先週から始まりました「REGAL Built to Order System限定受注会」にたくさんのお客様のご来店並びにご注文を頂きありがとうございます。

 

今回も、個性的なオーダーやオーソドックスなオーダーなど多彩なお客様のお好みから、限定受注会を開催した意義を感じさせて頂けました。
更にお楽しみ頂ける内容にしていけるよう、これからも工夫を重ねていかなければならない と身が引き締まる思いです。

なお、限定受注会は9月29日(日)までとなっておりますので、ご興味のある方は、お早めにご来店の程お願い申し上げます。

 

さて、今週は「REGAL TOKYO ORIGINAL」のスタイリッシュなストレートチップが入荷してまいりましたので、ご紹介いたします。

通常新しいグループをリリースする際には、デザインも3~4型程度で展開することが多いのですが、今回はストレートチップ1デザインのカラーバリエーションのご提案です。
(画像向かって左から ブラック、ブラウン、ネイビー もう1色ワインがあるのですが、近日入荷予定という事でしばらくお待ちくださいませ)

 

この企画は、「肌理の美しい」革でカラフルにドレスシーンを飾ろう!ということで始まりました。特に、画像向かって右端の「ミッドナイトブルー」とも言えるネイビーは、パッと見は黒なのですが、その深い味わいが魅力的です。
また、キャラメルカラーのブラウンも革本来の優しさに溢れた風合いで、こちらもとても色合いが素敵です。

 

この秋、シックなスタイルでまとめてみようとお考えの方がいらっしゃいましたら、是非、一度現物をご確認いただければ と思います。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ
品名:42ER DB 
色:ブラック、ブラウン、ネイビー、ワイン
価格:¥44,100(税込)
製法:グッドイヤーウエルト式  
サイズ:23.5~27.0cm

 

 

 

今回は、先々週にご紹介したスエードスニーカーに続き、「REGAL TOKYO」オリジナル秋の新作「スエードチャッカブーツ」です。

 

春夏のスエードスリッポンが好評で、昨年あたりからベーシックなスエード素材の靴をお探しの方が増えてきていたのを受けて、割と早い時期から企画を進めていたのが今回のチャッカブーツです。
お客様のご要望を踏まえた店発信の企画ですから、画像でご覧頂くとお分かり頂けるようにオーソドックスな仕様にこだわりました。

 

ラウンドトウの木型は、丁度いい長さで永くお履きいただけますし、腰部のステッチワークや棒状の市革もカントリースタイルをイメージさせます。また、このムードをさらに高める為に、底材にはダイナイトソールを採用しました。

ただ、普通なら素材を決める際にイギリス製の毛足の短いスエードを使うところなのですが、もう少し柔らかい印象と履き心地を実現するために、あえてイタリア製のスエードを選びました。特に、ブラウンスエードはウエルト(細革)に生地色のものを使ったことによってより軽快感が演出できたのではないかと思います。

もし、こんなスエードチャッカブーツで革底のものをお探しの方がいらっしゃいましたら、その時は「REGAL Built to Order System」をご利用下さい。
デザインは多少異なりますが、底の仕様だけでなく、ウィズもお選びいただけますし、9月から「REGAL TOKYO」だけで追加になったネイビースエードも魅力的です。(納期は約2ヶ月かかりますが...)

 

以上、ご説明してきましたオーソドックスなチャッカブーツは、ブラウン、ダークブラウン、ブラックと3色ご用意いたしましたので、是非、秋のコーディネイトにお役立て下さい。

REGAL TOKYO ORIGINAL スエードチャッカブーツ
品名:W585CG 
色:ブラウンスエード、ダークブラウンスエード、ブラックスエード
価格:¥38,850(税込)
製法:グッドイヤーウエルト式  
サイズ:23.5~27.0cm

 

まだまだ暑い日が続きますが、8月も残りわずかとなりました。この時期、子供の頃はいつも宿題の追い込みを必死になってやっていたことを思い出しますが、皆様のご家庭でもそのような光景は今でもあるのでしょうか。


さて、秋を迎えるにあたって「REGAL TOKYO」にもオリジナルシューズが届き始めています。

今回はスエード素材を使ったスニーカーをご紹介いたしましょう。

 

このスニーカーは、甲革にイタリア製のカーフスエードを使ったこともあり、とても柔らかな履き心地に仕上がっています。レザースニーカーといってもスポーツシューズ系のものはライニング(裏革)が合成皮革や化学繊維のものが多いと思いますが、このスニーカーではドレスシューズに使う牛革をソフトに仕上げたものを使っています。 

製法もグッドイヤーウエルト製法をベースにしていますので、中底が履きこむことによってだんだんお履きになる方の足形に成形されていくというところも見逃せません。それは、牛革の中底と中物にコルクを使っているということですね。もちろん修理も可能で、底の張替ができますので、長くお履きいただくことができます。

底材はスポンジ+合成ゴムで、「REGAL」らしく軽量ながら耐久性にも配慮しています。そして、お履きになってみると意外に感じるのが、軽さだけでなく「返り」の良さでしょう。

 

以上、ご説明してきましたように、見た目は普通のスニーカーですが、内容は「革靴」ともいえるこのスエードスニーカー。色もブルー、グリーン、グレーと3色ご用意いたしましたので、是非、秋冬の散策のお供にしていただき、ゆったりとしたお時間をお過ごしいただければと思います。


REGAL TOKYO ORIGINAL スエードスニーカー
品名:43ER BF 
色:ブルースエード、グリーンスエード、グレースエード
価格:¥27,300(税込)
製法:グッドイヤーウエルト+セメンテッド式  
サイズ:23.5~27.0cm

 

ここのところ、暑い日が続くせいか「REGAL TOKYO」でもカジュアルシューズのご要望が増えてきましたので、今回は、当店オリジナルのレザースニーカーをご紹介いたしましょう。

 

「クールビズ」もずいぶん定着してきた感はありますが、「ネクタイをしないだけ」な格好の方もそこここでお見受け致します。ちょっと残念な感じがしますので、この際、足元を軽快なレザースニーカーで決めてみるというのはいかがでしょうか。

 

このスニーカーの一番の特徴は、甲革にドレスシューズで使うようなカーフを使っていることです。レザースニーカーというと、ステア素材の顔料仕上げのものを良く目にしますが、そこは当たり前に作ってしまってはお客様に申し訳ないので、この商品の企画は「カーフ」素材ありきからスタートした訳です。

 

カーフ素材ならではの柔らかさは、足を入れた瞬間に心地よさとして感じていただけると思いますが、さらに色を入れられる面白さをあわせ持っているのです。

 

 

 

2.JPGこちらの画像で上の靴は、下のブラウン色の靴にクリームで色を入れていった結果で、このような別物に仕上がりました。
もし、ご要望がありましたら、我々スタッフが同じように仕上げますが、ご自分でダークブラウンやネイビー、ワインといったクリームをお使いになって「自分流」に仕上げてみるのも面白いと思います。是非一度お試しくださいませ。


REGAL TOKYO ORIGINAL レザースニーカー
品名:W571BH 
色:ブラック、ブラウン
価格:¥29,400(税込)
製法:セミマッケイ製法  
サイズ:23.5~27.0cm

 

今回は、当店オリジナルで水染めコードヴァン使いの新作が入荷しましたので、ご紹介いたしましょう。

水染めコードヴァンといえば、「REGAL Built to Order System」や春・秋に開催しているパターンオーダー会などでその独特の風合いや輝きによって人気の素材ですが、今回のオリジナルは「ブラウン」「カーキ」の2色が限定色としてプレーントウとロングウィングチップに採用されました。

 

コードヴァン素材は、牛革とは異なった繊維組織で、それ故革の染まり具合がなかなか安定しない1面があります。そんな中で出来上がってきたキャラメル色の「ブラウン」とオリーブドラブ色の「カーキ」が少量手に入りましたので、オリジナル商品として足数限定で作製されることになった訳です

 

画像をご覧いただいてお気付きになる方も多いと思うのですが、この素材感を生かす為に木型は#50LASTを使いました。ボリュームのあるラウンドトウがコードヴァンの素材感とマッチしてアメリカンテイスト溢れる一品に仕上がったのではないでしょうか。

 

デザインはプレーントウ、ロングウィングチップ、チャッカブーツの3デザインです。ドレス、カジュアル何れのスタイルにも合わせていただけると思いますので、ぜひ一度お試し下さいませ。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL 水染コードヴァンシューズ
W575(プレーントウ) 色:ブラック、ブラウン(足数限定)、ワイン
W576(ロングウィングチップ) 色:ブラック、カーキ(足数限定)、ワイン
価格:何れも¥67,200(税込)
W577(チャッカブーツ) 色:ブラック、ワイン 価格:¥68,250(税込)
製法:グッドイヤーウエルト製法  サイズ:23.5~27.0cm

 

2.JPG

 

最近、街中を歩いていると結構目にするのがスエード素材の靴です。スエードと云えば、以前は秋・冬の素材というイメージでしたが、ここのところ裏なしの柔らかい仕上げの革を使った靴を軽やかに春・夏のスタイルに合わせるということが定着してきているのでしょう。
「REGAL TOKYO」でも昨年に引き続きオリジナル商品として、タッセルスリッポンやチャッカブーツを4色展開でご提案しています。

 

さて、スエード素材の場合、お買い求めの際に意外とお客様から聞かれるのがお手入れの仕方です。確かにお手入れハンドブックなどを見ると、ビフォアケアが大切で、「小まめなブラッシングとスエードスプレーを使いましょう!」ということは書いてあります。
ただ、実際にスプレーをする際には、ジェット式の殺虫剤のように靴に向かって大量に浴びせかけるようにお使いの方も多いようです。実はこのかけ方だとほとんどが表面で跳ね返ってしまい、使った量の割には効果が上がらないそうです。スムースレザーのお手入れでもそうですが、お手入れ用のクリームなどは、あまりたくさんの量を使っても効果としてはそれほど大きく変わらないので、コストの面からも適量をお使い頂くことをおすすめ致します。

 

以前、お手入れ用品メーカーの方から伺った話ですと、目安としては、1・2・3とゆっくり数えながら30cm程度の距離からふんわりとふりかける位で良いそうです。そして、その効果が表れるまでには、30分程度そのまま置いておくことが望ましいということでした。ですから、お履きになる靴を朝決める段階で、スプレーをサッとかけて頂き、身支度をしている間に乾かしてしまうというのが賢いやり方のようです。
また、スエードスプレーには、保革だけでなく水や油もはじく効果がありますので、スエードの毛がべったりとくっついてしまうことも防げますので、是非お試しになってみて下さい。

 

スエードはチョットしたお手入れを施すことで、その表面積が大きい分効果が発揮され、雨に強い素材ともいえると思います。少し先になると雨の季節もやってきますので、快適にお履きいただく為に上手にブラッシングとスエードスプレーをお使いになって靴をお楽しみください。

 

 

4.jpgスエードスプレー:TY28A 価格:¥1,365(税込)
スエードブラシ  :TY04  価格:¥1,050(税込)

先週末の天候には驚かれた方もたくさんいらしたのではないでしょうか。4月になったばかりだというのに、強風と大雨で東京ではすっかり桜の花も散ってしまいました。
ただ、今週になって暖かさが戻り、いよいよ春・夏のお出かけシーズン到来といったところでしょう。今週は、そんな気分を軽くするようなスマートなカジュアルシューズが出来上がりましたので、ご紹介いたしましょう。

 

画像のように、デザインはオーソドックスな2ツハトメのデッキシューズタイプですが、やや長めの木型を採用し、軽快でスマートな印象に仕上がりました。
甲革にはウェンハイムレダー社(独)の型押し革から、白・カーキ・アクアブルーの3色を選びました。この革は柔らかさが特徴で、セミマッケイ製法の返りのよさと相まってストレスフリーな履き心地を実現いたしました。

今年は、カラー展開のパンツ提案を雑誌やセレクトショップなどでよく目にするのですが、ベーシックなデザインのこの靴でしたら色合いの綺麗なパンツとのコーディネイトもし易いのではないでしょうか。
是非お試しになってみて下さい。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL
W572BH 価格:¥29,400(税込)

「足元を固める」

April 05 2013

 

4月から新年度という会社が多いと思いますが、銀座でも新入社員と思しきフレッシュな方をお見かけするようになりました。ここのところやっと暖かくなってきましたが、まだ天候は不安定で、天気予報では雨の降る日も少なからずありそうです。
そんな中、自分の新入社員時代を思い返すと、足元は就職活動用に購入したREGAL1足だったという記憶があります。当然、雨に降られてしまうと、次の日は冷たい思いをして1日の営業活動をしていた訳ですね。

そこで、昨年も社会人1足目としてストレートチップをオススメしていたのですが、今回は昨年とはやや趣きの違うものを交えながら、幾つかフレッシュマン向きのものをご紹介してみましょう。

 

 

2.JPGまずデザイン№「W935」です。やや長めで二の甲が押えられた木型に柔らかいイタリア製のカーフを載せ、革底のつま先にゴムをつけて耐久性にも配慮した仕様になっています。この革の特徴として、クリームを塗ってお手入れをしていただくと割りと簡単に適度な光沢が出やすいことがあげられます。何かと忙しい方でも、お出かけ前にさっと乾拭きしていただければ万全です。
次にご紹介するのは、デザイン№「W978」です。この靴が入荷した時にもご案内したのですが、ロングノーズで甲の薄い木型は、スマート体型の今どきの若い方にはとてもよく似合うのではないでしょうか。柔らかいイタリア製の甲革とセミマッケイ製法のマッチングで、最初からストレスなくお履き頂けることと思います。

 

 

 

3.JPG続いて、「REGAL」からデザイン№「01DR」、「02DR」のご紹介です。「REGAL」らしいオーソドックスなラウンドトウ木型で甲革にはフランス製のカーフを採用いたしました。細かな番手のステッチやシャープなイメージの「ヤハズ」コバなど繊細な外見だけでなく、かかとのホールド感も良好です。既にストレートチップをお持ちの方もいらっしゃるでしょうから、一寸だけ飾りの入ったクォーターブローグという選択もよろしいのではないでしょうか。

 

最後に、雨の話題から入ったからには何か雨の日向きの靴はないのか?という方に、「REGAL Built to Order System」というパターンオーダーで、水をはじく加工をした革を選択してお気に入りの1足を誂えるというご提案です。ここまでご紹介してきた靴は全て革底で、通気性があって快適なのですが、やはり雨の日を考えると合成ゴムの底がよろしいでしょう。底材にダイナイトソールをお選びになれば、ドレスシューズの雰囲気を損なうことなく、耐久性も兼ね備えた靴が出来上がるはずです。

 

以上、社会人として就活用にプラスするものとしておすすめの靴をご紹介してまいりましたが、「REGAL TOKYO」には昨年ご紹介したストレートチップを始めとして他にも色々とございますので、一度ご来店してお試しになってみてはいかがでしょうか。


足元をしっかりと固めて、新しい世界でストレスなく活躍できるように是非とも準備してください。

 

W935 価格:¥34,650(税込)
W978 価格:¥34,650(税込)
01DR、02DR 価格:¥35,700(税込)
REGAL Built to Order System 価格:¥44,100(税込)~  ※納期:約2ヶ月

3月3日(日)まで開催した「LAST#50SPECIALオーダー会」にはたくさんのお客様のご来店並びにご注文をいただき誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。なお、出来上がりは5月末頃からとなりますので楽しみにお待ち下さいませ。

 

さて、今週は先週に引き続き、「REGAL TOKYOオリジナル」2013年春の新作第3便が届きましたのでご紹介いたしましょう。


こちらは、先週のスエードスリッポン「41DR」と同じ様に、リラックス感を持たせたチャッカブーツのご提案です。このブーツは、やや長めのスマートな木型に踏まず部分を絞ったコンタードインソールを採用し、グッドイヤーウエルト製法で仕立てました。基本をしっかりと抑えた「つくり」の中に甲革を裏なしにすることで軽快なブーツが出来上がったのではないでしょうか。
甲革にシャラダ社(伊)のスエードを使うことによって、洗練された遊び心を上品に表現できたのではないかと思います。


是非、春だけでなく、夏にもスエードでしかもブーツという「サマーブーツ」スタイルをお楽しみ下さいませ。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL
40DR(チャッカブーツ)
色:ベージュ、グリーン、ネイビー、レッド(全てスエード)
製法・底:グッドイヤーウエルト製法・革底
価格:¥36,750(税込)

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber