皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
まずは、只今開催中の2019年秋のパターンオーダー会第一弾「REGAL Built to order system」パターンオーダー会(以下PO会)の開催期間につきましてご案内いたします。9月は3連休が2週続けてあり、ご予定がある方も多いと思います。今回のPO会は、例年より1週間長い29日(日)までの開催となっております。ぜひREGAL TOKYOへお立ち寄り下さい。

 

改めてのご案内となりますが、実際にPO会ではどういった選択が可能なのか、一例として「ストレートチップ」のデザインで説明させていただきます。

写真(ラウンドトウ)

 

詳しいオーダーの流れにつきましては「REGAL TOKYO」HP内の「ORDER SHOES」にございます「REGAL Built to order system」(以下BOS)をご参考になさって下さい。通常時のBOSで承っているストレートチップは、デザイン選択として「ラウンドトウ」または「スクエアトウ」の爪先形状がお選びいただけます。こちらをベースに、より細部の仕様変更が可能になるのがPO会です。

 


まずは、「鳩目下のステッチ変更」です。シンプルな2本ステッチを曲線をもたせた「スワンネック」にする事でさりげない個性が演出できます。(「2本ステッチ・スワンネック」オプション価格¥1,000+税)

 


もう少しアクセントが欲しいというお客様には「トウデザイン変更」を承ります。上の写真の様に、ストレートチップを親子穴(パンチドキャップトウ仕様)にすることが可能です。勿論、鳩目下ステッチは、通常の仕様で組合せる事も可能です。(「親子穴」オプション価格¥2,000+税)

 


また、クラシックなストレートチップを個性的な1足に仕立ててみたいというお客様には、2種類の甲革を使用した「アッパーコンビネーション」はいかがでしょうか!?甲革素材の組合せによっては、ご希望に添えかねるものがございますので、詳しくは店頭スタッフにお尋ねください。(「アッパーコンビネーション」オプション価格¥2,000+税)

 


お選びいただいた靴のデザインによって仕様選択のメニューが異なっております。日頃からご注文下さっているお馴染のお客様は勿論の事、全くの初めてというお客様も店頭スタッフが「お客さまだけの特別な1足」を作るお手伝いをさせて頂きます。初秋を迎えた銀座へお出掛けの際には、ぜひREGAL TOKYOへ足をお運びください。

 


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。今月は、9月29日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
9月は、30日が定休日となります。
※9月23日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
いつも当REPORTをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 

REGAL TOKYOでは、本日9月13日(金)より29日(日)まで、秋のパターンオーダー会第一弾「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会(以下PO会)を開催いたします。PO会では、REGAL TOKYOのレギュラーBOSで展開中のデザインにサドルシューズを加えた18デザインに、厳選した甲革素材や全てのデザインでコンビネーション、一部デザインの爪先デザイン変更が可能など、PO会ならではの仕様で通常時のBOSよりもお客様の嗜好に合わせたスペシャルな1足をお作りいただけます。

 

 

私もPO会で、靴を作る度、PO会ならではの仕様をみながら、毎回どんな甲革素材にしようか?どのデザインにしようか?と最後まで悩んでしまいます。でもその仕様を考える時間が楽しみなんですよね。


ここでご参考までに、今回の一押し素材をご紹介したいと思います。年々、梅雨時期以外でも雨足が強い日が増え、お客様より雨用の靴を探していると伺う事が多くなってきました。通常時にBOSを承る際は、撥水加工を施したウォータープルーフレザーをおススメしておりますが、PO会では、油分を多く含んだホーウィン社(米)のクロムエクセルレザーもおススメです。クロムエクセルレザーは、革に厚みがあり、耐久性に優れているので、堅牢さが求められるワークブーツ等に使用される事が多いです。そこでBOSでお作りになると、天候の悪い日、出張時のタフな1足として重宝するのではないでしょうか!? クロムエクセルレザーは、ブラック、ワイン、ダークブラウン、ネイビー、ベージュの5色からお選びいただけます。もちろんコンビネーションも可能です。

 

 

 

上の写真の外羽根キャップトウとチャッカーブーツは、実際に過去のPO会でお客様がクロムエクセルレザーでオーダーされた靴です。外羽根キャップトウは、悪天候時のお仕事用にブラックでお作りになりました。そして、チャッカーブーツは、路面のグリップ性を考慮したノンスリップソール仕様で、オンオフ兼用にとワインでお作りになりました。

 

 

PO会では、上の写真のようなストレートチップやダブルモンクストラップ、サイドエラスティックのコンビネーションが選択できます。他に、ストレートチップメダリオンやサイドエラスティックのつま先メダリオン無しの仕様を選ぶことができるなどPO会ならではのメニューでお作りいただけます。

 

 

さらにPO会では、通常時の革素材に加えて、カーフやスエード、型押しなど、厳選した革素材やカラーが選べます。「こんな革素材がないですか?」、「こんな仕様ができますか?」などご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにご相談ください。PO会用に靴のサンプルも揃えておりますので、お手にとってご検討いただけます。お電話でのご相談もお気軽にお問い合わせ下さいませ。皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


●「REGAL Built to order system」 パターンオーダー会
期間        : 2019年9月13日(金)~ 9月29日(日)
デザイン   : 18デザイン ※通常時の17デザインにサドルシューズを加えた18デザイン
サイズ    : 23.0 ~ 28.0cm  ※3種類(D/E/F)のウイズからお選びいただけます。
価格     : ¥46,000+税 ~
お渡し予定  :  2019年12月下旬~  ※受注状況により延びる事がございます。予めご了承下さい。

 

【パターンオーダー会限定仕様】

底材     : レザーソール(爪先ゴム仕様)
ライニング色 : オレンジ、グリーン
オプション  : アッパーコンビネーション、爪先デザイン変更、ネーム、レザーソール(栃木ベンズ仕様)等
 

【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。今月は、9月29日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。  9月は、30日がお休みです。
9月16日、23日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


革靴は、お履きになっていると時間の経過とともに馴染んできますが、特に「REGAL Built to order system」や「REGAL TOKYO ORIGINAL」等のグッドイヤーウエルト式製法は、「甲革の柔らかさ」や「中底の沈み込み」により、履き込む程に着用されるお客様の足に馴染んでいきます。しかしながら、時にはお選びいただいた靴の履き心地に、ややゆとりを感じる場合がございます。今回のREPORTは、そんな際に履き心地を調整する方法をご紹介したいと思います。

 

写真(紐の通し方:パラレル)

 

上の写真は、2018年春の「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会で、私がオーダーしたUチップデザインの靴です。「ウォータープルーフレザー」と「スコッチグレインキップ」の組合せで天侯を選ばす履ける事や、路面を選ばず安心して履ける「リッジウェイソール」という事もあり、着用頻度が多い1足でした。着用と共に革は馴染みましたが、履き心地にややゆとりを感じるようになった為、履き心地の調整をしてみました。

 

写真(紐の通し方:オーヴァーラップ)

 

まずは紐の通し方。日頃は、弾力性に富んでいて、長時間の歩行でも疲れにくい「パラレル」という結びやすい紐の通し方をしていますが、スポーツシューズやワークシューズでよく使用される「オーヴァーラップ」という紐が緩みにくい通し方に変えました。

 

続いてソックス。履き心地にゆとりを感じた際は、ソックスの厚みを変えて履き心地の調整をすることをおススメします。上の写真は、大迫私物のソックスです。私は、靴の着用感やデザインによってソックスの厚みや柄を変えています。今回ご紹介した靴は、履き心地にややゆとりがあり、デザインが、カジュアルよりなので一番左側の厚手のカジュアルソックスを選んでみました。

 

紐の通し方とソックスの厚みを組み合わせて履き心地を調整した結果、「紐で足を押さえている」感じから「靴全体で足を支えている」履き心地となり、靴の中で足の収まりが安定し、快適な履き心地になりました。最近のカジュアルシューズのコーディネートは、太くて、短めのパンツスタイルがトレンドなので、足元から覗く柄を選ぶソックスコーディネートを楽しんでいます。

 

紐の通し方を変えるだけで履き心地が改善されたり、ソックスの厚みを替えた事で靴の中で足がずれにくくなる等、ひとつの方法だけでも変化を感じて頂ける場合もございます。「紐の通し方」についてはリーガルコーポレーションのホームページにある「靴の取説」もあわせてご参考になさって下さい。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月の日程は、9月29日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
8月は26日が定休日となります。
9月は2日、9日、30日が定休日となります。
※9月16日(月)、23日(月)は祝日の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。


※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。8月に入ってから連日、日差しも強く暑い日が続いております。お盆休み期間中には、オーダーのご相談やREGAL TOKYO ORIGINALをご検討中のお客様に、ご来店いただきました。暑い中、当店へ足をお運びいただき、誠にありがとうございました。

 

さて、今週は、過日開催した「REGAL Built to order system」パターンオーダー会(以下PO会)でご注文を承った靴のお引渡しが完了しましたので、本日は、その中から拘りが詰まった靴を何点かご紹介させていただきます。

 

今回の春のオーダー会では、発色の綺麗なウェンハイムレダー社(独)のエンボスドカーフをおススメ素材としてご用意いたしました。注文を承った靴は、どれも春夏に映える仕上がりとなりました。細かな型押しが施してあるエンボスドカーフは、足あたりが柔らかくしなやかなので、履き馴染みやすいと思います。この革は、シミやキズが目立ちにくいので、メンテナンスしやすい素材です。

 

●ウェンハイムレダー社(独)エンボスドカーフ/ブルー

 

上の写真の靴は、パンチドキャップトウデザインを爪先デザインの変更で、親子穴を無くしてお作り頂きました。よりシンプルなデザインとなり、甲革の色や素材感が際立って見える1足になりました。

 

●CFステッド社(英) スエード/ベージュ

 

●アノネイ社(仏) タンドカーフ/ワイン

 

春のPO会では、春夏に着用機会が多いスリッポン系をお選びになる方が多くいらっしゃいますが、今回は、タッセルスリッポンのオーダーが目立ちました。お履きになる際のコーディネートやシチュエーションに合わせて、スエードやカーフなどの素材やカラーをお選びになっていました。

 

 

 ●デュプイ社(仏)サドルカーフ×国産手もみ革/ブラック

 

●国産手もみ革/ダークブラウン

 

PO会では、国産手もみ革が人気素材の1つです。上の写真のようにお好みのデザインで、単色やコンビネーションでお作りする事ができます。 私も手もみ革を使って何足か作っており、お気に入りの素材の一つです。お客様より「オンオフ兼用で・・・」靴を選んでいますというお話を最近よくお聞きしますが、この素材は、凹凸が目立ちにくくオンオフ兼用しやすい素材ではないでしょうか!? また、手もみ革なので足馴染みが良く、お手入れをするとクリームが馴染み、変化する風合いを楽しむこともできます。更に、鏡面仕上げを施しやすいところも人気の要因の一つではないでしょうか!?

 

 

PO会は、通常時には選べない甲革素材やカラーをご用意しております。 また、一部デザインの爪先デザイン変更や全てのデザインで甲革コンビネーションが選択可能ですので、PO会ならではの1足がお作りいただけます。 現在、秋のPO会に向けて、担当者と打ち合わせを重ねております。日程や革素材等決まりましたら、当REPORTでご案内する予定です。こんな仕様の靴が作れますか?こんなカラーや素材がありますか?など、お気軽にご相談下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月は、8月18日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。  8月は、19日、26日がお休みです。
9月は、2日、9日、30日がお休みです。
9月16日、23日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
先週のREPORTでご紹介した「姫路黒桟革」と並び、希少な革といえば、「コードヴァン」もその一つです。アメリカらしい靴の代名詞的な素材の一つではないでしょうか。当店では「REGAL Built to order system」(以下BOS)でコードヴァン素材とドレスデザインの組合せについてのご相談やご注文が増えています。今回は、ご注文頂いた靴の一例をご紹介いたします。

 

・ストレートチップメダリオン内羽根式(ブラック)

 

・ストレートチップ外羽根式(ネイビー)

 

・タッセル(ワイン)

 

・モンクストラップ(タン)

 

・ストレートチップ内羽根式(カーキ)

 


コードヴァン素材は、穴飾りの大きさや革の栽断面による立体感、水染めならではのクリアな色合いによる透明感と迫力。それらを併せ持った「唯一無二の革」として、「革の宝石」と表現されるのも納得出来ますね。既製品では目にする機会が少ない「ドレススタイル」と「コードヴァン素材」の組み合わせをお選びいただけるのもパターンオーダー「BOS」の魅力の一つではないでしょうか。今回のREGAL TOKYO REPORTが、コードヴァン素材で靴のオーダーをご検討されているお客様のご参考になりましたら幸いです。

 

 

●REGAL Built to order system 
・素材   :コードヴァン(水染め)
・展開色  :ブラック、ネイビー、ワイン、タン、カーキ
・価格   :¥108,000(税込)~

 

※ワイン・タン・カーキにつきましては、透明感のある「水染め」仕上げによる独特なムラ感が特徴の為、完成品は、色合いの濃淡がございます。
※ローファー・タッセル・ウイングタッセルのスリップオン3デザイン、Uチップデザイン、アメリカンタイプのプレーントウ・ウイングチップ2デザインのEBサイズ(27.5cm、28.0㎝)は、注文を承ることができません。予めご了承下さい。
※ご注文から約60日後に完成、お引き渡しとなります。承り状況によりお引き渡し予定が前後する場合がございます。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月の日程は、7月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
7月は、29日が定休日となります。
8月は、5日、19日、26日が定休日となります。
※なお、8月12日(月)は祝日の為通常営業となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

はじめまして。「REGAL Built to order system」(以下BOS)や「Last#50スペシャル」パターンオーダー(以下Last#50)などのパターンオーダーの製造担当者です。全国の店舗で注文を承ったパターンオーダー靴が工場でどのように作られるのかを何回に分けてご紹介したいと思います。

 

まずお店で注文が確定すると、私たち製造を担当する部署で指示書を作成します。革や裏革、本底などの材料はもちろん、甲を縫う糸、掬い縫いをする糸、出し縫いをする糸の太さや色、ピッチ、どんな飾りをいれてどのカッターを使うかまで1枚の指示書にまとめます。REGAL TOKYOのBOSやLast#50はオーダーの選択肢が広いので指示書はかなり複雑です。

 

指示書が完成するとそれを基に発注した材料が工場に届きます。材料は工場でストックしているのではなく、オーダーが入ってから一つ一つ加工されて工場に届きます。どのお客様のどの材料がいつ工場に到着するかしっかり納期管理をしています。
 

写真(各パターンオーダーごとの収納ボックス)

写真(材料収納ボックス)


工場に届いた材料は上の写真の様に、お客様ごとのボックスにまとめていきます。この時点で靴紐までしっかりとセットします。
 

写真(材料収納ボックス)


上の写真の様に底材まで揃うと材料の準備は完了です。上の写真は、ダイナイトソールをお選びになられたお客様のボックスです。材料と一緒に納品用の靴箱も準備します。
 写真(納品用靴箱)

 

次は木型の準備です。工場の木型置き場は何とも言えない雰囲気で、かっこいいと思うのは私だけでしょうか!?
 写真(工場の木型置き場)
 写真(BOSで使用する木型のラック)
写真(木型に指示書番号を記入する工程) 

 


木型に指示書の番号を書いて間違いを防ぎます。この時に担当者が木型を一つ一つ拭いてきれいにしています。何度も繰り返し使われる木型なので、常にきれいな状態を保つようにしています。

 

準備編はここまでです。次回はアッパーを作るところを中心にご紹介したいと思います。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様、こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
今回のREGAL TOKYO REPORTは、昨年当店にて数多くのご注文を頂きました「REGAL Built to order system」(以下BOS)の人気デザインBEST3をご紹介させて頂きます。

【第一位】ストレートチップ(内羽根式)
[写真サンプル]
甲革素材:BOXカーフ(独)-ブラック
価格:¥61,560(税込)

 

紳士靴の基本として押さえておくべき一足は、やはりBOSでも圧倒的な人気です。ご選択の甲革素材も特別な一足として「BOXカーフ」をお選び頂く方が圧倒的です。

 

 

【第二位】プレーントウ
[写真サンプル]
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ワイン
価格:¥47,520(税込)

 

BOS仕様のプレーントウは現在REGAL TOKYO ORIGINALシューズでも展開されていないデザインの為、甲革では「アニリンカーフ」、「バーニッシュレザー」をご選択される方が多く、色別に見るとブラウン系、中でも「ワイン」といった色気のある色が人気です。

 

 

【同率第三位】(写真サンプル左より)
●ウイングチップ(アメリカンタイプ)
甲革素材:スコッチグレインカーフ(仏)-ブラック
価格:¥58,320(税込)


●ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ブラウン
価格:¥47,520(税込)


●ストレートチップ(メダリオン)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)-ダークブラウン
価格:¥58,320(税込)

 

2018年に、ご注文を頂きましたBOSのデザインで第三位に3種類のデザインが同数で並びました。上位2デザインが基本とすれば、お客様のお好みが多様化している昨今、3デザインが同率で第三位に入ったのも頷けるような気が致します。

 

 

 [写真サンプル]
(左)ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)※REGAL TOKYO BOS限定素材
価格:¥58,320(税込)


(右)サイドエラスティック
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)
価格:¥47,520(税込)

 

今回集計をするにあたり目を引いたのは、「ネイビー」のご注文が増加している事です。BEST3に選ばれたデザインにおいても甲革素材は様々ですが、必ず「ネイビー」のご注文が入っておりました。特に、「アニリンカーフ(仏)」と「スエード(英)」のネイビーはREGAL TOKYO BOSだけの限定素材という事もあり、お問い合わせが増えてきております。

 

 

 

年が改まり、年末年始の休暇から先頃の3連休を終えようやく日常の生活リズムに落ち着かれた方も多いと思います。REGAL TOKYO二階の「オーダーサロン」でごゆっくりと新しい靴選びはいかがでしょうか。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
1月の日程は、1月27日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
1月は21日、28日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

日頃より、オーダーについてお客様から様々なご相談を頂きますが、ここのところ「REGAL Built to Order System」(以後BOSと表記)のオーダーで、甲革コンビネーションの靴を作りたいとお話をいただくことが増えています。

REGAL TOKYOのBOSオーダーでは、17デザインからお選び頂けますが、上の写真のUチップ、ストレートチップメダリオン、ウイングチップAタイプ、サドルシューズのデザインの他に、ダブルモンクストラップ、ローファー、タッセル、ウイングタッセル、プレーントウAタイプの9デザインで、2種類の甲革コンビネーションがお選び頂けます。※オプション¥2,160(税込)

●価格 ¥61,560(税込)

 

上の写真は、16年秋の「REGAL Built to Order Systemパターンオーダー会」にて私がオーダーした靴です。秋冬の期間をメインに履く仕様で、デザインはどうしようかと・・・悩んでいましたが、BOSのオーダーではストラップ系を作った事がなかったので、ダブルモンクを選びました。 パターンオーダー会でも、どんな甲革の色や組み合わせにしようかと、お客様と一緒に悩むのですが、自分の靴でも暫く悩んでしまいました。そして、私の好みの装いに合わせやすいダークブラウンの色で、カーフとスエードの異素材のコンビネーションを選びました。

履いてみると、スエード素材は足あたりが柔らかく、履き始めから履き心地が良かったです。カーフ素材のつま先には、鏡面仕上げを施し光沢を加えました。ダークブラウンの異素材コンビなので私好みのパンツやソックスにも合わせやすく、お気に入りの1足になりました。秋冬のローテーションの1足として履いていますので、ご来店の際に、ご覧いただける機会もあると思います。

 

REGAL TOKYOでは、BOSの他に職人が作る「ビスポーク」と「工房九分仕立て」のオーダーをする事が出来ます。足を計測して木型を作り、お仕立てをする「ビスポーク」は、職人と相談しながら、拘りぬいた世界に1足の靴をお作りいただけます。BOSと同じ様にパターンオーダーで作れる「工房九分仕立て」では、ハンドメイドならではの作りと履き心地の靴がお作りいただけます。デザインや色など「こんな靴が欲しい!」、「こんな靴が作れますか?」などありましたら、ぜひご相談下さい。

今週も皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。12月は、12月23日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  12月は、3日、10日、17日がお休みです。
12月24日(月・祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
只今REGAL TOKYOでは、14日(金)より、「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会を開催中です。先日の3連休は、2階のオーダーフロアがいつにも増して賑わう程、たくさんのお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

さて、下の写真は、私が今年の春の「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会で作った靴です。以前からワイン系の革で靴を作りたいと密かに思っていました。アニリンカーフもいいのですが、革の経年変化がより楽しめるタンドカーフのワインがあればなぁと思っていたところ、春のパターンオーダー会よりタンドカーフでワインの革が選べることになり、早速オーダーしました。

              ●価格 ¥61,560(税込)

 

デザインは、セミブローグを選んで、パターンオーダー会でのみ選べる爪先のメダリオン無し仕様にしました。アウトソールは、爪先の減りが気になるので、爪先ゴム仕様のレザーソール、そしてREGAL TOKYOの耐久ヒールにして、革底ながら実用重視の仕様を選びました。

まずは、爪先に鏡面仕上げを施して、履き始めました。メダリオンが無いだけで、随分と靴の見た目が変わるんだなぁと改めて感じました。そして、これからどんな風に革が経年変化していくのか楽しみです。 

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、今回、私の靴でご紹介したようにメダリオン有り無しの選択や上の写真の様にストレートチップの爪先キャップトウを親子穴有りに変更など、一部デザインで爪先のデザイン変更が出来ます。

              ●価格 ¥60,480(税込)


そして、選べる18デザイン全てで2種類の革コンビネーションがお選びいただけます。(甲革よっては、出来ない組合せがあります。)上の写真のモンクストラップは、爪先がタンドカーフのグレーで踵がアニリンカーフのブラックの組合せです。革のコンビネーションは、どのような革の種類やカラーで組み合わせるか悩ましいですが、オーダーならではの醍醐味ではないでしょうか。

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、通常メニューに加えて、選択できる甲革の種類や色を増やしております。REGAL TOKYOならではのパターンオーダー会で、お客様だけのこだわりの1足をお作りになりませんか!?「パターンオーダーでこんな仕様が作れないか」などのご相談を承ります。ぜひ一度お立ち寄りになってみて下さい。

 

ここの所雨模様が続いておりますが、週末の3連休は、お天気が良い予報です。パターンオーダー会は、24日(月・祝)まで開催しております。皆様のご来店をお待ちしております


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  10月は、1日、15日、22日がお休みです。
(Built to Order Systemオーダー会期間中の9月24日(月・祝)は、通常営業いたします。)
(工房職人の九分仕立てオーダー会期間中の10月29日(月)は、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧下さい。

 

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber