わいを見せて頂けると嬉しいです。

            ◆甲革:手もみ革 ダークブラウン 日本製
 
REGAL TOKYOでおなじみの手もみ革(パターンオーダー会限定素材)。とても雰囲気もあり、オンオフ問わず履いて頂ける靴だと思います。足のことなど色々お話ができて、とても勉強になりました。ありがとうございました。

            ◆ 甲革:カーフ グレー イルベリエーロ社(伊)
 
こちらの靴は、私が滞在した2日間足をお運び頂き、オーダーして下さいました。お話しの中でグレーの靴が面白いということになり、デザインはロングウイングチップに決まりました。ウエルトはストームウエルトを踵周りも1周縫い上げて存在感を出し、ソールはダイナイトソール。グレーのような色はアッパーを縫う時の糸の色が難しいのですが、黒だと少し主張が強すぎるので、甲革よりも少し濃いグレーでまとめました。(パターンオーダー会限定素材)

            ◆ 甲革:アニリンカーフ ワイン アノネイ社(仏)

 
最後は女性のお客様のオーダーです。以前他店にてオーダーして下さってお客様のご紹介で、今回REGAL大阪でオーダーして下さいました。少し外反母趾気味でしたので、木型を調整しての製作となりました。デザインはシンプルな外羽根プレーンに爪先メダリオンを施してあります。

 

完成品の納品には立ち会うことが出来ませんでしたが、スタッフより無事にお渡しが出来たと聞いてホッとしております。また皆様にお会いできるのを心より楽しみにしております。その際には、オーダーして頂いた靴を履いてご来店頂けたら嬉しいです。

 

※当ブログ以外にもインスタグラムもやっておりますので、そちらもよろしくお願い致します。

インスタグラムはこちら

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月は、8月19日(日)の予定です。

※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber