今回は、前回に引き続き、3月に開催した「REGAL Built to Order System(以下BOSと表記)」限定受注会の作品から期間限定モデルの「サイドエラスティックシューズ」をいくつかご紹介していきましょう。

 

1足目は、タンドキップのダークブラウンを甲革に採用し、底材をダイナイトソールで仕上げたものです。トウやかかとの焦がし仕上げの具合と相まってブリティッシュな雰囲気の靴に仕上がったのではないでしょうか。
来月から始まるロンドンオリンピックにこの靴を履いて旅行されると、とても使い勝手が良くて重宝するのではないか、なんて勝手に妄想が膨らんでしまいますね。

 

 

 

 

FullBrogue.JPG2足目からは、黒革を甲革に使う中で、トウのデザイン違いなどの限定受注会ならではのバリエーションを採用した作品のご紹介です。
まず、底材は同じダイナイトソールでありながら、ブローグをウィング型のフルブローグに変更したこちらから。
実は、最近、ラウンドトウのフルブローグデザインをお探しの方が増えているように感じているのですが、クラシックな装いが注目されているからでしょうか。この靴も、イギリスの匂いがする逸品に仕上がりました。

 

 

 

 

 

QuarterBrogue.JPG3足目はストレートチップのキャップ部分からメダリオンを外したクォーターブローグです。
この靴をオーダーされたお客様は、冠婚葬祭用という用途がはっきりとしたオーダーでした。
お葬式の時などは、日頃ご無沙汰している色々な方がお見えになりますので、ご挨拶のために座敷に上がったり降りたりと靴の脱ぎ履きが頻繁にありそうです。そんな時に「使える」紐なし靴としてはうってつけですね。「なるほど!」と思わず頷いてしまいました。

 

 

 

 

SemiBrogue.JPG4足目は、基本型のセミブローグですが、スクエアトウに配されたメダリオンを少し華やかなものに変更したのと、前足部を厚くしたハーフミッドソール仕様にしたものです。
この靴をオーダーして頂いたO様は、時に和服姿でご来店されたりする「洒落者」のお客様です。着物の裏地に凝るように、ライニングと底仕上げをパープルにした辺りにもO様の品の良さがうかがえますね。

 

 

以上、2回に亘り「BOS」の限定受注会限定モデルから作品をご紹介してまいりましたが、如何でしたでしょうか。それぞれの靴をオーダーして頂いたお客様が楽しみながらオーダーして下さった様子が伝わりましたでしょうか。


なお、今回デザイン追加された「サイドエラスティックシューズ」は大変なご好評に付き、8月からBOSのレギュラーデザインとして追加されることになりました。
今回の記事で「自分も...」と思われた方、またセミブローグ以外のデザインでという方は秋にオーダー会を開催する予定ですので、それまで、もうしばらくお待ちくださいませ。

今回は、3月に開催した「REGAL Built to Order System(以下BOSと表記)」限定受注会の靴が出来上がってきて、お渡しが進んできましたので、その中から期間限定モデルの「サドルシューズ」と「ゴルフシューズ」をいくつかご紹介しましょう。

 

1足目は、サドルシューズの甲革をタンドキップのネイビーとワインのコンビネーションで仕上げたものです。
既製品ではなかなか見つけられない組み合わせで、底の色も「REGAL TOKYO」限定色のカーキを配し、個性的な1足に仕上がったのではないでしょうか。
甲革のタンドキップは、ご自分で、クリームを塗りこんでいくことで経年変化も楽しめる素材ですので、更に個性的なものに育てていただけるのではないかと思います。

 

 

SADDLE WHIT×ENB.JPG2足目は、サドルシューズらしい白と黒のコンビネーションですが、サドル部分にエナメル素材を使ったり、ライニングを赤にしたことで艶っぽさが出てきたのではないでしょうか。
サドル部分のステッチを黒の共色にしたことで、カジュアルな雰囲気の中に落ち着きが感じられますね。それらしいモノが、良く見ると「なるほど!」と頷かされる良い見本だと思います。

 

 

GOLF SCB×CRB.JPG3足目はゴルフシューズのサドルタイプで、甲革を黒の型押しで小石柄(撥水加工)とクロコダイル柄のコンビネーションにしたものです。
往年の名プレイヤーの名前を思い起こさせる渋い色合いですが、これをお履きになってティーグラウンドにお立ちになると、思わず「ナイスショット!」と声をかけたくなる事請け合いですね。

 

 

GOLF B×BR.JPG4足目もゴルフシューズのサドルタイプで、黒と茶色のコンビネーションです。
こちらも、なかなか上級者に見える1足ですが、ウォータープルーフレザーを甲革に使ったことで、実用性もバッチリです。
実際にラウンドすると、雨が降っていなくても芝が朝露に濡れていたりすることはよくあります。そんな時も、細かいことをあまり気にせずにアドレスが取れるということは、ナイスショットへの近道なのではないでしょうか。

 

 

以上、今回は「BOS」の限定受注会限定モデルから4作品をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。次回は、デザイン追加された「サイドエラスティックシューズ」を取り上げたいと思っておりますので、ご期待下さい。

最近、お客様からパターンオーダーについてのお問い合わせをいくつか頂きましたので、今回は「REGAL Built to Order System(以下BOSと表示)」のご紹介をしていきましょう。

 

お問い合わせは、「私の足は甲が高くて(低くて)なかなか足に合う靴が見つからないのですが、パターンオーダーではどんな風に(どんなところまで)作れるのですか?」といった内容で頂くことが多いようです。

ほとんどの方が、REGALのホームページなどをご覧になった上で問い合わせをされているので、「23.0cmから28.0cmまでの11サイズと甲周りをD・E・Fと表示している狭め・普通・広めの寸法からお選びいただけます」といった説明以上の事をお求めになっていらっしゃる訳です。


電話やメールでのお問い合わせにお答えするのはなかなか難しいのですが、お客様の足に対する「靴合わせ」をこんな風にやってますよ とお答えして、ある程度納得して頂けているようです。

 

先に述べたように、BOSでは甲周り寸法(よくウィズとかワイズと言われてますね)をD・E・Fの表示で、6mmピッチの3パターンを用意しています。実際に靴をお履きになってみると、6mmというとかなりの違いが感じられると思います(画像左からDE、F。 お分かり頂けるでしょうか?)。
そうすると逆に、それでは大まか過ぎてチョット...と感じられる方もいらっしゃると思うのですが、ここで5mmピッチのサイズとの関わりが出てくる訳です。

 

というのは、BOSの靴は、サイズが一つ変わるごとに、甲周り寸法が3mm変わるようにできているのです。例えば、25.0cmE表示のものと25.5cmE表示のものでは、後者の方が3mm大きく甲周り寸法ができているのです。
甲周り寸法が問題で靴が決まらない場合には、このように前後のサイズへ変えてみるという選択肢も入れながら、試し履き用の靴を選んでいきます。

 

こういった事を踏まえて、お客様の足を実際に計測し、具体的数値を確認した上で試し履き用の靴を履いていただきます。この時、サイズや甲周り寸法が規格表通りの方というのはそれほど多くはないので、3~4足履いていただいてご自分の感覚として一番フィットしたものをお選びいただくようにしています。それは、数値上は、こちらの方があっているのではと思える時も、お履きになるお客様としては「ゆったりめ」「きつめ」がお好みということもあるからです。

 

さらに、デザイン(内羽根、外羽根、スリッポン)によっても多少足の納まり感は変わってきますので、それぞれのサンプルでお試しいただくようにしています。

 

こういった過程を経て靴選びをすることで、凡そご満足頂けているようですが、左右の違いやもっと甲が薄いといった方には革やスポンジなどで詰め物をして微調整をすることもあります。一度調整をしてしまえば、次回からは調整した履歴が残りますので、あまり時間をかけずにお渡しすることもできるようになります。

なお、靴に詳しい方からのお問い合わせとしては、「木型の甲の部分を削って(盛って)作ることはできないのか」ということまでお尋ねになることもあるのですが、残念ながらそこまではBOSでは対応できかねます。


ただ、ここまで述べてきたような過程をお試しになってみる価値はあると思うのです。それは既製品に比べればかなり選択の余地が広がりますし、最終的には「足と靴の相性」というものがあるからです。


なかには、標準的な足型の方で、計測の結果、当店で販売している既製品をお選びなる方もいらっしゃいます。ですから、どうぞご遠慮なく「REGAL TOKYO」までご相談くださいませ。

恒例となりました「Built to Order System」(以下、BOSと表記)春の限定受注会を本日
より開催いたします。 
今週は、新たにサイドエラスティックのサンプルが届きましたので、ご紹介してまいりましょう。
左はCFステッドのダークブラウンスウェードで、右はタンドキップのネイビーで作ったもので
す。同じデザインでも素材が違うと雰囲気がここまで変わるのか、という好例ですね。
スウェードはメダリオンやブローグが映えて、クラシックな佇まいを醸し出しているように感じ
られますし、タンドキップのネイビーはビジネスシーンにお使いいただくには最適といったとこ
ろでしょう。

 


2.jpg 
サイドエラスティックで今回届いたもう一組は、スコッチグレインの黒と茶色のサンプルです。
画像を見るとちょっと違和感があるかもしれませんが、実は23.0cm(左)と28.0cm(右)と
いうBOSで展開している両端のサイズサンプルとも言えるものなのです。
REGALで新しいデザインを追加する際には、このように「全てのサイズを間違いなく作る事
が出来るのか」という検証がされないと、GOサインが出ないのです。店頭の我々からすると、
「1日も早く製品化してくれれば良いのに」と思うこともたまにあるのですが、やるべき事をきち
っとやるという姿勢を崩さないのがREGALたる所以で、製造関係者のプライドを感じさせると
ともに、我々店頭スタッフが安心してお客様にオススメできるバックボーンになっています。

 


3.jpg 
次に、オーダー会限定デザインのサドルシューズのご紹介です。
左・右ともにアニリンカーフをベースにしたものですが、右側は、サドル部分をコードヴァンの
ワインを配してドレッシーに仕上げました。カジュアルなイメージが強いサドルシューズですが、
先週ご紹介したゴルフシューズのように、色合いによってかなりシックな印象も演出できます
ので、是非一度ご検討下さい。
 その他にも、夏に向けて白を使ったコンビネーション(2色まで)やメダリオンの変更なども期
間限定でご注文いただけます。
お客様に色々な楽しみ方をご提案出来ますので、受注会期間中に銀座へお越しになるご予
定のある方は、REGAL TOKYOにぜひお立ち寄りください。  

「Built to Order System」 限定受注会
会期:2012年 3月16日(金)~3月25日(日)
お渡し予定:2012年6月中旬~
価格:44,100円(税込)~  ※ゴルフシューズは56,700円(税込)~

 

早いもので、昨年の大震災から1年を迎えようとしています。
日を追うごとに復興の息吹も感じられる出来事も目に飛び込んでまいりますが、現地ではまだまだ復興に程遠い現状があることも報道等を通じて見聞きいたします。 被災された皆様にあらためて心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

そんな中うれしいニュースが飛び込んでまいりました。我々の仲間である「REGAL SHOES石巻店」が1年ぶりに営業を再開いたしました。いつも笑顔の店長が皆様をお待ちしておりますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。

さて、恒例の春の限定受注会、3月は、2月の「シェットランドフォックス」に続き、「Built to Order System」(以下、BOSと表記) 限定受注会を開催いたします。今回は、久々にデザインを追加しました。 「サイドエラスティック」を加わえ、オーダー会限定の「サドルシューズ」と合わせて17デザインからお選びいただけるように致しました。

履き口周りの甲とくるぶしの間にエラスティックを配したこの靴の最大の特徴は、その脱ぎ履きのしやすさにあると言えます。営業職の方などで、接待でお座敷に上がったり、お得意先を訪問した際に靴の脱ぎ履きに時間がかかって気まずい思いをされた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本独特の文化とは言え、実用面ではありがたい機能と言えますね。

一方、実際にお履きになってみると、そのエレガントな佇まいに気づかれる方も多いのではないでしょうか。スリッポンでありながら、デザインの特性でセミブローグやフルブローグと同じように履いていただける訳です。エラスティック部分に革を蛇腹状に被せていることも、素材の持つカジュアルな雰囲気からドレスへの転換に役立っているのでしょう。

また、昨秋に引き続き今回の限定受注会でもトウ部分のデザイン変更を承りますので、メダリオンを取り大人しいデザインにすればかなりフォーマルな印象も演出できると思います。もちろんウィングデザインにして楽しむことも可能ですので、迷われてしまわれた方はスタッフにお気軽にお尋ねください。お客様と一緒に価値ある1足作りのお手伝いをさせていただきます。

ところで、この「REGAL TOKYO」限定企画なのですが、ここのところ遠方にお住まいの方から「通信販売をしてもらえないか」というお問い合わせを回を追うごとに頂くようになりました。そこで、今までにBOSをご利用になられた方に限らせていただきますが、オーダーの受付をさせて頂くことにしました。

11のサイズ、3つのウィズの組み合わせでお作りするBOSですので、ご自分のサイズ・ウィズがわかってらっしゃるということで、間違いの要素がかなり軽減できるということから、ご要望にお応えするためにオーダー受付に踏み切りました。ただ、素材などは期間限定のものもありますので、場合によっては現物を確認しないままオーダーすることになります。そういったリスクもあるということをご了解のうえ、お問い合わせをしていただければ幸いです。


golf_b.jpg
最後に、BOS限定受注会で同時開催している「ゴルフシューズ」のパターンオーダーで、昨秋にお作りいただいた作品の中から1点ご紹介いたしましょう。ゴルフシューズは、ウィズの変更はできませんが、甲革の組み合わせによってかなりお楽しみいただけるものになると思います。是非、ご検討ください。


「Built to Order System」 限定受注会
会期:2012年 3月16日(金)~3月25日(日)
お渡し予定:2012年6月中旬~
期間限定オプション:◆アッパーコンビネーション
               (2色まで;革によってできない組み合わせがあります)
             ◆ネーム入れ(アルファベット・アラビア数字8文字以内)
             ◆トウ部分デザイン変更
               (例:ストレートチップ→パンチドキャップトウ
                      ;デザインによってできないものがあります)
            
価格:44,100円(税込)~  ※ゴルフシューズは56,700円(税込)~


先日、春の「Built to Order System(以下BOSと表記)限定受注会」でオーダーをしていただいたT様が「REGAL TOKYO」にお立ち寄りになりました。足元は受注会でオーダーして頂いたサドルシューズです。


T様は、これまでにもBOSオーダー会で何足か作っていただいていたのですが、今回は割とおとなしめのWHIT×RED(エナメル)でのオーダーでした。ただ、オーダーの後で、この靴に合わせて着るものを作りますよ!と仰っていたので、どんなスタイルになるのかスタッフ一同あれこれと思いをめぐらせていたのです。例えば、私の様なトラッドスタイルの人間ならば、非常にオーソドックスにチノーズにアーガイルソックスを合わせる位にしか考えないものでしょう。

そして、今回のご来店!T様ならではのスタイルにコーディネイトしていただいて、とても感激しました。  


2.JPG靴の機能としては、「足を守る」、「歩行を助ける」の他に「自分らしさを顕示する」といったことがありますが、まさに「自分スタイル」を表現されているのではないでしょうか。
「REGAL TOKYO」では、「BOS」、「SHETLAND FOX」、「工房職人の九分仕立て」といったもので、春と秋に限定受注会を開催してきましたが、T様のようにお楽しみいただける方がいらっしゃるので、我々としても「次はどんな企画にしようか?!」とあれこれと情報を集め、知恵を絞っています。来春もオーダー会を開催する予定ですので、皆様どうぞ「ご自分スタイル」を作りにいらしてください。そして大いに靴をお楽しみください。

 


最後に、T様、9月にオーダーしていただいた「SHETLAND FOX」の赤スエードとネイビーカーフのセミブローグがまもなく出来上がりますので、もうしばらく楽しみにお待ちください。そして、我々スタッフに新たな刺激を与えていただければ嬉しい限りです。

恒例の春に続き「Built to Order System」(以下、BOSと表記)秋の限定受注会が本日より開催です。 

「Built to Order System」 限定受注会
会期:2011年 10月14日(金)~10月23日(日)
お渡し予定:2012年1月下旬
価格:39,900円(税込)~  ※ゴルフシューズは52,500円(税込)~

先週もお知らせした通り、今回は、ストレートチップでトウのバリエーションを選べたり、ダブルモンクストラップのトウキャップが外せたりといった仕様の変更ができるのですが、今回は、限定受注会だけのデザインであるサドルシューズとゴルフシューズについて触れてみたいと思います。
まず、サドルシューズです。これは、画像を拡大してご覧いただくとわかりやすいのですが、ホワイトベースに黒のサドルシューズと言っても左右でステッチ・シューレースの色が違うのです。受注会限定モデルだけに、ベース部分かサドル部分、何れかの色に合わせてステッチの色も選んで頂けるようにしました(この場合は白か黒(決めごとがありますので詳しくはお尋ね下さい))。一寸したことですが印象が随分変わるのではないでしょうか。
また、色々なパターンが考えられるデザインですが、オーソドックスなホワイトベースだけでなく、黒ベースに黒の型押しのサドルを配してドレッシーな雰囲気を醸し出すなんていうことも出来ますので、是非カジュアルでもドレスでもご検討いただければと思います。

 

 


ゴルフシューズSample.jpg次にゴルフシューズですが、デザインはBOSにないショートウイングチップとサドルシューズです(受注会限定デザインのサドルシューズとも少し違いますので、このデザインを気に入った方は、革底やリッジウェイソールなどの底を選択すれば、普段もお履き頂けます(Gウィズですからゆったりです)。
上の画像は、レギュラーで展開しているW118DHのサドル部分の型押し革をベース部分に使い、サドル部分にイタリア製のクロコダイルの型押し革を配したサンプルです。ゴルフのファッションスタイルも様々ですが、シックな大人の雰囲気を楽しみたい方にはこんなコンビネーションも楽しいのではないでしょうか。
また、前回同様エナメル素材で黒・赤、ガラス素材でネービーを用意しておりますので、もちろんアスリート系ファッションの方にもお楽しみいただけることと思います。
 その他にも通常のBOSのコンビネーション(2色まで)も期間限定でご注文いただけますので、受注会期間中に銀座へお越しの際はぜひREGAL TOKYOにお立ち寄りください。  

 

 

 

昨年の10月に再スタートした「REGAL TOKYO」では、恒例の春の限定受注会に加え、秋にもオーダー会を開催することは既に9月始めの当レポート上でお知らせした通りです。
さて、10月は、9月の「シェットランドフォックス」に続き、「Built to Order System」(以下、BOSと表記) 限定受注会を開催いたします。

 
今回は、今までお客様から寄せていただいたご要望を少しでも取り入れたいと思い、デザイン追加ではなく、仕様変更の選択の幅を増やすことに致しました。
それは、第1に、一番良く聞かれる「「パンチドキャップトウ」に出来ないか?!」というご要望にお応えすることです。しかもギザ付き・ナシいづれも可能にしましたので、今までオーダーを躊躇されていた方にもお喜びいただけるものと確信しています。(上の画像は左上から時計回りに「キャップのみ」、「ギザなし親子穴」、「ギザなし親子穴メダリオン付き」、「ギザ付き親子穴」の既製品の見本パターンです)
ストレートチップの場合には、更に、トウにメダリオンを付けることも出来ますし、レースステイのハトメ脇ステッチも「スワンネック」に変更することも出来るようにいたしました。
ここまでやってしまうと、パターンオーダーでなくとも、キャップをとって「内羽根プレーントウ」にしたり、「シームレスバック」にしたりという位しかいじりようが無くなってきますね。本邦初公開、期間限定ですので、BOSファンの皆様ご検討お願い致します。

 

 


ハトメ脇スワンネックステッチ.jpg

他には、ダブルモンクストラップのデザインで、キャップが無いプレーントウタイプも可能にしました(こちらは残念ながら親子穴・ギザは不可となります)。また、オーダー会恒例のコンビネーション仕様についても、セミブローグのストレートチップをウィングチップに変更することで、パターンを増やすことが出来ました。もちろん、サドルシューズやゴルフシューズも期間限定でご注文いただけます。
BOS15デザインの更なる広がりとプラスα(サドルシューズ、ゴルフシューズ)をぜひご堪能下さい。

 

GOLFSHOES OrderSample.jpg「Built to Order System」 限定受注会
会期:2011年 10月14日(金)~10月23日(日)
お渡し予定:2012年1月下旬
価格:39,900円(税込)~  ※ゴルフシューズは52,500円(税込)~

 

 

 

暑い暑いと思っていたら、例年に比べてかなり早くに今年の梅雨は関東地方でも明けてしまいました。こんな時期にはやはり爽やかなネタをご提供しようと、今回はホワイトベースのコンビネーションシューズをご紹介する事にしました。
丁度、「Built to Order System(以下BOSと表示)」春のオーダー会分もほとんどお客様のお手元にお届けできましたので、その中から印象的な2足をご紹介いたしましょう。

まずは、いつも端正なたたずまいのI様にオーダーして頂いたフルブローグです。実はI様にBOSのご注文をいただくのは2足目なのですが、1足目はリラックスしてお履きになるというスリッポンだったので、今回はお渡しの際のフィッティングに少し緊張いたしました。
結果はレングス、ウィズともに申し分なくご満足いただける出来上がりで、担当者としてはホッとしています。
さて、ブラックとホワイトのコンビネーションシューズですが、トウとヒール部のカラーに合わせてステッチをブラックにしたことで、全体に締まりのある仕上がりとなりました。お渡し当日も、ビシッとスーツスタイルでご来店いただいたI様は、この靴をどのようなスタイルでコーディネイトされるのでしょうか?とても楽しみです。

 

 

 

WT×REDサドルシューズ.jpg次にご紹介させていただくのが、サドルシューズです。この画像では分りにくいかもしれませんが、サドル部は光沢の美しいエナメルの赤なのです。
いつも当店にお立ち寄りいただく度に、我々スタッフの目を楽しませていただけるT様のオーダーで、BOSのオーダー会でも我々にハッとした驚きを与えてくださいます。
サドルシューズというと、レンガ色のスポンジソールというのが定番かもしれませんが、濃茶のソールステインを施したレザーソールがトウにスマート感のある木型と相まって、大人のリゾートスタイルを感じさせる1足になりました。
今回も、この靴に合わせて、ジャケットやパンツも考えていらっしゃるとの事でしたので、是非そのスタイルでお立ち寄りいただきたいものです。

今回の2点は、それぞれお洒落上級者の方が、仕様を懲りすぎずにベーシックな中に個性を吹き込んで、その方のスタイルを感じさせるという好例だと思います。
ホワイトベースのコンビネーションシューズで、爽やかに或いは情熱的にこの夏を心地よくお過ごしいただければ、作製に関わった我々と致しましても嬉しい限りです。


 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss