皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
先週末で「2018年秋のパターンオーダー会」全日程が終了いたしました。パターンオーダー会をいつも楽しみにお待ち頂いているお客様、今回の「初めての一足」をご注文して頂きましたお客様にあらためましてお礼申し上げます。ご注文品の完成まで楽しみにお待ち下さい。また、タイミングが合わず期間中にご来店が頂けなかったお客様、次の機会にお待ち申し上げております。

 

この「REGAL TOKYO REPORT」では、秋のパターンオーダー会をテーマにした情報の合間に新製品のご紹介をしておりますが、いよいよ「真打ち」の登場です。REGAL TOKYO ORIGINALの中でも特に人気のシリーズで、最近さらに注目を集めているデザインの「素材追加」でございます。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W937 CE】外羽根プレーントウ3アイレット

甲革:スエード(英)
色:ダークブラウン
底材:革底(爪先ゴム仕様)+ REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥41,040(税込)

こちらのスエードは、ダークブラウンの色合い、滑らかな毛足、そして足元に収まった時の上品さが際立つ素材です。今回は「外羽根プレーントウ3アイレット」との組合せでご提案いたします。

爪先ゴム仕様の革底とREGAL TOKYO耐久化粧ヒールの組合せによる安心の実用性は、このシリーズが長きにわたり、お客様よりご支持を頂いている理由の一つでもあります。

現行色のブラック・ダークブラウンはお手入れの楽しみも味わって頂ける甲革素材なのに対し、新色のダークブラウンスエードは一際洗練された上品な印象の素材になります。

スエード素材のお手入れは
①スエードブラシでブラッシングします。
②付着した汚れはバックスガムで落とします。
③スエードモイストミストをムラなく吹き付けます。
④乾燥後に毛足を整え、靴全体をウォータープルーフスプレーで保護します。 
※上記のシューケア用品は、店頭にてご用意しております。

季節が一段と進み、ファッションコーディネートもフランネル、ツイード、ホームスパン、コーデュロイと温もりのある素材が活躍する季節になりました。着こなしの仕上げにスエード素材を使用した一足はいかがでしょうか。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
11月の日程は、11月25日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせです】
月曜日が定休日となっております。
11月は12日、19日、26日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
ここの所、カラッとした秋風が吹く良い天気が続いておりますので、休日のお出掛けの予定が立てやすくなりましたね。 今度の休日は、どうしようかと待ち遠しくなります。 皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

 

さて、REGAL TOKYOでは、新製品の入荷が続いております。 本日は、REGAL TOKYO ORIGINALのシリーズに新たにデザインが加わりましたので、ご紹介いたします。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W197 DJ】
色:ブラック、ダークブラウン
価格:¥43,200(税込)

 

今回甲革に「手もみ革」を使ったシリーズに、待望の新しいデザインが加わりました。2016年秋にデビューしたシリーズですが、ご愛用いただいているお客様より、Uチップの他にレースアップのデザインが欲しいというお声を多く頂き、今回外羽根キャップトウのデザインを追加いたしました。

●REGAL TOKYO ORIGINAL Uチップ/ダブルモンクストラップ

 

こちらのシリーズは、出張や旅行に替えの靴を持って行くのは荷物になるので「ONとOFFどちらにも合わせられる1足を探している」というお話しや「雨の日の濡れた路面でも安心して履ける1足を探している」というお客様からのご要望から生まれました。

 

甲革には、傷が目立ちにくくビジネス用としても合わせられる「手もみ革」を採用しました。パターンオーダー会でも好評の甲革で、細かな型押しのシボがあり、四方から職人の手で揉んでいるので、「手もみ革」という名称で呼ぶようになりました。私も好きな甲革の一つなので、「手もみ革」を使って、オーダーした事があり、手に取ってみると、やや厚みのある革ですが、履きこんでいくと足馴染の良い革です。

●靴:W197 DJ、ベルト:TB99 AB(手もみ革) 価格:¥12,960(税込)

 

底材は、雨の日を気にせず、路面の凸凹も考慮して、ダイナイトソールの底材にダブルソールの厚底仕様になっています。ダブルソールによってしっかりと足を支えてくれますので、様々な路面のある海外出張にもおススメです。 更にこの靴に合うベルトが欲しいとのご要望から、ベルトも昨年お作り致しました。

 

この靴は、REGAL Built to Order Systemで実績のあるアメリカンタイプの木型を採用、幅広い世代のお客様にもご愛用頂ける1足だと思います。 ぜひ、一度手に取ってお試し下さいませ。

 

REGAL TOKYOでは、11月4日(日)まで、「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」を開催しております。店頭にサンプルをご用意しておりますので、丁寧に時間をかけて作り込んだハンドメイドならではの作りを手に取ってご覧いただけます。また試履き用のサンプルもご用意しておりますので履き心地を体感していただければと思います。

11月3日(土)、4日(日)は、工房の職人が終日、店頭でお客様のお相手をさせていただきますので、靴談義をしながらのご注文をお楽しみ下さい。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。11月は、11月25日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  11月は、5日、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。「2018年秋のパターンオーダー会」第二弾「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会(以下PO会)を開催中です。「REGAL Built to order system」よりもカスタマイズ感の強い仕様選択が可能で、細部まで拘ったスペシャルな一足をお作りすることができます。ご注文を承ったお客様からは、「出来上がりが楽しみ」とお言葉を頂戴しました。私も注文を承った靴の出来上がりを今から楽しみにしています。PO会は10月14日(日)までの開催となっておりますので、ぜひご来店下さい。

 

この秋のPO会では特に「スエード素材」をクローズアップしていますが、皆様お待ちかねの18年秋REGAL TOKYO ORIGINALの新製品でも久し振りに「スエードのドレスシューズ」をご用意いたしました。

写真(右)REGAL TOKYO ORIGINAL【W07R DE】ダブルモンクストラップ
甲革:スエード(英)
色:ダークブラウンスエード
底材:革底(ハーフミッドソール)+ REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥48,600(税込)

 

写真(左)REGAL TOKYO ORIGINAL【W05R DE】ウイングチップ(外羽根式)
甲革:スウェード(英)
色:ブラウンスウェード
底材:革底(ハーフミッドソール)+ REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥48,600(税込)

 

REGAL TOKYO ORIGINALでエレガントなスタイルで注目を集めているシリーズに、今回はダブルモンクストラップとウイングチップに素材追加としてご用意いたしました。ではそれぞれのデザインを見て行きましょう。

10月に入り衣替えの時期、ネクタイの着用やお仕事着も素材感を楽しめる季節になって参りました。足元をかっこよく見せる靴の代表に挙げられるダブルモンクストラップには、上品且つ落ち着いた印象のダークブラウンスエードを用意しました。

現行色のブラック・ダークブラウンのスムースレザーに、今回新色のダークブラウンスエードが加わる事で幅広いコーディネートが楽しめそうです。

外羽根式のウイングチップには、ブラウンスエードを用意しました。毛足が長くないミディアムブラウンのスエード素材は洗練された雰囲気で、プライベートの着こなしにも対応出来る仕上がりとなりました。

個人的には、現行品の陰影の表情が特徴的なダークブラウンのスムースレザーよりもよりドレッシーな印象を持ちました。

スエード素材は一年を通して活用出来る素材として定着して参りましたが、色合いや素材感が季節感を感じさせてくれます。スムースレザーに比べお手入れの頻度は高いかも知れませんが、通常はブラシとスエードスプレー、ウォータープルーフスプレーと使用するお手入れ用品もそれほど多くないので、扱いやすい素材です。季節の変わり目にふさわしい一足をぜひREGAL TOKYOでご覧下さい。皆様のご来店をお待ち申し上げております。


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。10月の日程は、10月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は15日、22日が定休日となります。
なお、10月29日(月)は「工房職人の九分仕立てオーダー会」の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
「2018年秋のパターンオーダー会」第一弾、「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会が盛況のうちに終了致しました。期間中は多くのお客様に御来店頂き、誠にありがとうございました。スエード素材が非常に豊富なパターンオーダー会も近頃珍しく、初めてのスエード素材による一足というお客様もいらっしゃいました。ご注文を頂きました靴の出来上がりを楽しみにお待ち下さい。

 

今回はBOSでご注文頂きましたラバーソールにまつわるエピソードをご紹介致します。先日のパターンオーダー会でも雪道対応の靴を準備しておきたいとご注文を頂いたお客様が選択された「ノンスリップソール」。BOSでご選択頂けるラバーソールは「ダイナイトソール」と「ノンスリップソール」がございます。ダイナイトソールはその耐久性は勿論の事、ドレスシューズに組み合わせても違和感が少なく汎用性が高い底材ですが、硬度が高い為足当たりがハードなところがあります。


ある日、ご高齢のお客様よりBOSのご注文を承りました。仕様を決めていく中で底材の話になり、ラバーソールで、足当たりの柔らかい底材をご要望でした。ダイナイトソールをご覧になった最初の感想は「重くて堅いね」でした。そこでノンスリップソールをご案内し、店頭でノンスリップソールのサンプルシューズをお試し頂いたところ、「この感じならあまり重くないし、堅さも感じにくいから大丈夫。」との事でノンスリップソールに決まりました。(※ノンスリップソールをご選択の場合、ヒールもノンスリップヒールとなります。)

約2ヵ月後、ご注文のBOSが完成し、お受取に御来店されました。お試し頂いた最初の感想は「あまり堅くないし、重さも感じない。滑りにくそうだから安心して履けそうだね。」とおっしゃって頂けました。お話をお伺いすると、足の筋力も変わってきて堅くて重い靴を履くのがつらく、かといってウォーキングシューズは見た目が機能的すぎるので、人と会う時はもう少しきちんとした靴を履いていきたいという事でした。

 

お渡しの際には、着用頻度が高いと底材の溝が早く減ってしまうのでお持ちの靴と組み合わせたご着用のおすすめと、踵が減った際はヒール交換で修理を承る旨をお話し、ご注文の靴をお持ち帰り頂きました。

レザーソール、ラバーソール其々に長所や短所があり、実はこういったメリットがあったという新しい一面をお客様からお伺いする事も多くあります。お客様の着用環境、使用目的に応じた靴選びをお手伝いさせて頂きますのでぜひREGAL TOKYOへ足をお運びください。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
9月の日程は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は1日、15日、22日が定休日となります。
なお、10月8日(月・祝)は「LAST#50スペシャル」オーダー会
10月29日(月)は「工房職人の九分仕立てオーダー会」の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
秋の一大イベントであるREGAL TOKYO パターンオーダー会の日程を先週お知らせ致しました。各パターンオーダー会にて、皆様とお会いできる事を楽しみにしております。さて今回は、2018年春の新作としてご紹介した商品の入荷情報をお届け致します。春にご紹介した直後より反響が非常に高かった商品が、再入荷いたしました。ご検討して頂いていたお客様、大変お待たせいたしました。
            ●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W14R DC】
             展開色:ブラック
             素材:牛革
             製法:グッドイヤーウエルト式製法
             底材:レザーソール(ハーフミッドソール仕様)

                +REGAL TOKYO ORIGINAL耐久化粧ヒール
             価格:¥46,440(税込)

 

商品詳細につきましては、2月にREGAL TOKYO REPORTでご紹介しておりますので、ご参考になさって下さい。こちらの商品は、以前よりお客様から頂いていたご要望をもとに製品化いたしました。フォーマル用の靴としてまず思い浮かぶのが「内羽根ストレートチップ」ですが、格式が高くドレスコードが定まっている場面で活躍するデザインが、この「内羽根プレーントウ」でございます。特に拘った仕様が以下の3点です。

まずは「黒」の意匠に統一しました。「カラス仕上げ」と呼ばれるブラックのソールステインカラー。単色で黒を用いる事で引き締まった表情になります。

そして、ライニングカラーもREGAL TOKYO ORIGINALで真っ先に思い浮かぶ「パープル」をあえて使用せず、ブラックで統一し格調高い一足に仕上げました。

さらに、本来は底材の厚さを通常の「シングルソール」にするところですが、足裏が敏感で地面からの突き返しを感じやすい方や踏みこむ力が強く、ソールの屈曲面が消耗しやすいとお悩みの方へ向けて、ソールの前足部に革一枚分厚みを持たせた「ハーフミッドソール」を採用し、実用性にも拘りました。

REGAL TOKYO REPORTで商品の再入荷についてお知らせする機会というのは極めて稀ですが、お客様から入荷予定のお問い合わせも多く頂戴しており、この場をお借りしてご案内致しました。ご希望のサイズをお待ち頂いていたお客様は勿論の事、こういったデザインの靴をお探しだったお客様もぜひ店頭でご覧下さい。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月の日程は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
9月は3日、10日が定休日となります。
※なお、9月17日(月)、24日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO インスタグラムもご覧ください。

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
私が「REGAL TOKYO REPORT」の記事に携わるようになり、不定期で着用している靴の変化をご紹介しております。今回は履き込んだ靴の「シワ」の入り方に注目して、ご覧頂ければと思います。まずはこちらです。

           ●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W189DJ】
            展開色:ブラック、ワイン
            素材:牛革
            製法:グッドイヤーウエルト式製法
            底材:レザーソール
            価格:¥43,200(税込)

 

 

定番REGALの代名詞ともいえる光沢のある厚手の甲革素材。この素材で皆様が必ず気になさる「シワ」や「割れ」ですが、着用を始めて約一年が経過し、現在はこうなっております。

大きく波打つような「シワ」が特徴的ですね。お客様に靴のお試し履きをして頂く際に膝をついた形になりますから、通常の着用に比べても屈曲部分を「折り曲げる」といった状態になりますが、今の所「割れ」は生じていません。

続いては、季節的にはまだ早いかなと思いましたがこの「REGAL TOKYO REPORT」には久し振りの登場となるので思い切ってご紹介致します。

           ●REGAL TOKYO ORIGINAL ウイングブーツ【W988ED】
            展開色:スコッチブラック、スコッチブラウン
            素材:牛革(型押し革)
            製法:グッドイヤーウエルト式製法
            底材:革底(ハーフラバー加工)
            価格:¥58,320(税込)

 

夏真っ盛りの季節はハイカットスニーカーを履くイメージで七分丈のパンツにラインソックスを合わせてスポーティな合わせ方を楽しんでいます。今は着用機会も限定的ですが、このような状態です。

カーフの革に型押し加工がされており、革の柔らかさとシボの大きさにより「シワ」を目立たなくする効果が高いですね。

左足は店頭商品で右足が私の着用靴です。こちらは約2年となり、屈曲部は革が十分に馴染んできた事でシボが平面的になりました。改めて見るとこういった細かな変化に気づかされます。

左右で履き込んだ靴と新品の靴を並べてみると、着用とともに生じる「シワ」は革もしくは靴に表れる「表情」ではないでしょうか。素材特性が顕著な甲革素材の「シワ」を中心にご紹介致しましたが、今回の「REGAL TOKYO REPORT」をご覧頂いた後に、改めてお持ちの靴をご覧になると、何か違った雰囲気の表情が見えてくるかも知れません。ぜひ、お持ちになられている靴の「表情」をお楽しみください。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月の日程は、8月19日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
8月は20日、27日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO インスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。


今年の様に日差しが強くて暑い日が続くと、出来るだけ清涼感があるものが欲しくなります。まず、飲み物は欠かせませんが、お昼休みのランチに出掛けても喉越しの良い麺類を選んでしまいます。毎日の装いも、濃い色目よりもトーンが明るい色目を選びがちです。 
 上の写真は、当店スタッフが仕事用に購入したREGAL TOKYO  ORIGINALのホワイトスニーカーです。この暑い夏になって店頭で見ていると、とても涼しげで軽やかに見えるので、私には新鮮に映りとても好印象でした。色目としてもホワイトは、どんな色とも合わせやすいので、好みのパンツやソックスを選んで合わせる事が出来ると思います。

  
春から夏、そして初秋にかけて、クールビズスタイルになって、より涼しげで軽やかな装いになります。今年の夏は、よりカジュアルなポロシャツでも良いという事をお客様より伺いました。 つい先日の朝もライトグレーのドレスパンツにホワイトスニーカーで通勤している方を見かけて、ビジネススタイルも様々な装いが一般的になってきた事を感じました。

            ●REGAL TOKYO ORIGINAL W541 ¥37,800(税込)

 

このスニーカーは、グッドイヤーウエルト式製法で作られていますので、オールソールの修理が可能です。グッドイヤーウエルト式製法は、履きこむ程に足に馴染んでいく製法です。当店スタッフの場合は、2ヶ月ほど履いている間に自分の足にどんどん馴染んできたとのことでした。履いてみるとしっかりとした底材を感じることができ、安心して履いていただける1足です。

            ●REGAL TOKYO ORIGINAL W13R ¥43,200

 

他にREGAL TOKYO ORIGINALでは、上の写真のタッセルが今年の春にデビューしました。 スニーカーと比べて、よりドレッシーな装いに合いますので、麻のパンツやショートパンツなどおしゃれに合わせてみてはいかがでしょうか。 
 このタッセルシリーズのホワイトは、とてもソフトなシュリンクレザーなので、履いてみると足あたりが柔らかく、馴染みやすい1足です。上の写真では、私の愛用のソックスと合わせてみました。このようにソックスを見せるコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。もちろんフットカバーと合わせて素足感覚で履いていただくのも涼しげで快適だと思います。

 

本日は、ホワイトの靴をご紹介させて頂きました。梅雨明けが早く今年の夏は、例年以上に長くなりそうなので 少しでも気分をすっきり涼しげに、軽やかに過ごしたいものですね。今週末からお盆休みの方が多いと思います。銀座方面へお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ。

 

皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月は、8月19日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 
 ※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
8月は、13日、20日、27日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO インスタグラムもご覧ください。

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


お客様が新しく靴をご検討されている時、「どのような雰囲気の革がお好きですか?」とお伺いしています。色合いがしっかりとした革や明るくスポーティな印象の革など様々ですが、今回は同じ革や色で異なるデザインを幅広く楽しめる「バーニッシュドレザー」、なかでもネイビーとブラウンをご紹介致します。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL ローファー【W989 DJ】
展開色:ネイビー、ブラウン、ブラック、ワイン
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール+ REGAL TOKYO 耐久化粧ヒール
価格:¥43,200(税込)

●REGAL TOKYO ORIGINAL タッセルスリッポン【W13R CL】
展開色:ネイビー、ブラウン、ホワイト型押し
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:ダイナイトソール+ヒール
価格:¥42,120(税込)

●REGAL TOKYO ORIGINAL レザースニーカー【W541 CE】
展開色:ネイビー、ブラウン、ホワイト、ダークブラウン
製法:グッドイヤーウエルト式+セメンテッド式製法
底材:ラバーソール
価格:¥37,800(税込)

 

ご紹介した3種類の靴は全て異なるデザインですが、甲革は全て同じ素材「バーニッシュドレザー」を使用しております。国産のキップ素材をワックスによる焦がし仕上げを施す事で濃淡が際立ち、お手入れを重ねるごとに風合いが増していきます。今回は、3種類のとりわけリラックスした雰囲気の靴をご提案していますが、同じ素材を使ってパターンオーダーはいかがでしょうか?

●REGAL Built to order system
デザイン例:(右から)ストレートチップ外羽根、ダブルモンク、プレーントウ、サイドエラスティック
展開色:ネイビー、ブラウン、ダークブラウン、ワイン
素材価格:¥47,250(税込)

REGAL Built to order system(以下BOS)で「バーニッシュドレザー」をお選びになるお客様も多くいらっしゃいます。ネイビーはお仕事用としてお作り頂くお客様が多く、こちらはその一例です。私も一時期店頭でネイビーの靴を履いていたのですが、お客様に気づいて頂ける機会が中々ありませんでした(涙)。その位ネイビーは装いに溶け込みやすい色でご注文も増えております。

季節柄明るい色をお探しのお客様も多く、こちらの靴は、正統派のメダリオン付きストレートチップに目を引く明るさのブラウンを組み合わせて、ご注文して頂きました。

今回ご紹介したバーニッシュドレザーは、「当店では、BOSでお選び頂ける革を使ったオリジナルシューズを展開しています。」「実はこのスニーカーに使っている革でBOSをご注文して頂けます。」といったご紹介をしています。 私は、お客様のご要望に最もお応えできる革素材の一つではないかと思っています。これから革靴を本格的に楽しみたいとお考えのお客様にも自信を持ってお勧め出来る革素材です。ぜひ店頭でご覧下さい。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月は、7月29日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
7月は30日が定休日となります。
8月は6日、13日、20日、27日が定休日です。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
今年の夏はどうなるんでしょうか。とても暑い日が続いて、お昼休みに出かけると、少しでも楽な日陰を探してしまう程に日中の日差しが強いですね。この暑さは、身体に堪えます。 皆様はいかがお過ごしですか。

 

さて、’18年春のオーダー会の第1弾「Last#50Specialパターンオーダー会」の靴が仕上がって、お客様から「楽しみに待ってました~」とご来店頂いております。お渡しする際に、「他の皆さんは、どんな靴を作っているんですか?」とお尋ねがありましたので、今回ご紹介したいと思います。

              ●タンドカーフ(WINE×GRAY) ¥62,640(税込)

              ●タンドカーフ×型押し(GRAY×Black) ¥66,960(税込)


上の写真のオーダー靴は、甲革素材に今回のオーダー会で初めてご用意した「タンドカーフ」のWINEとGRAYのカラーを選んで頂きました。革見本やサンプルの靴をご覧になってお選びになる方も多く、ご好評をいただきました。爪先にアンティーク仕上げが施してあり、お手入れをしながら履きこむと革の経時変化とともに独特の風合いが生まれ、お召しになっている方だけの特別な雰囲気になっていくと思います。 特に私は、GRAY色がどのようになるのか楽しみです。

              ●オイルレザー×キップ(GREN×Dark Brown)  ¥56,160(税込)

              ●型押し×オイルレザー(Black×Black)  ¥63,720(税込)

 

上の写真の2足は、他のオーダー会には無い仕様で「Last#50Specialパターンオーダー会」ならではの靴になりました。例えば、リバースウエルト式製法やリッジウェイソール、鳩目の選択は、このオーダー会でしか選択できない仕様となっており、この爪先にボリュームのあるラウンドトウの「Last#50」の木型に、とても似合っていると思います。そんな仕様選びができるのも、この木型がたくさんのお客様からご好評いただいている理由かもしれません。

              ●カーフ(Black)  ¥65,880(税込)

              ●カーフ(Brown)  ¥60,480(税込)

 

次に上の写真の2足は、Last#50の木型の履き心地を気に入っていただき、お仕事用にカーフ素材と革底仕様でご注文頂きました、ドレス仕立の靴です。木型は、同じですが、甲革や製法、底材など、仕様を変えると靴の出来栄えは様変わりですね。 

              ●型押し(NAVY×NAVY)  ¥59,400(税込)

 

そして、上のウイングブーツは、今回のオーダー会でしかお選び出来ないデザインです。 手もみ革と型押しのコンビやリバースウエルト式製法、リッジウェイソール、表鳩目、シューレースと、このオーダー会ならではの仕様を盛り込んだ靴をお誂えいただきました。

 

いかがでしょうか。パターンオーダーの靴は、履き心地はもちろんですが、お履きになるシーンやコーディネートに合わせたり、お好みの仕様を選んでご注文頂けます。 当店では、春と秋の年2回に3種類のパターンオーダー会を開催しております。

 

今年の秋のオーダー会についても、担当者と打ち合わせを重ねております。詳細が決まりましたら、このReportでお知らせいたしますので、楽しみにお待ち下さいませ。また、オーダー会について、ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

お近くにお越しの際は、一息涼みにお立ち寄り下さい。
今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

【ご案内】
6月より、月1回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
今月の日程は、7月29日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間のお時間を頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 
 
※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は23日、30日が定休日となります。
8月は、6日、13日、20日、27日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber